シグ SG540 / SIG SG540【突撃銃】

SG542
モデル全長(銃床折畳時)重量口径発射形式連射速度装弾数製造国
SG540950mm3.26kg5.56mm×45S/F650-800発/分20/30スイス/フランス/チリ
SG5421000mm3.55kg7.62mm×51
SG543805(569)mm3.0kg5.56mm×45S/F650-800発/分20/30スイス/ポルトガル/チリ

 スイスのシグ社が1971年に発表した突撃銃

 1960年代、シグ社はイタリアのベレッタ社と共同で新型歩兵銃を開発していたが、開発方針の食い違いから袂を分かち、独自開発路線に転向。そして1967年に「新時代の軽量ライフル」として、当時の5.56mm×45弾(M193)を使用する「SG530」が完成するも、ガス作動ローラーロッキングという複雑かつ高い生産コストのかかる内部機構を採用したため、商業的に失敗する。
 この反省から、シグ社はより強健かつシンプルで信頼性の高いモデルを求め、東側のAK47に着想を得た結果、ガス・ピストン方式を採用した「SG540」を1971年に発表した。

 SG540シリーズは、フランスのマニューリン社やチリの国営企業FAMAE、ポルトガルの国営企業INDEPでライセンス生産されていた他、アフリカの多くの国々でも活躍した。また、チリのFAMAEはライセンス生産していたSG540系列をベースに9mmパラベラム弾を使用する短機関銃SAF」を独自に開発している。近年では、2011年より続くシリア騒乱において自由シリア軍(反政府派)民兵が本銃を携えている姿も見られる。

 一方スイス軍はM193弾の性能に満足せず、これに応じたシグ社は本銃を基にして、スイス独自の5.6mm Gw Pat.90弾を使用した試作小銃「SG541」を開発した。SG541は各種口径の弾薬のテストやトライアルを経て、1983年にスイス軍の新制式ライフル「Stgw90」として採用された。
 翌年、元となった540から改修によって大きく外観の変化した541は、その市販モデル名称をSG550に改めることになる。

 SG540のバリエーションにはSG541の他、7.62mmNATO弾を使用するSG542、ショートバレルで折り畳みストックカービンモデルSG543が存在する。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
エースコンバット項目参照
オペレーション:レッド・シー項目参照
コードネーム U.N.C.L.E.項目参照
攻殻機動隊項目参照
ドーベルマン項目参照
トランスポーター項目参照
ニキータ項目参照
西部警察項目参照
パリ警視J映画メカチの手下
レオン項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アフリカと中東のゲリラがなぜか保有してる写真見たことあるな -- 2017-06-04 (日) 09:54:21
  • なぜ、と言ってももうメインで使ってる国はほとんど無いからね。FALと同じぐらいどこから来たのか分からんような状態だろうよ。 -- 2017-06-04 (日) 10:00:09
  • トランスポーターにも登場してました -- 2018-05-21 (月) 23:06:33
  • トランスポーター1作目でストリートの手下が使用してました(項目にも書いてありました) -- 2018-06-11 (月) 15:46:57
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-12-26 (火) 19:58:57 (69d)