H&K HK416(HKM4) 【突撃銃】

H&K HK416 D145RS
モデル名銃身長全長(銃床伸長時)重量口径装弾数発射形式製造国
HK416C9in560mm(690mm)2.95kg5.56mm×4510/20/30S/Fドイツ、アメリカ
D10RS10in686mm(785mm)3.27kg
D14.5RS14.5in787mm(890mm)3.74kg
D16.5RS16.5in855mm(951mm)3.81kg
D20RS20in941mm(1037mm)4.10kg
MR556A116.5in861mm(957mm)3.90kg5.56mm×4510/20/30S

 2000年、当時イギリスBAe社傘下だったH&K社は、技術力を見込まれイギリス軍の主力火器SA80の改良を請け負った。その実績から今度はアメリカ国防省より「自軍のM4も改良できないか」との依頼*1を受け、M1911のカスタムスミスで有名なラリー・ヴィッカーズ監修のもと、M4を含めたM16系の近代改修モデルとも云うべきH&K版M4――コルト製と区別するため「HKM4」と呼ばれる――を2004年に発表する。

 HKM4は、M16系の特徴であったボルト作動方式を変更し、同社G36XM8ガスピストン作動システムを移植。発表時のデモンストレーションでは泥水に浸したHKM4を引き上げ、そのまま射撃を行うという驚くべきパフォーマンスを披露し、その後のガスピストン式AR15クローンブームの先鞭となった。
 他にも2万発の発射に耐える耐久性(公式発表)と、ハンドガード部の変更による銃身の過熱問題への対応、SA80改修時に開発したジャム頻度が低い新型スチールマガジンの採用など、外観そのものが大きく変わるような変更はほとんどなく、各部の信頼性向上への改修が多い*2。そのため操作方法は従来と全く同じで、既存のM16系ユーザーも違和感なくHKM4に移行できるよう考慮されている。アドオンの擲弾発射器には、同社のM320はもちろん、米軍現用のM203も装着可能である。ほぼM4の上位互換ともいえる仕様だが、ガスピストン作動へ変更された事で、従来のM4と比べ、反動の質は変化したとの声もある。*3

 2005年には、コルト社からの抗議により名称を「HK416」へと変更。FN社製SCARといった対抗馬もあらわれ、並行して試験されていたXM8も計画自体がキャンセルされるなど逆風もあったが、現在は着々と採用実績を伸ばしつつある。
 現在のところ、アメリカ、インドネシア、オランダ、トルコ、ノルウェー、ポーランドでの採用が伝えられている。主に特殊部隊などの限定的なものがほとんどだが、トルコとノルウェーでは、現用のG3に替わる制式主力ライフルという、大口採用である。またイタリア、ドイツ*4、フランス*5の特殊部隊、海上自衛隊の特殊部隊「SBU」でも試験的に導入されたとも云われている。
 珍しいところでは、アメリカ軍がHK416D10RSの「上半分」のみをSOPMODキットとして供給しているようで、通常のM4カービンのロアレシーバー(要は下半分)に、HK416のアッパーアセンブリ*6が組み合わされたライフルを携行する特殊部隊員の写真が見られる。
 2011年5月2日にビンラディンを襲撃、殺害した米国海軍DEVGRU(旧SEALチーム6)所属の隊員が本銃を使用していたという情報が海外のミリタリー系サイトで話題となった。

 ちなみに、2004年に登場した「HKM4」と、2005年登場の「HK416」とでは、仕様が若干異なる。最も目に付く違いは、HKM4が排莢口の開閉式ダストカバーをオミットされ、ボルトキャリアが剥き出しだったのに対し、HK416では従来のダストカバーが復活している点だ。また、海兵隊等の要望により、立射姿勢で照準器を使用しやすい高さにアッパーレシーバーのレール位置が若干、底上げされている。

 バリエーションとしては、.308NATO弾モデルの「HK417」を用意し、2008年には、民間型となるセミオートオンリーの「MR223(MR556)」を発表している。外観上では、以前は他社製OEMだったと思しきグリップとストックが、H&K独自の新規デザインに改められており、2012年からは「MR556A1」の名称で、7.62mm×51弾(.308ウィンチェスター弾)モデルの「MR762A1」と共に、民間市場で販売されている。

 現行のHK416/MR556A1では、様々な純正アクセサリーが用意されており、アイアンサイトやグリップ、バットストックが、いずれの派生モデルでも任意に換装できる。アイアンサイトはG3系ライクな前後のサイトやHK416専用のフリップアップサイトが、グリップは発表時のタンゴダウンタイプ(上掲写真)の他、グリップアングルの異なるH&Kオリジナルの2種が、バットストックはコルトタイプのカービン/固定ストックの他、パッド形状の異なるH&Kオリジナルの2種のカービンストックが、それぞれ用意されている。
 また、D14.5RSのみ、バレルにM4のようなステップカットを備える。本来ステップカットは、M203マスターキーなどのバレル装着型アドオン用のものだが、これらとの互換性を示すアイコンとなっているだけで、使われる機会はほとんど無い。M320を始め、ピカティニーレールを介して装着するアドオンがすでにある一方で、HK416では、ステップカットを併用するバレル装着型アドオンを使用するには、フォアエンドをまるごと外す必要があり、LAMなどのレールアクセサリーが使えなくなってしまうためだ*7 

登場作品ジャンル使用者備考
24 -TWENTY FOUR-項目参照
Alliance of Valiant Arms項目参照
Combat Arms項目参照
GAMER項目参照
G.I.ジョー項目参照
OPERATION7項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
アンチャーテッド項目参照
ガン・ブラッド・デイズ項目参照
グリーン・ホーネット項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
ザ・タウン項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
ターミネーター4項目参照
トランスフォーマー:リベンジ項目参照
バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ項目参照
バトルフィールド?項目参照
バトルフィールド 3項目参照
パニッシャー項目参照
ハンコック項目参照
ハンナ映画CIA特殊部隊ダットサイト装着
タクティカルライト装着
フォアグリップ装着もあり
雪山で所持
発砲無し
ブラッドバス小説トニー・ブラッドグッド
ペーパーマン項目参照
メタルサーガ ニューフロンティア項目参照
ルーザーズ項目参照
ルール 無法都市項目参照

このページの画像はHK DEFENCEから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 007 スカイフォールでシルヴァの部下やボンドが使用してました(007 の項目にも書いてありました) -- 2018-06-16 (土) 17:48:59
  • 007 スカイフォールでシルヴァの部下やボンドが使用してました(007の項目にも書いてありました)
    (また、007でこの銃が登場した作品はスカイフォールだけなのでできればこの項目の登場作品のとこは007 スカイフォールという風にしてください) -- 2018-06-30 (土) 20:04:16
  • エクスペンダブルズについては2作目にも登場してたのでこの項目の登場作品のとはエクスペンダブルズという風にしてください -- 2018-07-04 (水) 23:37:57
  • ノルウェー軍でも追加調達が決定だとか。なかなか快調ですなあ... -- 2019-01-21 (月) 20:17:32
  • 本家HKとHK-USAの公式サイトにも416Cが載ってないのに気づいた 生産終了してるのかそれとも元々プロトタイプ的な代物だったのかな? -- 2019-04-04 (木) 18:04:30
  • 長期間の射撃でバレルが破損?みたいな話が近年出てるみたいだけど、実際の所どうなんだろう?フランス、ノルウェーで問題になっていない所からして限定的な不具合だったんだろうか?それとも新規導入のM855A1弾薬との相性なのかな?構造的に負荷がかかり易いという人もいてよく分からない。 -- 2019-05-16 (木) 23:12:35
  • 単に日本の一部の銃雑誌が宣伝のためにインターネットで出した話題で、海外ではそのような話は全く話題になっていませんよ。信頼性をウリにしている製品ですから当たり前ですが。 -- 2019-05-17 (金) 06:20:01
  • 上の欠陥論についての話題で、どうして開発者の一人であるラリー・ヴィッカーズ氏に言及する人はいないのでしょうか?僕は、もしhk416に話題の欠陥があるならヴィッカーズ氏も言及していると思うのですが、どうして彼はこの問題とされていることに一切言及していなのでしょうか。 -- 2019-05-18 (土) 23:20:04
  • 意味が分かりませんが、開発者が製品についてコメントしなければならない義務はありませんし、そもそも上記で述べられているようにそのような話題は海外ではありませんので当然かと。 -- 2019-05-18 (土) 23:46:32
  • ↑x4 M27とM855A1の話があるように弾薬との相性も考えられるかもしれません。しかし、要因の一つとしてならまだしもそれが根本的な原因とは思えません。リュングマンを無理矢理ガスピストンにしたため本来なら存在しなかった負荷が生まれたのがHK416です。構造面での不利は否めません。当然、HK社もそんなこと設計段階で把握しておりレシーバー周りの剛性を確保するため肉厚にしてます。故に416ちゃんはM4と比べてクソデb…むっちりボディなんですわ。弾薬のみの影響としてしまうとこうしたHKの設計が何ら意味を成さないものとなってしまいます。416ちゃんは無意味に肉を着けてるわけじゃありません。ただ、それでも決して少なくないとされる破断の話のように限界があるみたいですが。他方で仏軍や米海兵隊のように当銃を採用する向きもありますから「破断する!欠陥!もう駄目だ!」という短絡的な結論に至らず、長い目で見てはいかがでしょうか? -- 2019-05-28 (火) 17:16:23
お名前:

*1 「H&K側から提案」説もあり
*2 2007年にはXM8、SCAR-L、HK416、M4カービンの各銃10挺を35時間にわたって汚し、その後6000発(トータル60000発)発射させる通称「ダストテスト」が行われた。動作不良回数の結果は XM8 - 127回 SCAR-L - 226回(16回は深刻な問題)HK416 - 233回 M4 - 882回(19回が深刻な問題)であった。このことから、従来のM4に比べてHK416(とその他の次世代銃)は、その信頼性が高いといえなくもない。が、同年夏に行われた同様のテストでは、M16とM4はトータルで307回を記録しており、統計的に見て、重要な差ではないともいえる。
*3 参考:フルオート試射動画 最初がM4、次がHK416 http://www.youtube.com/watch?v=KY0Xtxasyiw
*4 GSG9
*5 GIGN、第1海兵パラシュート連隊
*6 銃身やボルトアセンブリ、フォアエンドが組み付け済の状態のアッパーレシーバー。
*7 しかしM320やその他高度なアクセサリまで購入する予算の無い国では、底面だけハンドガードをカットして無理やりM203を使用している例も幾つかあり、全く無駄になっている訳でもない模様

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS