コラテラル・ダメージ / Collateral Damage

2002年、アメリカ映画
監督:アンドリュー・デイヴィス

・ストーリー
 コロンビア反政府ゲリラの爆破テロにより、目の前で愛する妻子を殺されてしまったLA消防庁勤務のゴーディー(アーノルド・シュワルツェネッガー)。犯人の大物テロリスト、クラウディオ・ペッリーニこと“ウルフ”の逮捕を望んでいたゴーディーだったが、事件の捜査は一向に進展しない。和平交渉を優先する方針から、妻子の死は、政府とゲリラの双方から『コラテラル・ダメージ』として切り捨てられようとしていたのだ。
 政府に無視され業を煮やしたゴーディーは、自らの手で妻子の仇を討つべく、“ウルフ”が潜伏するコロンビアへ、単身乗り込む決意を固めた。

・作品解説
 当時としては『ターミネーター』シリーズ以外で久々のシュワルツェネッガー主演作品。公開直前に『9.11』の悲劇が起きてしまったため、公開延期を余儀なくされたが、かえって注目を浴びる作品ともなった。
 タイトルの『コラテラル・ダメージ』とは「巻き添え」、転じて「大局のためには、巻き添えにしてもやむを得ない(目をつむれるほど取るに足らない)犠牲」の意味。

 余談ながら、敵役の”ウルフ”(スペイン語では”ロボ”)ことクリフ・カーティスは、本作以外にも『ザ・グリード(傭兵)』、『スリー・キングス(難民)』、『ダイ・ハード4.0(ボウマンFBI副局長)』などに出演。アクション映画ファンには、今やおなじみの顔である。
 褐色の肌を持つことからアラブ系やヒスパニック系の役が多いが、実はニュージーランド・マオリ族の出身。本来のマオリ役としての出演作には『ヴァイラス』がある。

使用者銃器名備考
セリーナ・ペッリーニベレッタ M92FS INOX
グロック 19終盤で女性刑事から強奪
ピーター・ブラントベレッタ M92FS警察署で使用
FBI捜査官グロック 17発砲無し
CIA特殊部隊GE M134UH-1に搭載
サコー M60DUH-1のドアガン
クラウディオ・ペッリーニ
“ウルフ”
CAR-15刑務所襲撃時に使用
XM177風のフラッシュハイダー装着
ゲリラ兵士USSR AKM
CAR-15
サコー M60
TDS M72刑務所襲撃時に使用
コロンビア警官MP5K-PDW
M16

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • CIA特殊部隊はゴーディ捜索時にM4A1を持ってました -- 2012-07-01 (日) 01:59:24
  • ラストスタンドは? -- 2014-07-05 (土) 08:39:30
  • ラテン農民のラップの時にHk91を確認しました。 -- 2014-07-05 (土) 08:43:07
  • シュワルツェネッガー主演作品は最近もサボタージュやラストスタンドがありますよ -- 2016-03-24 (木) 21:31:23
  • 最後の更新が2012年ですから・・・ -- 2016-03-24 (木) 21:43:08
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:10:19 (1311d)