用語一覧に準ずるフリーページ

 本項は用語一覧に準じてページを作る際、情報が不完全と判断した場合に一時的に掲載するページである。
 

点火方式

 実包の発射薬に点火する方式。現代のメタルカートリッジ(金属薬莢)では基本的に実包は弾丸・装薬・薬莢で構成されており、薬莢底部の雷管をファイアリングピンによって叩き火花を発生させ、装薬に点火する雷管方式が広く用いられている。
 以前には、パーカッションロック(管打)式、マッチロック(火縄)式、ホイールロック(鋼輪・歯輪)式・フリントロック(火打ち石・燧石)式など、いずれも銃本体に火種を発する点火装置が設けられていたが、これを内包した金属薬莢の登場により過去のものとなった。

和製英語と日本語の訳

・撃針=ファイアリングピン(関連:AFPB)
・撃鉄=ハンマー
・銃口=マズル
銃床=ストック
・銃身=バレル
・銃把=グリップ
・銃本体/機関部=レシーバー
・弾倉=マガジン(関連:シングルカラムダブルカラムドラムマガジン)
・引き金=トリガー
・用心金=トリガーガード
・薬室=チャンバー(チェンバー)
・遊底=ボルト・スライド(主に自動拳銃)
・単発銃=シングルショット
・鉄帽=ヘルメット
・孔照門=ピープサイト
・火器=ファイアアームズ
・望遠照準器=スコープ
・消炎筒=フラッシュハイダー
・被筒=ハンドガード
・排莢器=エキストラクター
・棹桿=コッキングハンドル
・弾嚢=マガジンポーチ
・逆鉤=シア

部品・銃種

・マズルブレーキ……コンペンセイターの別称。大砲の同種部品はこの名で言われる事が多い。
・マズルスレッド……銃口に設けられたネジ切り。フラッシュハイダーサイレンサー等を付け替えて使用するために設けられる。
・シアバー……引き金と撃鉄を接続する部品。
・シア……コッキングから発射までの間、ハンマーを押さえる部品。引き金を引くことによってシアによる押さえが解かれ、ハンマーが落ちる。
・トリガーバー……トリガーの動きをハンマーに伝える部品。
・ディスコネクター……スライド(ボルト)の後退に伴って、トリガーとハンマーの連結を断つ部品。トリガーバー等、別の部品が兼ねている場合も多い。
・ロングアーム……小銃などの両手で持つ銃の総称。日本語では長銃や長身銃と訳される。
・ショルダーアーム……ストックなどを肩に当てて撃つ銃の総称。小銃軽機関銃などが該当する。
弾薬帯……「弾帯」とも。機能的に別であるが「機関銃の給弾部として機能する給弾ベルト」と、「体に巻き付け弾薬を保持するためのベルト」の両方ともをこの単語で呼ぶ。原義的にはそれぞれ「Ammo(Ammunition) Belt」と「Bandolier」であるが、英語においてもよほど厳密な場合を除き区別せず使用される。
・エジェクターロッド……銃身下にある、シリンダーから空の薬莢を輩出する際に使用する棒状の部品。銃によってはエジェクターシュラウドと呼ばれるカバーが取り付けられている物もある。ちなみにシュラウドとは英語で覆う物の意味。
・バレルジャケット……銃身を冷やすために被せるカバー。水冷式の物と、放熱穴が開けられている空冷式の二種類がある。
・スムースボア/Smoothbore……銃身にライフリングが施されていない状態のこと。滑腔銃身とも。
・ドアガン/Door Gun……輸送ヘリの後部ドア付近に搭載される旋回式の機関銃。キャビンの乗員が使用する。使用されるのは汎用機関銃重機関銃が主。
・ジップガン(パイプガン)/Zip Gun(Pipe Gun)……ありあわせの材料などで作成される自家製簡易銃。鉄パイプなどを利用した場合後者で呼ばれることがある。ライフリングや照準器などがない粗雑な作りの物が多い。また銃の所持を隠すためにペンなど日用品に仕込んだ隠匿性の高いものも存在する。3Dプリント銃もジップガンの一種として数えられる。その特性からメディアではダーティーな使われ方が多い。
・ゴーストガン/Ghost Gun……シリアルナンバーを持たず、当局の管理を受けない銃。アメリカにおいて販売される銃のレシーバーにはシリアルナンバーが刻印され、購入者の情報と共に紐づいてATFの登録を受ける。ただし、自家製の銃はこの管理対象にならない。このためシリアルナンバーのあるレシーバー以外の部品を集め、レシーバー部分を自分で作成して組み立てればシリアルナンバーを持たない銃(ゴーストガン)が出来上がる。管理対象のレシーバー部もレシーバーにとして認定されない程度まで加工され、加工用治具まで用意して販売されている。正規の方法で銃を購入できない犯罪者が銃を手にする手段として使われ、問題となっている。
・ロック/Lock……弾丸の発射薬に点火する装置。
・マグナム/Magnum……既存の弾薬をベースに薬莢を延長して威力を高めた弾薬。既存の弾頭を共有しつつも、火薬容量を高める、既存弾との誤用を防ぐなどの目的がある。代表例はリボルバー用の.38スペシャルと.357マグナム、ライフル用の.308ウィンチェスターと.300ウィンチェスターマグナム等である。既存弾のソースアップではなく、単純に弾薬のハイパワーさをアピールするためにマグナムを冠することもある。

弾薬

・.38Spl……1902年にS&Wによって開発された回転式拳銃弾。1970年代まではアメリカにおいて最も標準的な回転式拳銃弾として多くの公的機関で広く採用されていたが、自動拳銃が主流となった1980年代以降は公的機関での採用が急速に減ってしまった。
・.357Magnum……1935年にS&W M27と共に開発されたマグナム弾。設計はS&W社とウィンチェスター社。この実包が使用できるように設計されている回転式拳銃は、38口径リボルバー用実包の中では標準的な存在である.38Spl弾の使用も可能なため、拳銃用マグナム弾としては最も広く普及した。
・.44Magnum……1955年にS&W社とレミントン社によって開発され、S&W M29と共に最強の拳銃弾としてデビューしたマグナム弾。現在は下記の.50AEなどの更に強力なマグナム弾に最強の拳銃弾の座を奪われているが、狩猟用弾薬としては未だに使用され続けている。
・.45LC……1873年にコルト社が開発した回転式拳銃弾。コルト SAAをはじめ、現存する多くのシングルアクションリボルバーに採用されている。
・4.6mm×30……H&K社が開発した拳銃弾。FN社の5.7mmx28弾と同じくPDWの条件を満たす弾薬であるが、H&K社によれば4.6mm弾の性能は5.7mm弾のそれを上回るものであるという。H&K MP7で使用されている。
・.22LR……1857年にS&W社が開発したリムファイア(薬莢底面のどの部分を撃っても撃発する)弾薬。現代においては主にスポーツ用自動拳銃の弾薬として使用されるが、回転式拳銃用や小銃用としても広く使われている。
・5.7mmx28……FN社の開発した拳銃弾。PDWの条件を満たすために開発されたもので、拳銃弾サイズでありながらライフル弾のようなボトルネック状の弾となっており貫通力に優れる。また弾体重量はわずか2gほどであり反動の軽減と初速の向上に貢献している。FN P90FN ファイブセブンで使用されている。
9mmx19……1902年にDWM(Deutsche Waffen und Munition Fabrik/ドイツ兵器&弾薬製造会社)によって開発された自動拳銃弾。一般には「9mmLuger」や「9mmParabellum」の名で知られる。元々はルガー P08の前身であるM1902の使用弾として開発されたが、現代においては自動拳銃弾の中で最も標準的な存在となっている。
.40S&W……1990年代にS&W社が開発した自動拳銃弾。近年は9mmx19や.45ACPと並び、標準的な自動拳銃弾として広く使われている。
.45ACP……1905年にコルト社によって開発された自動拳銃弾。ストッピングパワーに優れ、1911年にM1911と共にアメリカ軍に採用された。主にアメリカでの需要が高い弾だが、亜音速弾でサプレッサーとの相性がよく、特殊部隊で使用されることもある。「ACP」とは「Automatic Colt Pistol」の略。
・.50AE……IMI デザートイーグルなどで知られるマグナム弾。現在使用できる自動拳銃用弾薬としては最高威力を誇る。AEは「Action Express」の略。
10mm Auto……1983年にスウェーデンのFFV ノーマ(ノルマ)社でDD ブレンテン用に開発された自動拳銃弾。現在では狩猟用としての需要が高い。
5.45mmx39……西側諸国(NATO各国)の小銃弾小口径化に対抗すべくソビエトが開発した小銃弾。普及銃種の都合から、7.62mmx39ほど広く使われてはいない。
5.56mmx45……レミントン社によって開発され、M16と共にアメリカ軍に採用される。その後FN社による改良を加えたものがNATOにて採用されて以来、突撃銃の標準的口径となっている小銃弾。アメリカ軍もM16A2以降は後者を使用している。レミントン社のものは.223レミントン弾、FN社のものは5.56mmNATO弾と呼ばれる。この2つは口径こそ同じだが、設計に差があるため銃器が対応したもののみ使用することを推奨されてる。
7.62mmx39……1943年にソビエトで開発された小銃弾。AK47をはじめとした東側諸国の各ライフルの弾薬として広く使用されている。
7.62mmx51……1952年にウィンチェスター社が開発した小銃弾。公的機関では「7.62mmNATO」、民間では「.308Winchester」の名で知られる。当初はM14などの突撃銃(自動小銃)用として使用されたが、現在は主に狙撃銃用や機関銃用として使われている。
・12.7mmx99……「.50BMG(.50Browning Machine Gun)」の名で知られる重機関銃弾。ブローニング M2の使用弾として作られた。その他にバレット M82などの対物小銃においても使用される。

製造方法

ダイカスト/die-casting……溶かした金属を鋳型に注入し、高圧力をかけて各部品を成型していく加工法。1830年にアメリカで開発された。基本的に強度には劣るが、安価なため大量生産に向く。ダイキャストとも呼ばれる。
MIM/Metal Injection Molding……金属粉末射出成型法。金属粉末を高圧成型・焼結する粉末冶金とプラスチックの射出加工を組み合わせた加工法。量産性を持ちながらロストワックスより精度が高い。しかしながら大きな部品の製造が困難である。キンバー社が古くからM1911クローンの部品製造で取り入れている。

装填方式

マズルローダー/Muzzle-loader……先込め式、あるいは前装式とも。銃口から弾と火薬を装填する方式。
ブリーチローダー/Breech-loader……元込め式、あるいは後装式とも。銃尾から弾丸を装填する方式。

素材

ステンレス/Stainless steel……1913年に発明された、防錆のために12%ほどのクロムを主として、さらに各種の特性を目的としてニッケルやマンガンなどを添加した合金鋼の名称。stainless(汚れない、シミのない)の名の通り、耐食性に優れる。
チタン/Titan……第二次大戦後の1947年に実用化された、ギリシア神話に登場する巨人族・ティターンが由来のレアメタル。軽く熱に強く丈夫なために飛行機やロケットの部品などで使われる他、合金の材料としても多用される。
アルミニウム/Aluminum……20世紀初頭から広く工業用として使われるようになった軽金属。軽く腐食に強いが、強度が弱いという欠点があるために主にジュラルミンなどの合金の原料として使われる。
クロム/Chromium……クロームとも呼ばれる1797年に発見されたレアメタル。摩擦や錆に強いためメッキ加工や、ステンレスの原料として利用される。
タングステン/Tungsten……1781年に発見されたレアメタル。密度が高く重いという特徴があり、弾薬の材料として使用される。

その他

銃眼/Eyelet……14世紀後半のヨーロッパで登場した、銃を撃つために壁などに開けた穴。元は弓矢を発射するための穴から発展したもので用途によって様々な形状が存在する。戦国時代の日本の城壁でも作られており「鉄砲狭間」と呼ばれていた。
スナップショット/Snap shot……狩猟の際に、狙いを定めず銃を連射する行為。
ダブルタップ/Double tap……素早く相手の胴体に二発命中させること。
プリンキング……アメリカで盛んな、空き缶などの動かない的を標的にして撃つ遊び。
ローレディ・ポジション……銃口を下に向けて構える。
ハイレディ・ポジション……銃口を上に向けて構える。
流れ弾/Stray bullet……発射の際、標的に当たらずそのまま飛んで行った弾丸。
跳弾……発射された弾丸が、弾丸や命中した対象の硬さによって跳ね返る現象。
据銃/Gun trap……ワイヤーなどでトリガーが作動するように細工した銃。元は害獣駆除のために考案されたもので、狩猟や戦場で罠として使用する。
ヘッドショット……頭を狙って撃つこと。
ハンドロード(手詰め)……手作業で弾薬が作成されたことを指す。薬莢の再利用、弾頭や装薬の調整などを目的に行われる。
ファクトリーロード(工場装弾)……手作業のハンドロードに対して、弾薬が工場で生産されたことを指す。
弾薬箱/Ammunition box, Ammo box……保管や運搬の際に弾薬や砲弾を入れる専用の箱。防水処理が施され、持ち運びに便利なように、キャリングハンドルが取り付けられた物も多い。現代の軽機関銃においては、銃に専用の弾薬箱を取り付けマガジン代わりに弾帯を格納するケースもある。
銃殺刑……主に軍隊で行われるライフルによる処刑方法。ナポレオンの時代には既に行われていた。
弾道ゼラチン(バリスティックゲル)/Ballistic gelatin(gel)……人間ないしは動物のような軟目標に対する終末弾道(着弾時の効果)を確かめるために用いられる標的。食品のゼリーと同じ材料・要領で作れるため家庭レベルでも簡単に作れる一方、実験条件を一定に揃えるためFBIやNATOが定める規格やメーカーによる精製弾道ゼラチンも存在している。
スタンディング・ポジション(立射)……立った状態で撃つ。
ニーリング・ポジション(膝射)……片膝をついた状態で撃つ。
プローン・ポジション(伏射)……うつ伏せの状態で撃つ。
ガンブルー……「ブルーイング」とも呼ばれる、拳銃に施される塗装処理。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑コッキングハンドルのページを作ったのでどうぞ -- 2021-01-23 (土) 12:48:57
  • 遅くなりましたがありがとうございました。並木書房の「M16ライフル─米軍制式小銃のすべて」を読んでも具体的な解説はなく、ココMEDIAGUN DATABASEの各銃器解説ページを読んでもいまいち分からなかったので助かりました。感謝申し上げます。素早いご対応にも感動しました。改めてありがとうございました。僭越ながら今後こういう疑問だったり、ページを作成して欲しいという人が現れましたら、またご対応して頂けますと喜ばしい限りです。 -- 2021-01-24 (日) 22:29:24
  • NATOについてのページを作って欲しいです。 用語一覧で各国についてはありますが多国間安全保障を実現する為の個々の事物が色々あると思います。弾薬や共通規格については調べれば、個々に出てきますが今日作られたM-LOKみたいな技術の発展が安全保障機構にどう影響するかという視点で見れば、より面白いと思います。 例えば、STANAGで言うとM16/AR15のマガジンから発展したSTANAGマガジンが有名ですがヨーロッパ発祥のものでSTANAGになったものもそれなりにあるようですし、規格だけで見ても面白いと思います。 それと日本では有名ではないだけでNATOを下支えする私企業があるのでは。 -- 2021-02-27 (土) 21:24:10
  • 「空砲」の解説を入れて欲しいです。一部の火炎放射器は空砲で着火したり、空砲でライフルグレネードを飛ばしたりということは知っていますが空砲そのものはどのほど反動があるのか・実際のところ威力はどれくらいなのか・発射炎は出るのか等々、そういうことはよく知らないです。それと空砲はタダじゃないでよね?実包と比べてどのくらいの値段だんでしょう? そういうことを知りたいです -- 2021-04-07 (水) 10:19:18
  • セレクターレバーとダストカバーについて解説をお願いします。前者はオートマチック/アサルトライフルの場合、セレクターレバーがダストカバーを兼ねたAK系と独立した西側はどういう設計・運用思想の違いがあるか解説を入れてもらえるとありがたいです。後者は自動拳銃でどこにダストカバーがあるのか書いて頂けると大変助かります。個々の自動拳銃の解説文で「ダストカバーに〜」と書かれていても場所が分からないのでお願い致します。面倒だとは思いますが理解力向上のためと思って頂ければ、幸いです。 -- 2021-05-27 (木) 20:19:16
  • 銃器に対する迷彩塗装に触れて欲しいです。以前画像検索した時はWW驚罎僚憧錣北槊つほど迷彩塗装をされているものがありませんでした(オーストラリア軍のオーウェンSMGくらい)。戦後は特殊部隊や特殊部隊ほど専門的ではないものの特定の任務が想定された部隊を中心に増えていますよね。一番の目的は自然界にはほぼ直線的なものはない事を踏まえた感覚の誤魔化しと低視認性化だとは思いますが使用者に対して、銃器は小さい事を考えると、そもそもの迷彩の意義がよく分かりません。また、銃器用迷彩用塗料の発展(下地や素材を侵さない上に剝がれにくい)の発展もあるかと思います。概要ないし、メディアに記録されたモノ(歴史の表舞台に出たもの)の記述だけでもかまいません。MEDIAGUN DATABASEの範囲から外れるかもしれませんが銃器の迷彩塗装について、一項を書いて頂けましたら、幸いです。 -- 2021-10-05 (火) 21:53:17
  • スポッティングライフルの解説項を作ってほしいです。MD SMAWのページを見て重機関銃用弾薬の応用弾だけだと思っていたのが違っていたのでちょっと驚きました。今は廃れ気味というかそう遠くない未来に廃れる運命にあるとは言え、スポッティングライフルはかなり奥深いジャンルじゃないでしょうか? 銃として見ればニッチなのは変わりないでしょうけれども -- 2022-06-07 (火) 04:07:37
  • (空冷式の、WW彊聞濾現爐砲覆辰拭傍ヾ惱討離丱譽襪良縮未砲△詢箋僉癖熱)フィンは英語で何て言うのでしょうか? 大半はバレル表面にフィン状のものが形成されていますがごく一部はバレルが溝状に掘削されて、ネジ山みたいになっているものもあるようなのでfinではなさそうな気がします。いきなりですみませんが、ご教示お願い致します。 -- 2022-08-17 (水) 22:50:29
  • その通り「cooling fin」で通じますよ。あるいは戦間期には「radiator」の呼称で扱われている事もありました。 -- 2022-08-17 (水) 23:38:17
  • 銃架((ガン)マウントorガンラック)のページを作って欲しいです。作成済みの弾帯と同じように日本語では字面では同じでも原語(英語)では複数の意味があるものは分かりにくかったり、混乱を招く原因になると思うので、用途や性質の違うモノを明確化するのは悪いことではないと思います。ココに来る人の知識を深められますし、余計な内容にはならないと思います。いかがでしょうか?  ……それとなのですが私は(ガン)マウントとガンラックしか(原語での意味合いは)知りませんが他にもあるかもしれません。他にもありましたら、それらも含めてお願いいたします。ご検討いただけましたら、幸いです。 -- 2023-02-09 (木) 20:55:27
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-05-06 (土) 18:17:01 (27d)