US M1918 “BAR” 【軽機関銃】

M1918A2
モデル全長バレル長重量口径装弾数発射速度発射形式製造国
M19181194mm24インチ8.85kg.30-0620600発/分S/Fアメリカ
M1918A21194mm24インチ8.83kg.30-0620350発/分
550発/分
F
H.C.A.R.971mm
1073mm
16インチ
20インチ
5.3kg
5.6kg
.30-0620/30600発/分S/F
wz.19281194mm24.1インチ8.85kg7.92×57mm20600発/分S/Fポーランド

 ジョン・ブローニングが第一次世界大戦中に開発した軽機関銃。愛称のBAR(ビーエーアール、またはバー)は『Browning Automatic Rifle:ブローニング自動小銃』の略。
 ボルトアクション小銃が主力歩兵銃だった当時としては、比較的軽量なため個人携行可能で、かつフルオート射撃能力を持つBARは制圧力に優れ重宝された。当時最先端であった重機関銃と異なり、設置の手間がないため、分隊の機動力を損なうことなく即座に制圧射撃が行える軽便さは画期的で、俗に「ウォーキングファイア」と呼ばれたBARは、のちの分隊支援火器の走りであり、当時同様のコンセプトを目指して開発されていた軽機関銃のなかでは抜きん出ていた。それだけに脅威を排除しようとBARの射手は真っ先に狙われたが、それ故に男の度胸を見せる『誇りある職種』と認識され、兵士の間では人気銃だったと云う。
 しかし無論全く欠点がなかった訳ではなく、当時としては軽量な分、銃身の過熱や摩耗には弱かった。そこで連射速度を落としたり、発射速度を2段階に切り替えることができるレートリデューサーを追加するなどの改良が後に行われた。

 当初、BMR(Browning Machine Rifle)の名称でテストされていた本銃は、1917年に「BAR M1918(制式名称 Rifle, Caliber .30, Automatic, Browning, M1918)」として制式採用され、コルト社とウィンチェスター社、それにマーリン・ロックウェル社で合わせておよそ10万挺が製造された。製造に際しては、改修作業が並行して行われたり施設を新たに準備したりなど、生産体制が整うのに時間を要したことから、完成した約25,000挺がM1918が前線に送られた頃には、第一次世界大戦は終戦も間際であった。とはいえ、大戦の転機となったムーズ=アルコンヌ攻勢では、BARを装備した部隊が投入されて戦果を上げている。
 1931年には、ブローニングからパテントを譲渡されたコルト社により、法執行機関向けモデル「コルト・モニター」の名称で発売された。このモデルは、世界恐慌の折、非常に高価でもあったことからアメリカ国内での売り上げは芳しくなかったが、同時期のトンプソン短機関銃同様、当時のギャングたちには大いに受け、悪名をとどろかせている。なお特に有名なボニー&クライドが使用していたソードオフモデルはモニターではなく、州兵器庫から弾薬と共に強奪した軍用M1918の改造品であった。
 1926年に設計者のジョン・ブローニング氏が死去した後も改良が重ねられ、1937年にはバイポッドと跳ね上げ式のバットプレートを追加したM1918A1、1938年にはレートリデューサーの追加などの改良が施されたM1918A2が開発され、アメリカ軍に制式採用されている。

 その他にも多くのライセンス生産モデルが作られ、アメリカ・ベルギー・ポーランド・スウェーデンなどで生産され第二次世界大戦まで使用された。特にベルギー・FN社製のFN-Dモデルは最も改良の進んだバリエーションモデルであり、クイックチェンジバレル機能などが用意され、戦後はNATO標準の7.62x51mm弾に対応しFALマガジンから給弾可能な改良モデルも運用されていた。

 戦後になってドイツの優れた軽機関銃技術が西側諸国に流入すると、アメリカではその技術を使ったM60などのベルト給弾式の軽機関銃が分隊支援火器の主流となり、BARは退役することとなった。
 しかし当時突撃銃として導入されたM14M16は、フルオート能力があるものの反動や耐久性、信頼性に難があったため、特殊部隊ではベトナム戦争初期までは軽便で信頼性の高いフルオート火器としてBARを引き続き使用しているケースもあった。

 一方、民間市場においては他のアメリカ軍の第二次世界大戦の銃火器同様人気があり、今でも一定の需要が存在する。 
 2013年にはオハイオ・オードナンス・ワーク(OOW)社から「H.C.A.R(Heavy Counter Assault Rifle)」近代改修化モデルが発表されている。現代の技術で強化・軽量化された材質によってバレルやガスシステムを大幅に短縮し、ピストルグリップやAR-15タイプのテレスコピックストック、レイルマウント、調節式ガスレギュレーターなどが備えられており、バレルもクロームラインで耐久性を増し、サプレッサーに対応する仕様である。また、湾曲した30連のマガジンも用意されている。

 なお設計者ジョン・ブローニングの長男ヴァル・ブローニング氏は実際に第一次世界大戦中、兵役においてこの銃を使用しており、後のFN社のライセンス生産モデルの改良にこの経験は役立ったという。
 一方、現代ではブローニングアームズ社からはBARの名を持つ狩猟用セミオートマチックライフルが販売されているが、これは後年ジョン・ブローニング氏の孫にあたるブルース・ブローニング氏が設計した民間向けライフルで、機構的な共通点はない。

登場作品ジャンル使用者備考
L.A. ギャング ストーリー項目参照
アヴァロン 灰色の貴婦人項目参照
青の祓魔師アニメ祓魔師第22話
ゴブリン退治にて使用
青春×機関銃項目参照
悪徳の都項目参照
硫黄島からの手紙項目参照
ウインドトーカーズ項目参照
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
エンパイアーズゲームティム・オライリー
オペレーションG.G.項目参照
キャプテン・アメリカ項目参照
キングコング項目参照
コール オブ デューティ項目参照
コール オブ デューティ2項目参照
コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン項目参照
コール オブ デューティ3項目参照
コール オブ デューティ ファイネスト アワー項目参照
コール オブ デューティ: ワールド アット ウォー項目参照
コール オブ デューティ ワールドウォーII項目参照
コンバット!TVドラマカービー
ザ・パシフィック項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
猿の惑星項目参照
ジオブリーダーズ項目参照
地獄の黙示録項目参照
シン・レッド・ライン項目参照
ストライクウィッチーズ項目参照
砂ぼうず項目参照
戦略大作戦項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ダイ・ハード項目参照
地球最後の男オメガマン映画ロバート・ネビルスコープ及び暗視装置
地球防衛軍映画防衛隊歩兵
父親たちの星条旗項目参照
沈黙の陰謀項目参照
ディーふらぐ!アニメ柴崎 芦花OPで使用
エアガン?
パール・ハーバー項目参照
鋼の錬金術師項目参照
バトルフィールド 1項目参照
バトルフィールド1942項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
パブリック・エネミーズ項目参照
バレットガールズ項目参照
人狩り小説水野 雅之
三波
略奪者から奪ったもの
池山水野と三波が略奪者から奪ったもの
3人の略奪者M1918A1
フォールアウト項目参照
フューリー項目参照
プライベート・ソルジャー項目参照
プライベート・ライアン項目参照
ブラザー イン アームズ項目参照
ブラザーフッド項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
ブレット・ザ・ウィザード漫画フィッツジェラルドの部下第26話
M1918A1
スコープ付き
放課後アサルト×ガールズ項目参照
メダル オブ オナー項目参照
蘇える金狼項目参照
ラストマン・スタンディング項目参照
ランダウン映画ハッチャーの手下
ワイルド7項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 自分含めて「BAR」の読みが気になった方もいると思ったので調べた結果を注釈として追記。 -- tobi? 2009-07-23 (木) 17:46:36
  • 30-06は米軍の余剰弾薬が大量に民間に流出したせいもあってスポーツ射撃や狩猟用の安価で強力な弾薬として重宝されていたしな -- 2014-06-16 (月) 22:06:04
  • オハイオ・オードナンスとかいう会社が近代化モデル作ろうとしてるらしい、HCARとか言うやつ -- 2014-07-12 (土) 23:53:32
  • ttps://www.youtube.com/watch?v=JGsFfkw1BdQ これか -- 2014-10-14 (火) 15:44:42
  • 2015年にコルト、ウィンチェスター、マーリン社が合同で第1次大戦モデルを85000挺を製造したようです。 -- 2015-03-07 (土) 16:10:30
  • 登場映画に、「砲艦サンパブロ」があります。 スティーブマックイーンの操るBARによる銃撃戦は個人的にはガンファイトの傑作です。 -- はいぱー? 2015-09-28 (月) 20:26:59
  • BARの近代化改修されたのがHCARなのかすげぇ違う形になってるな -- 2016-01-28 (木) 18:33:56
  • まぁM14とかSKSとかも元が木製パーツなだけにポリマーでレール付きのパーツとか付けるとパッと見は大分変わるね。軽量化もされて本体のみで5.5kgまでは減ったらしいが・・・ -- 2016-01-28 (木) 19:18:02
  • Day of Defeatはアメリカ兵が使用。 -- 2016-12-26 (月) 06:54:21
  • HCARを追加。-- 2017-08-20 (日) 01:20:15
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-20 (日) 14:05:31 (92d)