コルト M79 / Colt M79 【擲弾発射器】

M79 40mmグレネードランチャー
全長重量口径装弾数製造国
737mm3.0kg40mm×461アメリカ

 1960年にアメリカ陸軍に制式採用された中折れ式の擲弾発射器。「サンパー(潰し屋)」、「ブルーパー(暴投)」などの愛称で呼ばれた。

 木々が密生したジャングル戦で北ベトナム軍の兵士に散々苦しめられることになったアメリカ軍(太平洋戦争当時、南方戦線での経験は全く活かされなかった)は、この事態を打開するべく、正確な狙撃よりも面制圧を主眼に置いた威力のある手榴弾を多用した。
 ところが人力による投擲の際、逆に撃たれる危険性があり、着弾箇所の調整も難しいために、道具を用いて投擲する方法が考え出され、本銃が開発された。長射程(最大射程400m*1)でありながら、地面への据付作業が必要な迫撃砲よりも使い勝手が良く、威力もさほど変わらないため、後継のM203が開発される1971年まで約35万挺が生産されベトナムを始め各地で使用された。M203はアドオン式ランチャーとして地位を確固なものとしたが、M79はスタンドアローンのランチャーとして、開発から半世紀を経た2010年現在も現役である。

 銃身を切り詰めたソードオフモデルも存在する。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
2SPICYゲームシンディー中ボス
50 Cent:Bulletproof項目参照
6のトリガー項目参照
BANG!!2項目参照
BLACK LIST No.1 法の外の住人たち漫画シオ・ベルスーズ魔法弾
BLOOD+項目参照
COLD FEARゲームトム・ハンセンソードオフ
なぜか撃って一定時間後に爆発
EME小説巽 蒼乃丞
killer7項目参照
KILLING FLOOR項目参照
planetarian(プラネタリアン)アニメ屑屋
RED/レッド項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
アイ・アム・ナンバー4映画ナンバー6特殊な弾(電撃弾?)を使用
後半で使用
アヴァロン 灰色の貴婦人項目参照
アンチャーテッド項目参照
ウォッチメン項目参照
エクスペンダブルズ項目参照
怪盗 山猫TVドラマ山猫ロープを発射
カウボーイビバップ項目参照
カウンターストライク オンライン項目参照
学園キノ項目参照
ガサラキアニメ王重根ブラックモデル
カフス -傷だらけの地図-漫画GATギャングガスガン
弾頭はガソリンと火薬で自作
ガルーダ映画特殊部隊催涙ガス(?)弾使用
キャット・シット・ワン項目参照
キル・ゼム・オール 復讐請負人小説ウィリアム・スターク
ジェームズ
オマリー・マクドナルド
サイモン
アレックス
キングコング項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア2項目参照
ご愁傷さま二ノ宮くんアニメ二ノ宮 涼子第11話
ゴルゴ13項目参照
サイフォンフィルターゲームエリック・ローマー
ガブリエル・ローガン
殺戮者カイン小説ジェームズ・L・ソロマンストック切詰
ソードオフ
屍姫項目参照
地獄の黙示録項目参照
死の標的項目参照
ジーザス項目参照
シェルショック項目参照
シティーハンター項目参照
シャーマンキング漫画デンバット
処刑人項目参照
女子攻兵項目参照
ショックトルーパーズゲームロキ
ジョン・ウィック チャプター2項目参照
スカーフェイス項目参照
砂ぼうず項目参照
ゼロイン項目参照
ソルジャーズ・アイランド項目参照
ターミネーター項目参照
ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ項目参照
ドライバー項目参照
ドラゴンボール超アニメレジスタンスガス弾を発射したことも
トリアージX項目参照
忍弾項目参照
熱笑!!花沢高校漫画吹山少年刑務所の看守ガス弾を発射
ネバー・サレンダー 肉弾突撃項目参照
バイオハザード2項目参照
バイオハザード CODE:Veronica項目参照
バイオハザード アウトブレイク項目参照
バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ項目参照
バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ項目参照
バイオハザードシリーズ項目参照
バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ項目参照
パイナップルARMY項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
バトルフィールド ベトナム項目参照
パラサイト・イヴ項目参照
ひぐらしのなく頃に項目参照
フォールアウト項目参照
フォレスト・ガンプ/一期一会項目参照
無頼伝・涯漫画"人間学園"教官ゴム弾
ブラック・ラグーン項目参照
ブルースワット特撮機動隊員催涙弾を発射
フルメタル・ジャケット項目参照
フルメタル・パニック!項目参照
マックス ペイン項目参照
マッドマックス 怒りのデス・ロード項目参照
メカニック項目参照
メダル オブ オナー ウォーファイター項目参照
メタルギア項目参照
もっともあぶない刑事項目参照
レフト 4 デッド 2項目参照
ワイルド7項目参照
わっぱ列伝爆造漫画機動隊員催涙弾を発射
ワンスアンドフォーエバー項目参照

このページの画像はU.S. ARMY TACOM - ROCK ISLAND,ILSCから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • そんな感じ。反動、重量、初速、精度、弾の嵩張り具合でちょうどいいのが40mm辺りだった。WW2辺りにはもっと大口径なRMN-50ナイマンとかがあったけど、初速や精度が犠牲になってあまり成功しなかった。 -- 2015-10-26 (月) 12:25:14
  • なーるほど、やはり色々試した上で現在の形や性能や戦術になってるわけですね。勉強になりました。 -- 2015-10-26 (月) 19:27:08
  • M79、さすがに生産は終わってますよね -- 2015-11-09 (月) 13:23:33
  • コルトでの生産は61~71年だけだけど、コピー生産は分からぬよ。 -- 2015-11-09 (月) 13:54:31
  • 映像とか見ると、イラクのアメリカ兵とかアフガンのアメリカ兵が使ってるのをちらほらみかけますね。なんだかんだで息の長い武器ですね。 -- 2015-11-16 (月) 04:15:21
  • これ、砲身にライフリングがあるって話と、ライフリングは無し、ツルツル内部で発射ガスが螺旋状に吹き出るから弾が回転するって話と両方あるんですが、どちらが正しいんですか?どなたか知りませんか? -- 2016-08-23 (火) 21:10:37
  • ↑「blooper rifling」でググったら、砲口部だけ見たら分からないぐらい浅めに施条が切られてました。 -- 2016-08-23 (火) 21:16:13
  • 40mmグレネードは普通にライフリングで回転して発射されますよ。仮に発射ガスがらせん状に噴出するとしても、弾は後部でしかガスを受けませんから回転はしません。 -- 2016-08-23 (火) 21:22:22
  • ↑上のお二人様、有り難う御座います。
    それにしても笹川英夫はほんっといい加減な軍事ジャーナリストだなあ(苦笑)ここで確認しなかったらあやうく「ガスが螺旋状云々」を信じたままでいるところでした。 -- 2016-08-24 (水) 07:10:41
  • 不思議な愛嬌のあるフォルムですよね。 -- 2017-11-28 (火) 19:48:39
お名前:


*1 戦場での最至近発射距離は32mと規定で決められているが、射手が身を隠す障害物があれば10mの距離に撃つこともできた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-30 (木) 06:37:16 (15d)