アイアンマン / Iron Man

映画版

アイアンマン (原題:Iron Man)

2008年、アメリカ映画
監督:ジョン・ファヴロー

・ストーリー
 巨大軍事企業≪スターク・インダストリーズ≫のCEO、トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)は、アフガニスタンで自社製品である新型ミサイルの実地試験を行っていた。実験は無事成功し、帰途に着こうとしたその時、武装テロリストが襲撃してきてスタークを拉致してしまう。テロリストのリーダー、ラザ(ファラン・タヒール)は、先程の新型ミサイル「ジェリコ」をスタークに作らせようと画策していたのだ。
 拉致された場所で、自社製品の兵器がテロリストに使われていることにショックを受けるスターク。しかし、ミサイル製造の隙をついて、急造のパワードスーツを開発し何とか脱出に成功する。その後、パワードスーツに度重なる改良を加え、テロリストなどに悪用されている兵器を、自らの手で破壊することを決意するのだった―――。

・作品解説
 他の多くの映画同様に敵役としてテロリストが登場するが、彼らが使用する銃はテロリスト銃火器の代名詞であるAK47RPGなどではない。G36M4カービンなど西側諸国の最新銃を多用するという、他に例を見ない珍しい作品である(もちろん、これには理由がある)。

使用者銃器名備考
アンソニー・"トニー"・スターク/アイアンマンM4A1RAS
ダットサイト装着
フォアグリップ装着
米空軍兵士の銃を使用(削除シーンに収録)
火炎放射器アイアンマン(マーク1)の武装
対戦車ミサイルアイアンマン(マーク3)の武装(右腕に格納)
ジェームズ・‘ローディ’・ローズ中佐ブローニング M2HMMWVの車載銃
削除シーンに収録
オバディア・ステインガトリングガンアイアンモンガーの武装
インセンH&K G36テン・リングス構成員の銃を使用
ラザH&K G36KAG36装着
アブ・バカールH&K USP
テン・リングス構成員
(武装テロリスト)
H&K G36Kダットサイト装着型もあり
フォアグリップ装着型もあり
レーザーサイト装着型もあり
H&K G36Cスコープ装着
ウェポンライト装着型もあり
フォアグリップ装着型もあり
H&K UMPダットサイト装着
H&K USP
M4A1RAS
M26 MASS装着型もあり(未使用)
M203装着型もあり(未使用)
シグ SG552ダットサイト装着
フォアグリップ装着
コルト XM177
IMI ガリルMAR
ブローニング M2ベースキャンプの銃座
FGM-148ベースキャンプに鎮座(未使用)
BGM-71 TOW
米空軍兵士M4A1RAS
ダットサイト装着
フォアグリップ装着
M240BHMMWVの車載銃
M61A2F22戦闘機搭載機銃
フィル・カールソングロック 17
SHIELDエージェントグロック 17
 

アイアンマン2 (原題:Iron Man 2)

2010年、アメリカ映画
監督:ジョン・ファヴロー

・ストーリー
 マスコミの面前で自らアイアンマンであることを告白したスタークは、ヒーローと巨大企業のCEOという2つの顔と破天荒な言動で以って世間を騒がせる毎日だった。どこか自暴自棄なその行動の裏には、胸のアーク・リアクターに起因する問題があった。そんな中、スターク以外には実現出来なかったはずの小型アーク・リアクターを胸に輝かせる新たな敵が現れる。

 
使用者銃器名備考
ジェームズ・"ローディ"・ローズ中佐/ウォーマシーンGE M134アームで背部に固定
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドーH&K USPUSPとPPKの二挺拳銃
ワルサー PPK
ジャスティン・ハマークラリッジ・ハイテック米空軍への売り込み用
キメル AP-9
FN F2000
M26 MASS
ミルコウ MGL
 

アイアンマン3 (原題:Iron Man 3)

2013年、アメリカ映画
監督:シェーン・ブラック

・ストーリー
 マンダリンという男が、テログループ"テン・リングス"を率いてアメリカに恐怖をばらまいていた頃、ニューヨークでの戦い以来、不眠と発作に悩まされていたスタークは、スーツに依存しきってその開発に血道を上げていた。ある日スタークの友人であり元ボディガードであったホーガンがマンダリンのテロに巻き込まれ重傷を負ってしまう。怒れるスタークは押しかけたマスコミを通じてマンダリンに宣戦布告する。だが、敵は単なるテロリストではなく、スターク自身すら忘れ去っていた彼の過去に関わる者達だった。

 
使用者銃器名備考
アンソニー・"トニー"・スターク/アイアンマンシグザウエル P229R屋敷の警備のもの
イングラム MAC-10
キンバー カスタム TLE2
トレバー・スラッタリー/マンダリンH&K P7M13シルバーフィニッシュ
AKMSU犯行声明の記録映像中にて
ジェームズ・"ローディ"・ローズ中佐/アイアンパトリオットベレッタ 92FS Inox屋敷の警備のもの
アルドリッチ・キリアン自動拳銃不明
エリック・サヴィングロック 17第3世代
シルバースライド
自動拳銃シークレットサービスのもの
屋敷の警備シグザウエル P229R
イングラム MAC-10
ベレッタ 92FS Inox
キリアンの護衛H&K MP5K
エレン・ブラントキンバー カスタム TLE2保安官の体越しにバーの常連客から奪う
レミントン M870街の住人から奪う
エリス大統領グロック 17第2世代
シークレットサービスのもの
シークレットサービス要員シグザウエル P229
グロック 17第2世代
 

アニメ版

アイアンマン

2010年
原作:マーベル・コミックス
監督:佐藤 雄三、アニメーション制作:マッドハウス

・作品解説
 舞台は日本であり、映画版とは違ったオリジナル・ストーリーとなっている。トニー・スターク役の声優は、映画版で同キャラクターの吹替を担当する藤原啓治氏である。

使用者銃器名登場話備考
自衛隊員12.7mm重機関銃190式戦車の車載銃(未使用)
富士演習場で登場


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アイアンモンガーのガトリングガンは、M134M61ではなく、劇中オリジナルモデルですかね? -- 2008-10-19 (日) 00:02:12
  • ウォーマシーンの両腕はF2000だったはず -- 2013-01-16 (水) 19:48:47
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:06:51 (589d)