CIS SAR80 【突撃銃】

CIS SAR80
全長(伸長時)重量口径装弾数発射形式製造国
738(970)mm3.7kg5.56mm×4530S/Fシンガポール

 SAR80(Singapore Assault Rifle 80)は、シンガポールのCIS社(現:STキネティクス)が開発した突撃銃である。

 後にSAR80となるシンガポール国産ライフルは、当時、同国陸軍が装備していたM16A1のライセンス生産モデルである「M16S1」に替わる新型ライフルとして、1976年に同国のCIS社で開発がスタートした。開発に当たっては、当時AR18を製造していたイギリスのスターリングアームズ社の技術者が招かれた。1978年には試作型が完成し、1984年に現在の名称が与えられ、シンガポール陸軍に採用された。1988年になると、改良を加えSR88が登場する。

 外観や作動機構(ショートストローク・ガスピストン)は、開発に当たって参考とされたAR18の流れを汲んでいる。レシーバーはプレス加工のスチール製で、グリップ/バットストック/ハンドガードはプラスチック製。弾倉は、AR15/M16互換の30連弾倉を使用する。

登場作品ジャンル使用者備考
コンビニDMZ項目参照
トゥームレイダー2項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 結構いろんなところに流れてる様に見えますが輸出とかされてたんでしょうか? -- 名無しの権兵衛? 2013-08-11 (日) 03:13:11
  • なんか、89式小銃に似てんな。 -- 陸自オタ? 2015-01-12 (月) 22:35:44
  • ↑89式がこの銃と同じくAR18を参考にしたからでない? -- 中野学校くん? 2015-01-13 (火) 03:59:07
  • 最初に目にしたとき、K国の銃かと思った -- 2015-08-20 (木) 13:40:16
  • MGSVに出てくるAM69に一番似てる -- 2015-08-20 (木) 13:42:48
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-28 (金) 23:00:27 (649d)