人狼

2018年
監督 キム・ジウン
「生きる道はただ『獣』になることのみ」

・ストーリー

2024年、周辺諸国に戦乱の空気が立ち込める中、韓国および北朝鮮は国力を上げるため、「統一朝鮮」の制定を決定した。
しかし、周辺諸国はこの動きを察知して両国への経済制裁を発令。韓国経済は逼迫し、反統一を掲げるテロリスト集団《セクト》が誕生。
《首都警》は強化服と重火器で武装した《特機隊》が投入されるが、数々の功績と同時に《セクト》とは無関係の少女達を誤射してしまう事件などを起こしてしまい、
《特機隊》は危険な戦闘部隊として忌み嫌われていた。

それから5年後の2029年、ある作戦によって《特機隊》は《セクト》を壊滅状態に追いやるが、
隊員の一人であるイム・ジュンギョンは《セクト》メンバーの少女の姉と会う。

しかし、その中でジュンギョンは、《特機隊》と敵対する公安部の陰謀に巻き込まれていく――。

・作品解説

韓国にて日本のアニメ映画『人狼 JIN-ROH』を実写映画化した作品。舞台を2029年の統一を間近に控えた韓国としている以外、ストーリーや世界観はアニメ版を踏襲している。

銃器描写の殆どは現代のものとなっているが、MG42だけは旧式武器であることをアピールするためか発射速度を抑えたような発射音になっている(しかし、MG42は実際には発射速度が最も早い部類の機関銃である)

使用者銃器名備考
イム・ジュンギョングロスフス MG42特機隊のメインアーム
グロック 17公安部員より奪取
第3世代
連射式スタンガンゴム弾を発射
訓練時に使用
超大口径ピストル
イ・ユニグロック 17第3世代
チャン・ジンテフランキ スパス12
連射式スタンガンゴム弾を発射
訓練時に使用
超大口径ピストル
ハン・サンウコルト M4ACOG装着
角型フラッシュハイダー
M203装着
グロック 17第3世代
グロスフス MG42特機隊時代に所持
キム・チョルジングロック 17第3世代
連射式スタンガンゴム弾を発射
訓練時に使用
ク・ミギョンベレッタ M92INOX
特機隊隊員グロスフス MG42特機隊のメインアーム
連射式スタンガンゴム弾を発射
訓練時に使用
コルト M4門衛が所持
火炎放射器
首都警機動隊員レミントン M870催涙弾発射時に使用
首都警公安部員グロック 17第3世代
H&K MP5フラッシュライト装着
H&K MP5K
特別任務隊隊員H&K MP5フラッシュライト装着
H&K MP5K
DNAG パンツァーファウストIII
ハープーン銃イム捕縛時に使用
"人狼"構成員
(私服隊員)
H&K MP5フラッシュライト装着
H&K MP5K
グロック 17第3世代
シグザウエル SSG-3000
セクト構成員USSR AK47
PRC 56式自動歩槍
IMI ミニウージー
ランチェスター Mk1
コルト ガバメント
TDS M72

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 各銃器へのリンクを追加しました -- 2018-12-27 (木) 06:41:26
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-16 (金) 23:14:52 (113d)