コルト オフィシャルポリス / Colt Official Police 【回転式拳銃】

コルト オフィシャルポリス .32-20モデル
銃身長全長重量口径装弾数製造国
4in
5in
6in
モデルによって様々モデルによって様々.22 Long Rifle
.32-20
.38 Special
.41 Long Colt
6アメリカ

 オフィシャルポリスは、1927年にコルト社が法執行機関向けに発売した、中型フレームのダブルアクションリボルバーである。

 1908年、コルト社は.38スペシャル弾仕様のリボルバー「アーミースペシャル」を開発するが、数年後に自動拳銃M1911がアメリカ軍に制式採用されたことから、軍用拳銃として.38口径は時代遅れとなっていた。そこでコルト社は軍用ではなく、法執行機関向けにセールスを行った。20世紀初頭、アメリカ警察の支給リボルバーの多くは.32口径だったが、より強力な.38口径が好まれつつあったため、アーミースペシャルの売れ行きは好調だった。1927年、同社の小型フレームリボルバーである「ポリスポジティブ」と共に圧倒的なシェアを築いていたアーミースペシャルは、さらなるアレンジが加えられ、名称も改められた。これが「オフィシャルポリス」である。変更点は、トリガーとシリンダーラッチにチェッカリングを加え、フレームのトップを眩惑防止のためマット処理した上でリアサイトの溝を拡張した。また表面処理は、アーミースペシャルではブルーフィニッシュのみだったものに、ポリッシュ工程を加え、光沢仕上げとしている。

 1940年と1941年には、イギリス軍が軍用拳銃としてオフィシャルポリスを購入している。銃身長は5インチで、グリップ底部にランヤードリングが付けられた。
 第二次世界大戦では、アメリカ軍が後方部隊用として、オフィシャルポリスの軍用モデルを採用している。当初アメリカ政府は、コスト面と生産の遅れに難色を示していたが、コルト社は銃を簡素化することで対応した。表面処理はパーカライジングとし、木製のグリップは、プラスチック製へ変更している。このモデルは「コマンドー」と呼ばれ、48,611挺が購入され、憲兵隊や軍需施設の警備員に支給された。また、潜入・諜報活動でも使用されたと云われる。2インチバレルの“ジュニアコマンドー”というモデルもある。

 戦後、コルト社は光沢ブルーフィニッシュのコマーシャルモデルの生産を再開する。ただし、1954年まではグリップはプラスチック製のままだった。1955年〜1956年には丸型グリップの「コルト マーシャル」を少数製造(2,500挺)。戦前は民間・法執行機関市場で不動の地位を築いたコルト社だったが、1960年代には、低コスト・良質なダブルアクションリボルバーを送り出したS&W社が台頭し、シェアを失っていった。
 オフィシャルポリスは、1969年までに計400,000挺が製造され、生産終了となったが、警察用リボルバーのベストセラーの一つとして評価されている。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
RAIL WARS!アニメ桜井 あおい第5話
高山 直人
RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-小説鉄道公安隊員制式サイドアーム
アメリカン・ギャングスター映画警察官サイドアーム
アンタッチャブル項目参照
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説項目参照
狼たちの午後映画ソニー
NYPD警察官サイドアーム
狼たちの町映画アーサー・レルイー刑事サイドアーム
グリーンマイル映画ポール・エッジコム
ディーン・スタントン
ジョン・コーフィ
サイドアーム
スモーキン・エース項目参照
大鉄人17特撮南三郎6インチ
SOS信号弾を発射
ドラゴンへの道映画ギャング構成員発砲なし
バキ項目参照
パブリック・エネミーズ項目参照
ブラック・ダリア映画バッキー・ブライカートサイドアーム
プロデューサーズ(2005年)映画NYPD警察官サイドアーム
ミラーズ・クロッシング項目参照
最も危険な場所項目参照
ラストマン・スタンディング項目参照
ランボー 怒りの脱出項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • オフィシャル.ポリスは鉄道公安官(正式には国鉄の鉄道公安職員)が装備してますね。GHQ斡旋の強制販売で。もう一種、S&Wのマスターピースも採用されたらしいのですが、こちらは2つの曖昧な部分があります。一つはGHQのドン.シャグノンからコルト社を紹介された記録があるがS&W社についての記録がない。もう一つはマスターピースがM14かM15か不明。鉄道公安官が拳銃を装備する事に決定したのが1949年でM15が発売された年で、時期的に微妙です。さすがに銃身の長いM14じゃないだろうという気もしますが。 -- annefreaks? 2014-09-23 (火) 23:17:50
  • 鉄道公安官の装備してる拳銃がオフィシャルポリス(とマスターピース)である。というのは昔から知られた話なんでしょうか? 鉄道ファンの間で。 -- 2014-09-24 (水) 00:57:38
  • 鉄道ファンなら詳しい資料を持ってる人がいそうですが、その部分に興味はないでしょうね。出典はとりあえず「鉄道公安官と呼ばれた男たち」濱田研吾 交通新聞社新書、をご覧ください。鉄道公安官の銃運用の実態等についてもかなりまとまっていて入手しやすい本なのでお奨めです。オフィシャルポリスに関しては複数の書籍等に書かれてるので主要装備だったのは間違いないですが、マスターピースに関しては曖昧な部分があるので、そのうち改めて調べます。 -- annefreaks? 2014-09-24 (水) 20:54:42
  • 「鉄道公安官と呼ばれた男たち」という本、銃の事は置いといても面白そうな内容ですね。読んでみたいと思います。マスターピースについては→ttp://trickybarracks.web.fc2.com/special/rail.htmlで参考資料とされてる『日本国有鉄道百年史(全十三巻)』と『鉄道公安の軌跡』が出処かもですね。うーん、どっちのマスターピースなのか果たして書かれているのか…。 -- 2014-09-24 (水) 23:18:49
  • 「日本国有鉄道百年史」「鉄道公安の軌跡」の2冊は確かに拳銃導入時の経緯に関して、別の資料「桜木町日記 国鉄を巡る占領秘話」との対比で言及されていますので、確かにこの辺が元ネタなんだろうと思います。そのうち確認して見ますね。 -- annnefreakes? 2014-09-25 (木) 20:57:54
  • サイコブレイクのはこれかな? -- 2014-10-24 (金) 02:58:56
  • 鉄道公安官の銃についてその後調べたので報告しますね。上記とは別の史料からですが、最初に購入したのがオフィシャルポリスの4インチ、その後に購入したのがK-38マスターピースの6インチ。だからM14ですね。ちなみにマスターピースは警察でも使用しています。全国警察官射撃大会でいい成績をおさめたいという意思でしょうが、警察庁購入だけではなく各都道府県警で自腹でも購入していて、後には「マスターピースの部」が独立しています。 -- annefreaks? 2014-12-21 (日) 22:35:19
  • ちなみにオフィシャルポリスも日本警察で使用されています。戦後に米軍から大量に供与(ただし多くは戦時型のコマンド)されている他、新品を追加購入しています。ただし、鉄道公安官用のオフィシャルポリスは何かちょっと違ってたようで、、その点についてはまた調べます。 -- annefreaks? 2014-12-21 (日) 22:46:46
  • M14のほうでしたか…。競技会を意識した導入だったとしたら、大人気ないというかw 基本的に実際の現場では拳銃に頼らない(頼れない?)日本の警察ならではの発想と言うべきか。 -- 2014-12-23 (火) 12:47:01
  • サイコブレイクのはこれじゃないと思います。自分、リボルバーは詳しくないんですが、バレルの形状が違うような…? -- John? 2014-12-23 (火) 12:49:49
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-06 (木) 18:45:07 (133d)