レートリデューサー / Rate reducer

 フルオート射撃時に発射速度を抑制する機構。
 発砲時に反動衝撃や銃口の跳ね上がりが強すぎると、フルオート射撃時にそれらを抑えられないまま次弾が次々と発砲され、射手が銃口を目標に指向し続けるのが困難になる。そこで、スプリングのテンションや空気圧を利用してスライドないしボルトの動作を適度に抑制し、射手が任意に発砲の間隔(レート)を調整するための機能である。主に突撃銃短機関銃機関拳銃などに組み込まれる。
 一口にレートリデューサーといっても様々な物があるが、概ねスプリングにテンションをかけハンマー等を介してボルトの動作を抑えるタイプ、機関部内の気密を高め、空気圧によってボルトの後退速度を抑えるタイプなどがある。
 フルオート火器の発達と共に登場し、第二次世界大戦頃には実用化されていた。現在は3バースト機構の登場によって似たような効果が得られるようになったが、それでもフルオート機構が必要とされる場面は数多く、レートリデューサーの有効性は衰えていない。
 構造が単純なため、カスタムパーツとして販売されることもあるようだ。


コメントはありません。 Comments/レートリデューサー?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-10-13 (金) 21:26:24 (191d)