アーマライト AR18 / Armalite AR18 【突撃銃】

アーマライト AR180
モデル全長(折畳時)重量口径装弾数発射形式製造国
AR18
AR180
965(736)mm3.3kg5.56mm×4520/30/40S/F
S
アメリカ、日本、イギリス
AR18S755(551)mm3.3kg5.56mm×4520/30/40S/Fアメリカ、イギリス

 アメリカ、フェアチャイルド社のアーマライト事業部が、アーマライトIncとして独立後の1963年に開発した突撃銃。製造権をコルト社に売却してしまったAR15に替わる、新たな5.56mm口径ライフルとして、アーサー・ミラーらによって設計された。
 作動機構には、オーソドックスなガスピストン方式のガスオペレーションを採用している。このAR18のガスオペレーションは、イギリスのSA80やシンガポールのSAR80、日本の89式小銃*1、近年ではアメリカのMASADAライフルなど、のちの多くのアサルトライフルに継承されている。
 また、工作技術が低い第三国でも製造可能な様、プレス加工部品を多用しているのも特徴である。これには、冷戦下、共産圏の拡大を恐れるアメリカが、工業力の乏しい第三世界の友好国でも生産できる『軍事援助』として開発を後押ししたという、少々物騒な背景もある。
 しかし、そうした背景にも関わらず、AR18シリーズはどこの国の軍隊にも採用されることはなかった。いっぽう、皮肉にもアイルランドのテロ組織IRAによってフルオートマチックに改造された多数の民間用AR180がテロ活動に使われるなど、何かと不遇な目に遭っている。政治的事情などもあって製造メーカーも転々とし、日本の豊和工業、その後はアーマライトの自社生産、さらにイギリスのスターリング・エンジニアリングが継いで、80年代まで生産を請け負っていた。

 豊和工業はAR18シリーズの製造を最初に行っていたメーカーであり、アメリカがベトナム戦争の只中にあった1967年から生産をスタートさせている。といっても、豊和が日本で独自に販売するためではなく、製品はすべてアーマライトに納入される契約だった。
 しかしその直後、紛争当事国への武器輸出を禁じるなどの武器輸出三原則がかがげられ、セレクティブファイアの豊和製AR18は、僅か数十挺で生産中止とされてしまった。民間用のAR180はその後も生産が継続されたものの、IRAがアーマライト製に混じって豊和製のAR180を多数使用していたことが判り、豊和は同モデルも72年に生産中止としている*2。 
 この豊和製AR18シリーズは、後の89式小銃開発の土台ともなり、製造を行った3社のうち最も高精度と評価が高かった。その後に生産を請け負ったスターリング・エンジニアリング社製のAR18シリーズは、3社のうち最も多く生産されたが、最も評価が低かったのもこのスターリング製であったりする。
 
 AR18には民間モデルのAR180の他、軍用カービンモデルのAR18Sや、アーマライトの商標を買い取ったイーグルアームズが2001年に開発した強化ポリマー製ロワーレシーバーを有するAR180Bなどのバリエーションが存在する。AR18Sには、短縮化に伴う発射音の増加による使用者の負担を減らすため、サプレッサーを装着したモデルや、フォアグリップを装備したモデルなどいくつかのバリエーションがある。

登場作品ジャンル使用者備考
007/トゥモロー・ネバー・ダイ項目参照
青の祓魔師アニメ解説カットの竜騎士第7話
うぽって!!項目参照
うる星やつら項目参照
エネミー・ライン3 激戦コロンビア項目参照
オペレーションG.G.項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
七人のマッハ!映画村人(老人)
真・女神転生II項目参照
ターミネーター項目参照
大陸横断超特急映画ロジャー・デヴロースコープ付き
ジョンソン
貧乏姫ですが何か?漫画後藤まゆらアーケードゲームのコントローラ
ブラック・ラグーン項目参照
フルメタル・パニック!項目参照
メタルマックス モモ項目参照
野生の証明映画味沢陸自特殊工作隊員から奪ったもの

このページの画像はアーマライト社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 一応、質問の答えを見て参考にするつもりだったんですよ。別に知恵袋だけ疑ってここを信用する訳ではないです。一応どうなのかなと質問して見ただけですよ -- 2014-04-18 (金) 23:20:20
  • まるっきり異なる物を三種並べてどっちに近いか聞かれても答えようがない、スパゲッティは天津飯とカツ丼のどっちに近いですか? -- 2014-07-22 (火) 06:06:28
  • コンセプト的にAKの影響を受けた部分はあるかも知れない。でも実際どちらとも言えないってところじゃないかな。 -- 2014-07-22 (火) 07:13:29
  • まあ、ストーナーのおっさんはカラシニコフのじっちゃんから色々と影響受けた(ex:バナナ型の30連マガジン)らしいからね、切磋琢磨しあったという事かも。 -- 2014-07-22 (火) 10:12:34
  • AR18はAR15がベースになってるだけでストーナーさん自身はAR18の設計には関わってないけどな。ピストン式っつーだけでAKの影響と言うのも難しい。ショートストローク式は米国発祥で既にM1カービンで性能が証明されてたし。 -- 2014-07-22 (火) 16:56:14
  • 結構良さげな銃なのに、何で売れなかったのかな? -- 2014-07-22 (火) 17:21:09
  • そりゃいざと言う時にストック壊れたら困るでしょ -- 2014-07-22 (火) 17:59:35
  • 「兄よりすぐれた弟なぞ存在しねぇ!!」とかいう奴。兄(M16などのAR15系列)が思った以上に優秀すぎて、わざわざ性能に不安があるAR18を作ってばら撒く理由が無くなった。しかもM16を量産し過ぎて、廉価銃であったはずのAR18との価格差が埋まったってのがさらに拍車を掛けた。 -- 2014-07-22 (火) 19:13:46
  • まぁ売れなかったっつーか、作られなかったんだよな。M16より簡単に作れるようにすれば味方の国が自分で武器を作れるようになり米国の負担が減る、って考えは良かったけど、先進国は自分とこのライフルぐらい自分で設計したいし、かといって発展途上国はこのレベルでも作るのは難しかった。AKもほとんどは東欧や中国、ロシアで作られたのが流れてるだけで自前で作ってるとこはほとんど無いからね。 -- 2014-07-23 (水) 00:30:19
  • カービンモデルとフルサイズで重量が変わらない? -- 2014-08-08 (金) 07:47:09
お名前:


*1 ただし、89式はロングストローク・ガスピストン式。
*2 豊和工業が生産中止した際に余ったレシーバー等のパーツは、モデルガンやプロップガンに流用されたとか。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-23 (水) 14:18:52 (36d)