レオン / Leon

1994年、フランス=アメリカ合作映画
監督:リュック・ベッソン

・ストーリー
 リトルイタリーに潜む超一流の《掃除屋》レオン(ジャン・レノ)。物言わぬ観葉植物だけが同居人という彼のアパートに、ある日、隣室の少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)が転がり込んでくる。麻薬の売人だった彼女の父が預かった商品に手をつけてしまったために、麻薬取締局の悪徳捜査官・スタンスフィールド(ゲイリー・オールドマン)に、彼女の家族は残らず惨殺されてしまったのだ。そしてマチルダは、殺された弟の敵を討つため、レオンに《仕事》を教えて欲しいと願う。
 血に汚れた自分の世界に入り込んでくる少女に戸惑いながらも、レオンは彼女に《掃除》を一つ一つ教え込む。そうして、互いに欠けた物を次第に取り戻していく二人。
 しかし、スタンスフィールドとの決着の時は刻一刻と迫りつつあった。仲間を次々と《掃除》されたスタンは、地元警察のSWATまで動員してレオンのアパートを襲撃。絶望的な包囲の中で、レオンの最後の戦いが始まる―――。

・作品解説
 リュック・ベッソン監督の前作『ニキータ』に登場した《掃除屋》ヴィクトルのキャラクターを基に、新たにストーリーを書き起こした一編。言わばスピンアウト物だが、オリジナルとはまたひと味違った、残酷だが不思議なぬくもりに満ちた大人のファンタジーに仕上がっている。また、同監督のハリウッド進出第一作でもある。後には22分間の未公開シーンを追加したいわゆるディレクターズカット版が、『レオン/完全版』としてリリースされている。
 ガンアクションの面でも見せ場たっぷり。コンペンセイター付きの銃にサプレッサーを装着したりと、よくよく考えるとおかしな所もあるものの*1、ある時は静かに、ある時は激しく、正に《プロフェッショナル》な仕事ぶりを見せつけてくれる。

 なお、日本では『レオン』のタイトル名が一般的であるが、英語圏では、"The Cleaner"、"The Professional"、"Leon the Professional"……など、複数のタイトルが存在する。

使用者銃器名備考
レオンベレッタ 92FSイタリア・LA.RI.A製AL-GI-MECコンペンセイター装着
サイドアーム
ブラックモデルはサプレッサー装着時もあり
シルバーフレームモデルも使用
二挺拳銃時もあり
シグザウエル P226サプレッサー装着
シルバーステンレススライド
92FSとの二挺拳銃で使用
S&W PC627パフォーマンスセンターモデル
発砲無し
S&W 586発砲無し
スタームルガー MkIブラックモデル
発砲無し
S&W M41ガンケースに携行
シテス スペクトラガンケースに携行
US MK3手榴弾終盤に使用
マチルダスタームルガー SP101アパートの窓から撃つ
ロシアンルーレット時に使用
コルト AR15サムホールストック装着
サプレッサー装着
バイポッド装着
スコープ装着
ペイント弾仕様
ベレッタ 92FSレオンから操作を教わる(発砲無し)
”スペシャルデリバリー”時にも所持?
S&W M41レオンのものを清掃するのみ
スプリングフィールド M1911A1コンペンセイター装着
サプレッサー装着
ペイント弾仕様
ラーマ(リャマ) M82スペイン製M92のクローン銃
”スペシャルデリバリー”時(未使用)
コンペンセイター装着
ノーマン・スタンスフィールドS&W M629バレルをシュライドに合わせてカットしたモデル
ノンフルートシリンダー
イサカ M37ピストルグリップ
タクティカルライト装着
マルキーイサカ M37ライアットモデル
ブラックモデル
ウィリー・ブラッドキメル AP-9
ドン・クリーチキメル AP-9発砲無し
ベニーシグザウエル P226レーザーサイト装着
誤射する
キメル AP-9終盤に所持
スタンの部下M1911A1シルバーフレーム
発砲無し
ジョーンズIMI マイクロウージー
IMI ミニウージー二挺持ち時もあり(発砲無し)
ボディーガード(チーフ)スター M30リアサイトの形状からM30以降のモデル
ミッキーIMI ミニウージー発砲無し
ボディーガード(その他)ベレッタ 92FS Inox
ベレッタ 93R後期型
コルト パイソン6インチモデル
ステンレスモデル
マチルダの父親レミントン M870フルモデル
ジョギング男のSPベレッタ 92FS Inox発砲無し
S&W M19発砲無し
麻薬の売人シテス スペクトラドア越しにレオンに向けて発砲
SWAT隊員シグ SG540
シグ SG543折畳みストック
シグ SG551
H&K G3A3
H&K G3A4
H&K HK91スコープ装着
H&K HK33A2
H&K HK33A3スライドストック
スタームルガー ミニ14
IMI ガリルAR
IMI ミニウージー
M16M203風のグレネードランチャー装着
発砲無し
AAT Mle1952三脚装着
グレネードランチャー装着*2
US M67手榴弾


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 表中の「麻薬の売人」って、どのシーンですか?(未公開シーン?) -- 2006-11-26 (日) 22:47:46
  • 中盤でレオンとマチルダが組んで売人を次々と始末していくところです。もしかしたら『完全版』だけの追加シーンかも知れません(オリジナル版をちゃんと見たことないので)。 -- MA-08S? 2006-11-26 (日) 23:03:19
  • 他のページにならってリストを整理。多少は見やすくなったかと(しかし、たった一作なのにこの銃の数はすごい・・・)。 -- MA-08S? 2006-12-24 (日) 12:05:04
  • まだ手下の銃を含め沢山あるようです。海外の紹介サイトに載っています。 -- 2013-02-18 (月) 22:10:38
  • かなりどうでもいいですけど、終盤に出てくる特殊部隊はSWATではなくESUでは? -- 2013-02-18 (月) 23:44:13
  • スタンスフィールドのリボルバーはM629でしょうか?
    バレル下部が射出口まで伸びていたので違うような気がするんですが・・・。 -- 2013-04-05 (金) 02:11:38
  • M629には『クラシック』というモデルが有り、スタンスフィールドの銃はこれではないでしょうか? -- 2013-04-05 (金) 05:10:20
  • 画像検索しました。どうやらそのようですね、ありがとうございました。 -- 2013-04-05 (金) 13:09:19
  • ↑ノーマン・スタンスフィールドのM629ですが、3もしくは4インチ(正確なインチは不明)のM629をシュラウドにあわせて切っているだけで、クラシックではありません。なのでよく画面を見ているとエジェクターロッドハウジングの先がクラシックより鋭く斜めに切られているのが分かると思います。
    多分個人用のカスタム銃なんでしょうね・・・。 -- 2013-04-12 (金) 02:04:01
  • swatはm14でなくmini14だったのでは? -- 2014-07-15 (火) 20:27:43
お名前:


*1 ただし、発砲シーンでは、コンペンセイター上部のマズルポートからマズルフラッシュは出ていない。
*2 グレネード弾には「60mm M ILUM - M66 - UM - 2.BT.11/88」の文字あり

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-31 (土) 06:14:13 (296d)