用語一覧に準ずるフリーページ

 本項は用語一覧に準じてページを作る際、情報が不完全と判断した場合に一時的に掲載するページである。
 

点火方式

 実包の発射薬に点火する方式。現代のメタルカートリッジ(金属薬莢)では基本的に実包は弾丸・装薬・薬莢で構成されており、薬莢底部の雷管をファイアリングピンによって叩き火花を発生させ、装薬に点火する雷管方式が広く用いられている。
 しかし過去にはハンマーで直に雷管を叩く方式や、パーカッションロック(管打)式、マッチロック(火縄)式、ホイールロック(鋼輪・歯輪)式・フリントロック(火打ち石・燧石)式などが使用されていた。

和製英語と日本語の訳

・撃針=ファイアリングピン(関連:AFPB)
・撃鉄=ハンマー
・銃口=マズル
・銃床=ストック
・銃身=バレル
・銃把=グリップ
・銃本体/機関部=レシーバー
・弾倉=マガジン(関連:シングルカラムダブルカラムドラムマガジン)
・引き金=トリガー
・用心金=トリガーガード
・薬室=チャンバー(チェンバー)
・遊底=ボルト・スライド(主に自動拳銃)
・単発銃=シングルショット
・鉄帽=ヘルメット
・孔照門=ピープサイト

・マズルブレーキ……コンペンセイターの一種。砲の同種部品はこの名で言われる事が多い。
・シアバー……引き金と撃鉄を接続する部品。
・シア……コッキングから発射までの間、ハンマーを押さえる部品。引き金を引くことによってシアによる押さえが解かれ、ハンマーが落ちる。逆鉤。
・トリガーバー……トリガーの動きをハンマーに伝える部品。
・ディスコネクター……スライド(ボルト)の後退に伴って、トリガーとハンマーの連結を断つ部品。トリガーバー等、別の部品が兼ねている場合も多い。
・ロングアーム……小銃などの両手で持つ銃の総称。日本語では長銃や長身銃と訳される。
・ショルダーアーム……ストックなどを肩に当てて撃つ銃の総称。小銃軽機関銃などが該当する。
・弾薬帯……「弾帯」とも。機能的に別であるが「機関銃の給弾部として機能する給弾ベルト」と、「体に巻き付け弾薬を保持するためのベルト」の両方ともをこの単語で呼ぶ。原義的にはそれぞれ「Ammo(Ammunition) Belt」と「Bandolier」であるが、英語においてもよほど厳密な場合を除き区別せず使用される。

弾薬

・.38Spl……1902年にS&Wによって開発された回転式拳銃弾。1970年代まではアメリカにおいて最も標準的な回転式拳銃弾として多くの公的機関で広く採用されていたが、自動拳銃が主流となった1980年代以降は公的機関での採用が急速に減ってしまった。
・.357Magnum……1935年にS&W M27と共に開発されたマグナム弾。設計はS&W社とウィンチェスター社。この実包が使用できるように設計されている回転式拳銃は、38口径リボルバー用実包の中では標準的な存在である.38Spl弾の使用も可能なため、拳銃用マグナム弾としては最も広く普及した。
・.44Magnum……1955年にS&W社とレミントン社によって開発され、S&W M29と共に最強の拳銃弾としてデビューしたマグナム弾。現在は下記の.50AEなどの更に強力なマグナム弾に最強の拳銃弾の座を奪われているが、狩猟用弾薬としては未だに使用され続けている。
・.45LC……1873年にコルト社が開発した回転式拳銃弾。コルト SAAをはじめ、現存する多くのシングルアクションリボルバーに採用されている。
・4.6mm×30……H&K社が開発した拳銃弾。FN社の5.7x28mm弾と同じくPDWの条件を満たす弾薬であるが、H&K社によれば4.6mm弾の性能は5.7mm弾のそれを上回るものであるという。HK MP7で使用されている。
・.22LR……1857年にS&W社が開発したリムファイア(薬莢底面のどの部分を撃っても撃発する)弾薬。現代においては主にスポーツ用自動拳銃の弾薬として使用されるが、回転式拳銃用や小銃用としても広く使われている。
・5.7x28mm……FN社の開発した拳銃弾。PDWの条件を満たすために開発されたもので、拳銃弾サイズでありながらライフル弾のようなボトルネック状の弾となっており貫通力に優れる。また弾体重量はわずか2gほどであり反動の軽減と初速の向上に貢献している。FN P90FN ファイブセブンで使用されている。
9mmx19……1902年にDWM(Deutsche Waffen und Munition Fabrik/ドイツ兵器&弾薬製造会社)によって開発された自動拳銃弾。一般には「9mmLuger」や「9mmParabellum」の名で知られる。元々はルガー P08の前身であるM1902の使用弾として開発されたが、現代においては自動拳銃弾の中で最も標準的な存在となっている。
.40S&W……1990年代にS&W社が開発した自動拳銃弾。近年は9mmx19や.45ACPと並び、標準的な自動拳銃弾として広く使われている。
.45ACP……コルト社によって開発された自動拳銃弾。ストッピングパワーに優れ、1911年にM1911と共にアメリカ軍に採用された。主にアメリカでの需要が高い弾だが、亜音速弾でサプレッサーとの相性がよく、特殊部隊で使用されることもある。「ACP」とは「Automatic Colt Pistol」の略。
・.50AE……IMI デザートイーグルなどで知られるマグナム弾。現在使用できる自動拳銃用弾薬としては最高威力を誇る。AEは「Action Express」の略。
・5.45mmx39……西側諸国(NATO各国)の小銃弾小口径化に対抗すべくソビエトが開発した小銃弾。普及銃種の都合から、7.62mmx39ほど広く使われてはいない。
・5.56mmx45……レミントン社によって開発され、M16と共にアメリカ軍に採用される。その後FN社による改良を加えたものがNATOにて採用される。NATOに採用されて以来、突撃銃の標準的口径となっている小銃弾。アメリカ軍もM16A2以降は後者を使用している。レミントン社のものは.223レミントン弾、FN社のものは5.56mmNATO弾と呼ばれる。この2つは口径こそ同じだが、設計に差があるため銃器が対応したもののみ使用することを推奨されてる。
・7.62mmx39……1943年にソビエトで開発された小銃弾。AK47をはじめとした東側諸国の各ライフルの弾薬として広く使用されている。
・7.62mmx51……1952年にウィンチェスター社が開発した小銃弾。公的機関では「7.62mmNATO」、民間では「.308Winchester」の名で知られる。当初はM14などの突撃銃(自動小銃)用として使用されたが、現在は主に狙撃銃用や機関銃用として使われている。
・12.7mmx99……「.50BMG(.50Browning Machine Gun)」の名で知られる重機関銃弾。ブローニング M2の使用弾として作られた。その他にバレット M82などの対物小銃においても使用される。

製造方法

ダイカスト/die-casting……溶かした金属を鋳型に注入し、高圧力をかけて各部品を成型していく加工法。基本的に強度には劣るが、安価なため大量生産に向く。

装填方式

マズルローダー……先込め式、あるいは前装式とも。銃口から弾と火薬を装填する方式。
ブリーチローダー……元込め式、あるいは後装式とも。銃尾から弾丸を装填する方式。

その他

銃眼/Eyelet……銃を撃つために壁に開けた穴。
スナップショット/Snap shot……狩猟の際に、狙いを定めず銃を連射する行為。
ダブルタップ……素早く相手の胴体に二発命中させること。
プリンキング……アメリカで行われる、自宅の敷地内で空き缶などの動かない的を標的にして撃つ遊び。
ローレディ・ポジション……銃口を下に向けて構える。
ハイレディ・ポジション……銃口を上に向けて構える。
流れ弾/Stray bullet……発射の際、標的に当たらずそのまま飛んで行った弾丸。
据銃/Gun trap……主に狩猟の際に罠として使用する、ワイヤーなどでトリガーが作動するように細工した銃。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • できればなのですがマガジンローダーについて解説を追加して欲しいです -- 2019-05-14 (火) 21:24:41
  • 跳弾と流れ弾は違うものですか? -- 2019-06-01 (土) 20:53:19
  • 流れ弾は目標からそれた弾全般、跳弾は物にぶつかって跳ね返った弾ってとこでしょうか。 -- 2019-06-01 (土) 21:29:43
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-04 (木) 19:55:00 (14d)