アーマライト AR18 / Armalite AR18 【突撃銃】

アーマライト AR180
モデル全長(折畳時)重量口径装弾数発射形式製造国
AR18
AR180
965(736)mm3.3kg5.56mm×4520/30/40S/F
S
アメリカ、日本、イギリス
AR18S755(551)mm5.56mm×4520/30/40S/Fアメリカ、イギリス

 アメリカ、フェアチャイルド社のアーマライト事業部が、アーマライトIncとして独立後の1963年に開発した突撃銃。製造権をコルト社に売却したAR15に替わる、新たな5.56mm口径ライフルとして、アーサー・ミラーらによって設計された。ユージン・ストーナーがアーマライトを去る前に、より手堅い構造の突撃銃として設計した「AR16」という7.62mm口径ライフルのプロトタイプをベースとしている。

 作動機構には、オーソドックスなガスピストン方式のガスオペレーションを採用している。このAR18のガスオペレーションは、イギリスのSA80やシンガポールのSAR80、日本の89式小銃*1、近年ではアメリカのMASADAライフルなど、のちの多くのアサルトライフルに影響を与えている。
 また製造工程にはプレス加工部品を多用し、AR15よりも高い生産性を持つ。AR15と異なり、バッファチューブを持たないため折り畳みストックも使用可能であり、携行性や取り回しにおいては有利な設計となっている。

 アーマライト社はAR15の成功を受けAR18をアメリカ軍を始め多くの国に売り込んだものの、テストでは耐久性・信頼性などに劣る結果となり、パテントの問題で当然マガジンも独自のものを使用することとなったため、新制式NATO弾である5.56mmNATO弾と共に実質上のNATO制式規格であるAR15マガジンを使用不可能な本銃はほとんどの国に制式採用されることはなかった。僅かにボツワナ・スワジランドなどの小国において採用されたのみである。
 一方本銃の機関部デザインは、当時国際的なセールスが行われていたAR15のパテントに抵触しない優秀な設計として、多くのアメリカ国外メーカで模倣・改良された。
 また他の多くの当時の突撃銃同様、イギリスのIRAなどの武装勢力に民間用セミオートモデルを改造したフルオートモデルが使用され、多くの被害を生じており、そのセールスをより厳しいものとする一因となった。1969年〜1985年まで合計で約20,000挺が製造されたのみであった。

 AR15同様、アーマライト社には大規模な生産能力がないため、日本の豊和工業、イギリスのスターリング社でもライセンス生産が行われた。
 豊和工業では1970年から軍用のセレクティブファイアモデルのライセンス生産が行われ、アーマライト社へ納入する形で直接販売を避けて輸出が行われる予定であった。
 しかしその直後、紛争当事国への武器輸出を禁じるなどの武器輸出三原則がかがげられ、豊和製AR18は、僅か数十挺で生産中止とされてしまった。民間用のAR180はその後も生産が継続されたものの、IRAがアーマライト製に混じって豊和製のAR180を多数使用していたことが判り、豊和は同モデルも72年に生産中止としている。
 この豊和製AR18シリーズは、後の89式小銃開発の土台ともなった。
 スターリング社では最も多くのモデルが生産されたが、後述のIRAの問題や政府主導開発のSA80シリーズが選ばれたこともあり、やはり大きなセールスに至ることはなかった。
 
 AR18には民間販売向けのセミオートモデルAR180の他、軍用カービンモデルのAR18Sなどがある。AR18Sには、短縮化に伴う発射音の増加による使用者の負担を減らすため、サプレッサーを装着したモデルや、フォアグリップを装備したモデルなどいくつかのバリエーションがある。

 不遇な一途を辿った本銃であるが、AR15の兄弟モデルという点では根強い人気があり、AR15同様パテントの失効後は多くのクローン・改良モデルが製造されている。
 2001年にはアーマライトのブランドを継承したイーグルアームズ社においてAR-180の復刻モデル「AR-180B」が製造された。このモデルはロワーレシーバーがポリマーを用いた軽量なものに刷新されたが、民間用のため、オリジナルの折り畳み式ではなくレシーバー固定タイプのストックへと変更。AR15トリガーグループの使用や、簡単な加工が必要なもののAR15マガジンが使用可能になるなど、多くの現代化が施された。
 2018年にはカナダのKodiak社で、総アルミ合金レシーバーを採用した「WK-180(C)」モデルが登場。AR15ストックアダプターを標準で備え、同社でクローンモデルを生産するVz58折り畳みストックも装着可能となっている。
 2019年にはアメリカ販売大手Brownell社からオリジナルの現代化アッパーレシーバー「BRN-180」が販売開始された。このアッパーレシーバーは既存のAR15ロワーへ装着可能であり、既存のAR15をフリーフロート仕様の高精度バレル、折り畳みストックやアジャスタブル・ガスブロックを備えたピストン駆動へとアップグレードすることが可能となっている。銃身長は16.5インチと10インチが用意されている。 

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
青の祓魔師アニメ解説カットの竜騎士第7話
ウォーキング・デッド項目参照
うぽって!!項目参照
うる星やつら項目参照
エネミー・ライン3 激戦コロンビア項目参照
オペレーションG.G.項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
ザ・ヒットマン!項目参照
七人のマッハ!映画村人(老人)
真・女神転生II項目参照
ターミネーター項目参照
対魔導学園35試験小隊アニメ生徒会長室のガンラックに掛けてある
第6話
大陸横断超特急映画ロジャー・デヴロースコープ付き
ジョンソン
ダーティハリー項目参照
デイライツ・エンド映画無法者
貧乏姫ですが何か?漫画後藤まゆらアーケードゲームのコントローラ
ブラック・ラグーン項目参照
フルメタル・パニック!項目参照
メタルマックス モモ項目参照
野性の証明映画味沢岳史陸自特殊工作隊員から奪ったもの
北野刑事
長井頼子
渡会登
自衛隊員
特殊工作隊員

このページの画像はアーマライト社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんか89式のコメ欄でAR15のマガジンがAR18/AR180(Bモデル除く)に使える使えない論争になってますね。AR15のは左側面に長方形のマグキャッチの切り込みがあるのに対し、AR18のは右側面に細長い切り込みがあるので双方のマガジンに互換性はない、ということでいいですよね?ストーナーM63の方もSTANAGマガジンに形が似てるが互換性のないマガジンですね。 -- 2015-08-23 (日) 23:27:48
  • 気になって調べたけど 確かAR180Bだっけ?はSTANGマガジンが使えるみたいね -- 2015-08-24 (月) 00:24:24
  • M16と互換性が無いって話は結構知られてる事だと思っていたのに意外 -- 2015-08-24 (月) 20:58:30
  • アーマライトはNATO弾であるSS109に対応したポリマー製強化ロアレシーバーのAR-180Bを2001年より販売したが、レシーバーの製造を委託していたイーグルアームズが倒産したことで2007年に製造が終了した。 -- 2015-08-24 (月) 21:24:09
  • IRAのイメージが一番強いな -- 2015-09-06 (日) 03:16:06
  • ボルトストップの仕組みはどうなってるんでしょう? -- 2015-11-18 (水) 00:14:31
  • ボルトストップの仕組みはどうなってるんでしょう? -- あーまらいと? 2015-11-18 (水) 00:15:18
  • 残弾ゼロでボルトが後退位置でストップするのはAR15系と一緒。あとは、コッキングハンドルを少し引いてやればリリースされるよ。リリースレバーorボタンは無し。 -- 2015-11-18 (水) 01:04:22
  • AR-18用のオリジナルのマガジンはマグキャッチ用のノッチの位置が異なる為、AR-15系には使用できませんが、サードパーティ製にはAR-15/AR-18双方に使用できるよう、2カ所にノッチを入れたマガジンも存在していました。 -- TNT? 2018-05-18 (金) 20:23:21
  • STANAGマガジン対応モデルも民間であるよ 生産終了してるけど -- 2018-05-20 (日) 11:05:26
お名前:


*1 ただし、89式はロングストローク・ガスピストン式。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-27 (火) 21:04:09 (24d)