システム・ウェポン / System weapon

 システム・ウェポン(System weapon)とは、共通のコンポーネントを流用し、異なるカテゴリーに変更することを前提とした設計の武器のことである。
 銃器の分野では、ドイツのH&Kの開発したG3を始め、同社製のG36XM8。オーストリアのAUGなど、第二次大戦後作られた多くの歩兵用ライフルが、このシステム・ウェポンとして設計された。

 これは、機関部など複雑な部品は設計を流用し、銃身やストック、給弾機構などの最低限の設計変更で、突撃銃カービン軽機関銃などのバリエーション展開を行うというものだ。操作や構造のほとんどが共通しているため、新たな銃器をカテゴリーごとに一から開発するよりも時間がかからず、兵士の教育時間も短くて済み、製造ラインも共通のものを使用できるため低コストと利点が多い。

 また、ユージン・ストーナーが開発したM63では、より進んだシステム・ウェポンとして、単一の銃器を部品交換だけで各種銃器に変更する、という概念が提示された。しかし、M63は、突撃銃などの歩兵用ライフルとして使用した場合は銃そのものが重くなり、機関銃として使用した場合には強度が不足するといった「帯に短し、たすきに長し」の銃となってしまった。

 とはいえ、ストーナータイプのいわゆる"変身銃"はその後、変更可能な火器のカテゴリーが絞られ、AUGやG36などの、モジュール構造のライフルで限定的に実現され、XM8MASADAといった、より洗練された最新ライフルにも継承されている。
 
 なお、モジュール構造のシステム・ウェポンは、部品交換で各種小火器に変更可能といっても、一兵士が臨機応変にその場で組替えて、即戦闘可能。といったものでは全くない。部品交換のたび、作動のチェックはもちろん、ゼロインなどの各調整作業が必須となるためだ。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 新規にページを作成したなら、用語一覧にも追加するのを忘れないでください。 -- 通りすがり? 2011-06-04 (土) 20:13:46
  • モジュール構造の銃はSCARとかも入りますか? -- 2015-09-19 (土) 19:49:31
  • こういった銃器を予算の少ない軍や法執行機関が採用すればいいのにね。自衛隊も新しい銃器を採用する時にはこのタイプにして欲しいね。 -- 2015-11-30 (月) 19:38:32
  • つまり複数の銃器をこれ1つで済ませるんですね〜、予算削減だおらー。by財務省 -- 2015-11-30 (月) 19:51:46
  • その結果 -- 2015-11-30 (月) 20:40:14
  • 少なくともスペック重視の自衛隊で、特化した他のモデルに性能で負ける銃器は採用せんのじゃないかな・・・ -- 2015-11-30 (月) 21:05:41
  • いや、あくまで小銃として採用して必要なら分隊支援狙撃銃や分隊支援火器にすればいい。他の火器は普通に採用すればいいが、リアルだとそんなにうまく行かないか... -- 2015-11-30 (月) 21:29:39
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:08:04 (344d)