スタームルガー Mk.I / Sturm, Ruger Mk.I 【自動拳銃】

スタームルガー Mk.II KMK512
モデル全長重量口径装弾数製造国
Mk.I
Mk.II
Mk.III
245mm1190g.22 LR10+1アメリカ

 Mk.Iは、1949年にスポーツシューティング用に発売されたスタームルガー社初の自動拳銃である「ルガー スタンダード」の派生型で、翌年の1950年に発売されたモデルである。
 ルガー P08十四年式拳銃を参考に開発されており、通常の拳銃と違いボルト式のメカニズムを備えている。ただし、作動機構はこれらの銃と異なり、シンプルなストレートブローバックである。.22LR弾本来の反動の弱さに加え、スライド全体ではなくボルトだけが作動するため、リコイルが小さく高い命中精度を誇る。とくにMk.Iは、調整可能なアイアンサイトとトリガーを備えたターゲット競技向けのモデルだった。本銃発売以前はミッチェル ハイスタンダードやコルト ウッズマンが.22LR銃の市場を寡占していたが、リーズナブルで高品質なMk.Iが出たことで、ハイスタンダードやウッズマンは廃退しカタログ落ちしたほどであった。
 
 1982年にはボルトストップ機能を追加したMk.IIにバージョンアップ。また、このMk.IIをベースに、サプレッサーメーカーとして知られるAWC社によって、銃身一体型のサプレッサーを組み込んだ「AWC アンフィビアンS」というモデルが、米海軍SEALの水陸両用特殊作戦用として開発されている。サプレッサー部は少量の水を注入すると減音効果を高める機能があり、亜音速仕様の.22LR弾との組み合わせにより、実際に撃った人間の話では「ボルトの作動音しかしない」ほどだとか。このアンフィビアンS・ルガーMk.IIは、2012年現在もクラス3ウェポンとして市販されている。
 1992年にはポリマーフレームを採用した22/45が登場した。22/45はグリップ・アングルやマガジンキャッチなど1911に似たスタイルになっている。軽量で、価格もMk.IIIに比べて安くなっている。
 2004年にはマガジンセイフティやローディングインデケーターなどを追加したMk.IIIが発売された他、ターゲットモデル、ハンターモデルなどいくつかのバリエーションモデルが販売されている。
 

登場作品ジャンル使用者備考
BABEL漫画アキヒロAWC アンフィビアンS
発砲なし
暗殺者映画ミゲル・ベイン
ロバート・ラス
MkII
暗殺用モデル
ウォーキング・デッド項目参照
エンド・オブ・デイズ項目参照
キノの旅項目参照
牙の領域-フルコンタクト・ゲーム小説逢川 総司
浅崎 功
今日からヒットマン項目参照
強権国家小説ミッチ・ラップサプレッサー装着
暗殺用モデル
キルミーベイベー項目参照
クズ!! アナザークローズ九頭神竜男漫画児玉減音器装着
クリムゾン・リバー項目参照
ゲッタウェイ項目参照
コラテラル項目参照
ジャック・リーチャーシリーズ項目参照
スター・ウォーズ項目参照
タフ項目参照
デビル17項目参照
ハード・ターゲット項目参照
ヒットマン項目参照
ヒットマン2 サイレントアサシン項目参照
ヒットマン アブソリューション項目参照
フォールアウト項目参照
ペルソナ3項目参照
ミッション:インポッシブル項目参照
メタルギアソリッド4項目参照
野獣社員ツキシマ項目参照
蘇える金狼項目参照
ルパン三世項目参照
レオン項目参照
ワイルド7項目参照

このページの画像はSTURM RUGER社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Mk. II ね -- 2013-09-23 (月) 20:29:35
  • たしかサイレントヒル0にも出てたような… -- わふー? 2014-05-04 (日) 19:43:08
  • 競技用ピストルって名前だっけ? -- 2014-05-04 (日) 20:49:25
  • この銃のサプレッサーはスタームルガーの純正品だけなのでしょうか? -- 2014-09-26 (金) 10:24:26
  • ルガー自身はサプレッサーの製造や供給をしていませんから、純正品に相当する品は無いです(純正のフラッシュサプレッサーとマズルブレーキはありますが)。文中のアンフィビアンモデルもルガーが自身で行っているわけではなく、AWC社が顧客の所有するルガー.22口径をアップグレードする形で供給しているものですね。他のメーカからも多数外付けサプレッサーやインテグラルサプレッサーへの変換など製品が展開されてます。 -- 2014-09-26 (金) 12:06:46
  • ↑質問にお答え頂いた上に、詳細な情報まで提供して頂きありがとうございます。私の英語能力では限界があって、アンフィビアンやサウンドサプレッサーの情報がなかなか集まらなかった為とても助かりました。 -- 2014-09-26 (金) 14:21:46
  • マルシンのアサシンモデルって実際に存在するのでしょうか。 -- 2015-12-11 (金) 14:55:13
  • 最新のmk犬発売され旧型はカタログ落ちしたみたいですね。
    mk犬魯好薀ぅ疋好肇奪廖▲察璽侫謄ーの大型化とセーフティーのアンビ化。分解がこれ以上ない位容易になって、急激に洗練された様な印象。 -- 2016-11-20 (日) 07:20:35
  • 注釈の4種の弾薬という記述ですが、英語版ウィキペディアでは弾丸重量別にデータが5種類ありますし、最も流通してると思われる40グレイン弾でも亜音速でさらに狙撃用なら42〜60グレイン弾まで確認できました。
    間違った記述ではないですか? -- 2017-05-13 (土) 21:12:17
  • うーん、これで全部というのは違うといえば違うのですが、あながち間違った話でも無いんですよね。
    日版Wikipediaでは和訳されてしまっているため意味が通じませんが、英語版のVariantsの項目で最初に述べられているような4種の速度分類は実際に今でも製品名称のタイプとしては一般的です。つまり、弾薬の速度に関する分類としてはこれで正しいんですね。
    ただ亜音速弾が別個に販売されているのはどの弾薬でも同じ話なので、ここでは不要かなと思いますのでこの記述は削除しておきます。 -- 2017-05-13 (土) 21:50:52
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-03 (金) 09:30:02 (75d)