レミントン M1100 / Remington Model 1100 【散弾銃】

レミントン M1100
全長重量口径装弾数発射形式製造国
1125mm3.42kg12ゲージ
16ゲージ
20ゲージ
28ゲージ
.410ゲージ
3〜4+1Sアメリカ

 1963年に、レミントン社がM58の後継として発売したガスオペレーション方式のセミオートマチックショットガン

 装薬量の異なる様々な弾種を扱う散弾銃にとって、発射ガスの圧力を利用する自動装填機構は決して相性の良い物ではない。しかし、ガスオペレーション以前のセミオート散弾銃が採用していたブローニング式のリコイルオペレーション*1は、弾種に左右されることはなくとも、反動や振動が大きく扱いづらかった。そこでレミントン社はM58で初めてガスオペレーションを散弾銃に採用したが、動作信頼性が弾種に左右される欠点を払拭し切れなかった。

 後継の本銃も、弱装弾での動作に不安があったが、機構はより洗練され、当時市場に現れ始めたガスオペレーションショットガンとしては高い信頼性を発揮。100万挺以上が製造・販売されたベストセラー銃となった。
 現在もそのバリエーションがレミントン社のリストに名を連ね、狩猟やスキート競技用、またセルフディフェンスや警察用など散弾銃の標準として今現在でも使用されている。

 ちなみに本銃は同レミントン社製のポンプアクション散弾銃M870と、部品の多くが共通化されている。

登場作品ジャンル使用者備考
007 サンダーボール作戦項目参照
ガングレイヴ項目参照
極大射程項目参照
高橋留美子〜人魚シリーズ〜漫画老猟師「夢の終わり」
サイフォンフィルターゲームガブリエル・ローガン
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)項目参照
ゼロイン項目参照
ターミネーター: 新起動/ジェニシス項目参照
ニキータ項目参照
バイオハザード(映画)項目参照
バイオハザード2項目参照
バリスティック項目参照
平成狸合戦ぽんぽこアニメ狩猟者
ブレイドシリーズ項目参照
ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!-項目参照
マキシマムチェイスゲームニック・サマー
ラストスタンド項目参照
ロボコップ項目参照
ワイルド7項目参照

このページの文章および画像はRemington社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 『極大射程』、ジャック・ペインも持っていました。銃身とストックを落としたソードオフタイプです(直接の発砲シーン無し)。ボブ・リーのものはさらにピストルグリップ仕様です。 -- EDEN不正規戦隊? 2006-08-27 (日) 02:36:53
  • クレー射撃用の24g弱装弾撃つときは、ゴム製のOリングを機構にかませないと回転不良を起こすので要注意。国内でも猟銃としてごくありふれてる。 -- 2014-01-01 (水) 19:15:08
  • 平成狸合戦ぽんぽこは狩猟者が使用。 -- 2014-12-30 (火) 16:33:39
お名前:


*1 散弾銃で用いられたのはロングリコイル式

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-16 (金) 00:34:42 (24d)