USSR AKM 【突撃銃】

AKM
モデル全長(伸縮時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
AKM876mm3.40kg7.62mm×395/20/30/40/75/180+1600発/分S/Fソビエト他
AKMS895(657)mm3.55kg
AKMSU740(488)mm2.73kg7.62mm×395/20/30/40/75/180+1800発/分

 1959年にAK47の後継として配備が始まった突撃銃
 AK47と構造はほぼ同一だが、プレス技術の向上により、レシーバー部を削り出しから、初期のAK47でも採用していたプレス製ボディに変更したため、生産効率の向上と軽量化に成功している。またレートリデューサーを装備している為、操作性はAK47よりも良くなっている。その他、ショルダーストックフォアエンド、ガスポートの形状変更など、細かい変更点は意外に多い。
 バージョン違いとして1960年にフォールディングストックを装備したAKMSが、1975年に特殊部隊・空挺部隊向けにカービンモデルのAKMSUが開発された。
 AKMとは、Avtomat Kalashnikova Modernizirovannyi(改良型カラシニコフ式突撃銃)の略であり、マズル先端が斜めに切断されているように見えるのが最大の特徴である。これは発射ガスを上方に吹き上げて銃口の跳ね上がりを抑える、コンペンセイターの役目を果たす。

 なお小さな変更だが、このAKMから着剣装置が復活している。前作AK47には当初、着剣装置がなく、後にかなり苦労してスパイク状のバヨネット(銃剣)を追加した例が見られた。
 また、このAKM用のバヨネット(上の写真・右下に写っている物)は、サヤと組み合わせることでワイヤーカッターとして使うことができる。さらにグリップの部分が絶縁されているため、例えば通電された鉄条網などでも安全に切断することが可能。これがなかなかの優れもので、後にアメリカ軍でもほとんどそのままに取り入れられ、制式化された。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
24 -TWENTY FOUR-項目参照
96時間項目参照
CANAAN項目参照
HUNTER×HUNTER項目参照
LOST項目参照
RED/レッド項目参照
RONIN項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
S.W.A.T.項目参照
TRIDENTS トライデンツ漫画マラッカの海賊AKMS
画報会組員68式小銃
Vフォー・ヴェンデッタ項目参照
アームド・アサルト項目参照
アドレナリン項目参照
アフリカン・ゲーム・カートリッジズ項目参照
アベンジャーズ項目参照
アメリカン・エネミーズ映画ドイルの手下AIM
バーティカルグリップ仕様
ドイルのクラブで使用
アルティメット項目参照
アンチャーテッド項目参照
今そこにある危機項目参照
イレイザー項目参照
ヴァンパイヤー戦争小説九鬼 鴻三郎
タケオ
1巻
ウォッチメン項目参照
うぽって!!項目参照
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
エアフォース・ワン項目参照
エクスペンダブルズ項目参照
エグゼクティブ・デシジョン項目参照
エル・マリアッチシリーズ項目参照
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ映画アゼールの部下AKMSとの混在
ラストの銃撃戦で使用
狼/男たちの挽歌・最終章項目参照
学園キノ項目参照
虐殺器官小説東欧某国兵士
米国情報軍特殊検索群i分遣隊隊員

敵兵から奪ったもの
キャット・シット・ワン項目参照
キャプテン・アメリカ項目参照
キングダム -見えざる敵-映画過激派テロ集団AKMS
レイルシステム装備
ノーマルモデルとの混在
フォアグリップ仕様
ラストの銃撃戦で使用
ロナルド・フルーリーラストでテロ集団からAKMSを奪う
グランド・セフト・オート・サンアンドレアス項目参照
グランド・セフト・オート・バイスシティ項目参照
ケイン&リンチ項目参照
コラテラル・ダメージ項目参照
ゴルゴ13項目参照
コンビニDMZ項目参照
ザ・スピリット項目参照
ザ・タウン項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
死の標的項目参照
ジュラシック・パーク項目参照
硝煙の向こう側に彼女小説テロリスト
親愛なるきみへ映画アフリカ軍兵士作戦会議のシーンで所持
発砲無し
ステルス項目参照
スプリガン項目参照
砂ぼうず項目参照
スポーン項目参照
スリー・キングス項目参照
立食師列伝映画ケツネコロッケのお銀
(AKの銀子)
ターミネーター項目参照
ティアーズ・オブ・ザ・サン項目参照
デトネーター項目参照
デモリションマン項目参照
トリプルX項目参照
トゥルーライズ項目参照
トレイター -大国の敵-映画ロイ・クレイトン捜査官イエメン警察の銃
アーチャーに手渡す
未使用
マックス・アーチャー捜査官クレイトンから渡される
未使用
イエメン警察テロリストのアジト強襲時に使用
イエメン刑務所看守爆弾テロ時に使用
トロピック・サンダー/史上最低の作戦項目参照
ナイト&デイ項目参照
ニキータ項目参照
ネイビー・シールズ項目参照
螺子の囁き項目参照
ネバー・サレンダー 肉弾凶器項目参照
ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌項目参照
ハート・ロッカー項目参照
バック・トゥ・ザ・フューチャー項目参照
バッドボーイズ2バッド項目参照
バットマンシリーズ項目参照
パニッシャー項目参照
ハルク項目参照
フェイク シティ ある男のルール項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
フルメタル・パニック!項目参照
プレデター項目参照
ホット・ショット項目参照
マチェーテ項目参照
マックス ペイン項目参照
ミッション:インポッシブル項目参照
迷彩君項目参照
メカニック項目参照
ヤギと男と男と壁と項目参照
闇のイージス項目参照
ヤングガン・カルナバル項目参照
ランボー項目参照
リプレイスメント・キラー項目参照
ルール 無法都市項目参照
ルーザーズ項目参照
レフト 4 デッド 2項目参照
ロード・オブ・ウォー項目参照
ワイルドスピード MEGA MAX項目参照
若き勇者たち項目参照

このページの画像はIZHMASH社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • MGSPWとは逆にアンチャーテッドに出てくるAKは竹槍マズルブレーキ付いてるが銃床はツァスタバみたく曲床って変なデザイン -- 2014-11-02 (日) 22:32:18
  • AKMはちょいちょい竹槍マズルブレーキではなく大きめのフラッシュハイダーがついたモデルも見受けられるね 暗視戦対応用のものらしいが -- 2015-08-05 (水) 14:39:36
  • 大型のフラッシュハイダーの付いたベークライト樹脂マグにしたAKMNは昔は手に入らなかったAK74っぽくAKを見せる時に多用されたランボー3など MGSVのSVG-76とかいうAKもどきの先端に付いてるのもコレの模様 -- 2015-08-12 (水) 21:36:43
  • また紛争地でもAK103を意識してるのか銃床にAK74の溝が入った現地生産モデル?のようなものが確認されている -- 2015-08-12 (水) 21:40:03
  • 何年か前に図書館にあった、小型武器回収事業をやっているNGO団体のパンフレットの写真に、白くボロボロに錆びた本銃が写ってたっけ・・・ -- 2015-10-31 (土) 22:19:04
  • 白い錆っていうと亜鉛メッキだろうから密造銃の類かな?亜鉛メッキの白錆だったら酸性液で錆を除去してやれば元通りになるよ。メッキも残らないほど錆びてたらアウトだけど。 -- 2015-10-31 (土) 23:07:06
  • REDの「パンケーキ食べたい」にワロタwww -- 2015-11-05 (木) 16:33:41
  • パッと見て分かるAK47とAKMの外観上の違いは銃口の形状とストックの形状になるでしょうか? -- 2018-12-06 (木) 21:51:30
  • ストックとストック基部の形状が大きな判別点です。銃口の竹槍型ハイダーに関しては取付る銃口先端のネジ寸法がAK47と共通で、AK47にも竹槍型ハイダーの取付が可能なため注意です。そうそう無いと思うけど、イラクみたいに輸入したAKにタブク用マズルアタッチメントを付けてるなんて例もあるので。 -- 2018-12-06 (木) 22:54:41
  • OVA「沈黙の艦隊 VOYAGE2」の終盤にて、国名不明国の兵士が携行。上下のハンドガードがダークグレーの様な色をしています。マガジンにリブ等のディテールが一切無く、のっぺらぼう状態でした。マズルはうつっていませんでしたがレシーバーの側面形状から判断。 -- 2019-05-30 (木) 02:28:58
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS