フランジブル弾

 人体以外の硬い構造物に当たると、弾頭が砕けるように設計された弾丸
 これは一旦粉末状にした銅や錫、亜鉛などの金属を押し固めたもので、狙いがそれて周辺のアスファルトやコンクリートの壁、または航空機の機内壁面に当たっても、跳弾や貫通することなく弾頭はそのまま細かく砕け散ってしまうため、無関係の第三者を傷つけることを最小限に抑えられる。また、標的(人体)に命中した場合に発生する貫通弾による二次被害も同様である。
 なお鉛を弾芯とする弾と比べ、フランジブル弾は金属粉の塊であることからライフリングへの食い込みが少ないため、遠距離での命中精度に問題がある場合もある。
 また、グレイザー社のセフティ・スラッグのようなフランジブル弾もある。これは、散弾銃のバードショットに相当する粒を弾頭に詰めたもので機能的には同じだが、既存の散弾実包の弾丸を利用して作られるため低価格である。

 近年ではアメリカのキルゴール(キルゴア;Kilgore)社から、ウルトラフラグ・エンバイロセーフ・アモ(Ultra-Frag Enviro-Safe Ammo)という新型のフランジブル弾が発表されている。これは対テロ作戦など狭い屋内での制圧戦の際、流れ弾の被害を抑えるのが主目的で、拳銃弾中心だったGSSとは異なり、ライフルショットガン用の弾薬も供給されている。
 なお、ウルトラフラグ・エンバイロセーフ・アモは、鉛毒の被害を防ぐため、弾頭に鉛を使用していないのも特徴である。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • セイフティースラッグの名称を使ってるのって、GSSだけではないでしょうか?この説明はどちらかというと「フランジブル弾」の説明になっていると思います。 -- クーゲル? 2006-11-23 (木) 00:52:49
  • ということで、再度ページを作り直してみました。ただ、『フランジブル弾』という名はあまり知名度がないと思われますので、用語一覧の方には『セフティ スラッグ』の項を残しておきました。 -- MA-08S? 2006-11-24 (金) 22:22:01
  • スパルタン弾って結局どのような性質の弾頭なんですか? ウェブ上にも今ひとつ詳しい説明が観られないので、どなたか御教授戴けると助かるのですが…… -- 2012-04-06 (金) 21:35:32
  • 通常の銃弾は、フルメタルジャケット弾もホローポイント弾も対象に命中すると一点に集中する圧力で差はあれどひしゃげますよね?スパルタン弾の性質は人体に命中した時に圧力で弾頭が砕け散るように素材がポリマーに変更されていることです。砕け散った弾頭の欠片が、部位によっては生命に直結する臓器を、着弾の衝撃による損傷とその後の裂傷でズタズタにするところをイメージしていただければ理解できると思います。 -- 2012-04-09 (月) 18:30:33
  • そういう性能なんですか……出来れば記事本文に其の辺のことを追記して戴ければ助かりますが。 -- 2012-04-10 (火) 23:45:03
  • 似てるだけで別物なので、この記事にそこまで書くべきかが問題。単独で記事を起こせるだけの書くべき事があればいいのだけど。 -- 2012-04-21 (土) 19:25:03
  • グレイザーセフティスラッグは6号と12号があります。たしか、6号は防弾チョッキ等に着弾するとすぐにカバーが外れるタイプ。12号は貫通性能を高めた改良型?だったかな。弾頭の色が6号は青色で12号は銀色。 -- 2012-04-25 (水) 17:13:46
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-25 (日) 22:35:30 (227d)