QBZ-95(95式自動歩槍) 【突撃銃】

97式自動歩槍
モデル全長重量口径装弾数発射形式製造国
QBZ-95746mm3.25kg5.8mm×4230S/F中国
QBZ-97746mm3.25kg5.56mm×45

 中国の第208研究所、国営296廠(建設機械廠)、国営216廠(長慶機器廠)が開発し、1995年に中国人民解放軍に制式採用された突撃銃。開発は1987年から香港がイギリスから返還される時期に合わせて進められた。
 なお使用弾薬である5.8mm×42弾へと繋がる小口径高速弾の開発はさらに早く1971年から始まっていた。
 87式自動歩槍をベースに、大幅な改修が行われている。
 国内用で独自の5.8mm×42弾を使用するQBZ-95と、輸出用で5.56mmNATO弾マガジンM16と互換)を使用するQBZ-97が存在する。

 ソ連SKSから続く系譜に則り、内部機構にはショートストローク・ガスピストン方式を採用。さらに中国初の本格的なブルパップスタイルを採り、ポリマー素材を多用するという近代的な改革に臨んだ。しかし工業プラスチック材料技術の不足により、63式自動歩槍から採用されていたホールドオープン機能に対応したマガジンが断念されている。
 そしていざ部隊運用が始まると、多くの問題点が浮かび上がった。セレクターがストック左側にあるため操作しづらい、キャリングハンドルの位置が高く光学照準器を搭載した時の視差が大きすぎるといったものから、銃身の腐食、ガスレギュレータに火薬滓が詰まるなどといった、耐久性や信頼性に関わる致命的な点まであった。

 これらの問題点を改良し、さらにフロントサイト基部の左右にマウントレールを追加して各種アクセサリーに対応した95-1式自動歩槍(QBZ-95-1)が開発され、同じく改良された弾薬であるDBP10やホールドオープンに対応した新型マガジンと共に2010年より配備されている。
 一部の部隊では光学照準器の使用に不向きなキャリングハンドルを取り外しフラットトップレール化するなどの独自改修が行われている。

 オプションとして、アドオンタイプのグレネードランチャー(QLG-91B)が開発されたほか、カービンタイプやSAWタイプも用意されている。

 本銃の配備は95式の香港駐留部隊から始まり、それ以降も中国人民解放軍、武装警察に配備が進んでいるが、一部の部隊には従来型の非ブルパップで開発された03式(QBZ-03)が配備されている。
 また現在は改修型である95-1式の配備が主流となっているが、欠陥の多い95式も士官学校や一部の武装警察では現役であり、陸軍でも一部の部隊では95式のみが、あるいは95-1式と混在して配備されている。

 最近では新型の191型自動歩槍が公表されたが、こちらは非ブルパップ小銃であり、中国でもブルパップは主力小銃の座を退く事になる模様だ。

 また中国国外では、ミャンマーのシャン州で自治権を要求してミャンマー政府と対立しているワ州連合軍や、スリランカ南部内戦におけるスリランカ政府軍は中国政府からの支援を受けており、QBZ-97を装備していることが確認されている。
 意外な所ではカナダに民間仕様の輸出が行なわれており、その安さとコンパクトさからスポーツ用途やコヨーテなど小動物用の猟銃として少なくない数が売れている。

 遊戯銃としては、過去に香港で活動していたリアルソード社からQBZ-97の精巧な電動ガンが輸入発売されており、メーカーの消息が途絶え実質的な絶版となった今日ではプレミア価格となってこそいるが入手可能となっている。またこれとは別に訓練用のラバーガンも輸入販売されていた。

各種バリエーション

モデル解説
QBZ-95基本型
QBZ-95B特殊部隊や空挺部隊用のカービンモデル
QBB-95分隊支援火器モデル。75連ドラムマガジンバイポッドを装着する
QBZ-97QBZ-95の5.56mm×45仕様
QBZ-97AQBZ-97に3点バースト機構を搭載
QBZ-97BQBZ-97のカービンモデル
QBB-97QBZ-97の分隊支援火器モデル
QBZ-95-1QBZ-95の改良モデル。開発中にはQBZ-95Gと呼ばれていた
人間工学を考慮したデザインになった
QBZ-95B-1QBZ-95-1のカービンモデル
QJB-95-1QBZ-95-1の分隊支援火器モデル
T97AQBZ-97のカナダ民間市場向けセミオート仕様
簡易にフルオート化改造可能な為に販売禁止になった
T97NSRT97Aにフルオート化改造対策を施した仕様
T97NSR FTUT97NSRにT97.ca製フラットトップ・レールアッパーを装着した仕様
T97NSR G2T97NSRを改良した第二世代型
上面にレール、側面にKeyModを備えたアッパーにフリップアップサイトを装着した仕様
K13X-12QBB-95の開発を担った林久彬と寛甸猟槍廠によって開発された半自動散弾銃
LA-K12QBZ-95をベースにカナダのLEVERARMS社が製造販売している半自動散弾銃
 
登場作品ジャンル使用者備考
BUGS LAND―箱舟のトリトン―項目参照
CANAAN項目参照
Insurgency: Sandstorm項目参照
PMC ザ・バンカー項目参照
TRIDENTS トライデンツ漫画中国武装犯番外編
TOUGH 龍を継ぐ男項目参照
アームド・アサルト項目参照
アンダーワールド項目参照
アンチャーテッド項目参照
異能社員 鈴木一郎漫画馬社長イメージ内で所持
インセプション項目参照
ウルフ・オブ・ウォー項目参照
エリジウム項目参照
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
オペレーション:レッド・シー項目参照
カウンターストライク オンライン項目参照
空母いぶき漫画中国人民解放軍兵士
陸上自衛隊員中国兵より強奪
グランド・セフト・オートV項目参照
クロスファイア項目参照
ケイン アンド リンチ2 ドッグ・デイズ項目参照
ゴーストリコン2項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
ゴーストリコン フューチャーソルジャー項目参照
コール オブ デューティ ブラックオプス コールド・ウォー項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア3項目参照
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアIII項目参照
荒野行動 -Knives Out-項目参照
スカイスクレイパー映画外部コントロール施設の警備員QBZ-97B
スリング装着
キャリングハンドル上にマウントレールあり
発砲シーン無し
スプリンターセル項目参照
スペシャルフォース項目参照
太陽の黙示録項目参照
ドールズフロントライン項目参照
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド2 モダン・コンバット項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド 4項目参照
ブラッドバス小説武警隊員
ペーパーマン項目参照
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス項目参照
メガ・クロコダイル項目参照
ヤングガン・カルナバル項目参照
レインボーシックス項目参照

このページの画像はノリンコ社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • コメント欄はスパム防止のためhttp表記では貼れません。 -- 2016-11-05 (土) 07:58:29
  • 「セレクターを常識的な位置に…」って、前はどこにあったんです? -- 2017-03-30 (木) 10:20:45
  • 「常識的な位置」というのも変ですね...後で修正しときます。プルパップにはよくある話ですが要は従来の機関部、すなわちプルパップのストック部分ということです。他のコントロールも設計上ストック部に配置されているものは多いです。 -- 2017-03-30 (木) 10:54:34
  • なるほど、「常識的」なんてあったので突拍子もないところについてるのかと思いました。ってことはグリップから手を離さなくても操作できるようになった、って理解でいいんですよね? -- 2017-03-30 (木) 11:03:38
  • そういうことですね。まぁストック側だと誤操作もありえますから、現代ライフルでは必須の改修と言えますね。 -- 2017-03-30 (木) 12:50:18
  • 中文Wikiを元に編集しました。しかし、改良型が既にあるとはいえ自国の銃の問題点をああまで書き連ねていいのだろうかあの国は。 -- 2017-03-30 (木) 21:39:44
  • まぁその点に関しては他所の事は言えないかと思いますが・・・ -- 2017-03-30 (木) 23:20:32
  • 95式でホールドオープン機能の搭載が断念されていたのを追加。ソースはttp://www.81.cn/big5/jwzl/2018-10/16/content_9316273.htm -- 2019-07-12 (金) 00:48:21
  • 今日放送された「スカイスクレイパー」でQBZ-97Bが登場。外部コントロール施設の警備員が所持。スリング装着。キャリングハンドル上にレールあり。発砲シーン無し。 -- 2020-12-20 (日) 02:21:23
  • 2015年に削除した「95式ベースの中国製ショットガン」が見つかったのでバリエーションに追加。216廠OBと地元散弾銃メーカーによって開発されていた模様。 -- 2021-12-08 (水) 13:58:11
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-11-04 (土) 20:48:44 (36d)