デザートテック MDR / Desert Tech MDR 【突撃銃・自動小銃】

デザートテック MDR 7.62mm×51モデル
モデル全長銃身長重量発射形式連射速度口径装弾数製造国
スタンダード665mm16.125in3.31kgS/F or S622発/分7.62mm×5120アメリカ
5.56mm×4530
6.8mm×43 SPC
7.62mm×39
.300 AAC Blackout

 MDR(Micro Dynamic Rifle)は、ブルパップボルトアクションライフルSRSで知られるデザートテック(旧DTA)社が開発した、ブルパップスタイルのアサルトライフルである。2014年のショットショーで発表され、2015年から製造されている。
 軍・法執行機関向けモデルはセレクティブファイア、民間向けモデルはセミオートオンリーとなる。

 作動方式はショートストローク・ガスピストン。銃本体はポリマー製で、レシーバー上部にはピカティニーレールを備える。フリーフローティング銃身を採用しており、高い精度を持つ。
 モジュラー構造を採用しており、各種口径や銃身長はツールを使って短時間での換装が可能(口径変更の際は、バレル/ボルトヘッド/マガジンウェル・アダプターを交換する)。詳細は不明であるが、工夫されたバレル保持システムにより、これらのパーツの交換後も再ゼロインの必要はない設計であるという。
 コントロールは弾倉挿入口の後方に設けられたボルトリリースボタンをはじめ、セイフティレバーマガジンリリースボタンなどの操作系は、完全にアンビデザインとなっている。
 排莢は特殊なフォワード・イジェクト方式で、FN F2000などと異なり、排莢口に装着したカバー*1が排出された空薬莢をキャッチしたのち、前進するボルトの作用で前方に飛ばす方式となっている。このため、排莢口カバーを取り外すと従来のように機関部側方に排莢する。
 排莢口は左右に備えられ、排出側とは逆側に被せるカバーには、エキストラクター機構*2が備わっている。これらカバーを付け替える事で排出側を左右変更可能である。
 カバーの脱着は、ツール代わりに薬莢一つさえあれば僅か10数秒で可能となっており、排莢方向の変更・排出不良時の排莢方式の変更などが容易となっている。

 現行モデルでは、以下の改良が施されている。
 ・チャージングハンドルが、リバーシブルタイプからアンビタイプへ変更
 ・ホールドオープン用ノッチをハンドル操作溝に追加
 ・マガジンリリースボタンを弾倉挿入口の前方にも追加
 ハンドガード側面の追加レールを廃止し、代わりに放熱用の肉抜き穴を追加
 ・排莢口カバーの小型&平面化
 ・標準装備されていたフリップアップ式フロントサイトを廃止

 また、オプションでハニーバジャーX95のように、ハンドガード内にOSS社のサプレッサーを収納する幅広タイプのレシーバーも用意されている。

バリエーション(コンセプトモデルを含む)

モデル特徴
MDRスタンダードモデル。16インチバレル
MDR-C
(旧名称:MDR CQC)
コンパクトモデル。10.5インチバレル。全長549mm
95式自動歩槍に似たトリガーガードと一体化するフォアグリップを装着
MDR エコーロングモデル。19インチバレル。全長762mm
バレルだけでなく、ハンドガードも延長されている
6.5mm Creedmoorと.22-250 Remingtonに対応
MDR コンプライアントサイズはエコーと同じ
エコーでは使えない6.8mm×43 SPC/7.62mm×39/.300 AAC Blackoutに対応
MDR フューチャー9mmと.22 LRに対応した短機関銃モデル
サイズはスタンダードと同じだが、フォアグリップを装着している
 
登場作品ジャンル使用者備考
Contract WarsゲームプレイヤーMDRはTANカラー、7.62mm×51弾を使用
MDR-Cはブラックカラー、5.56mm×45弾を使用
両方とも試作モデルで、ダットサイト装着
Insurgency: Sandstorm項目参照
State of Decayゲームプレイヤー試作モデルのMDR
ホロサイトマグニファイアを装着したモデルもあり
5.56mm×45弾を使用
DLC「Lifeline」の使用武器
エスケープ フロム タルコフ項目参照
ディビジョン項目参照
ドールズフロントライン項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照

画像はデザートテック社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ただ外装式エキストラクターって耐久性大丈夫なの?って疑問はあるけど。工具なしで付け外し出来る引っ掛かってるだけのパーツみたいだから、ボルトキャリアと一体化してる従来式エキストラクターほど丈夫かなぁという気が… -- 2017-05-15 (月) 00:09:31
  • カバーがないと排莢できない、という話と、非常時にはカバーを取り外して普通に撃てる、という話と両方聞くんだが、どっちが正しいんだ?
    簡単に外せる構造ならなくても良いように作ってるように感じるんだが -- 2017-05-19 (金) 05:52:46
  • カバーが2つあるから両方とも正しい。排莢口の反対を塞ぐカバーにエキストラクターがあって普通の排莢を行う。排莢口を塞ぐカバーには保持装置があって前方排莢を行う。 -- 2017-05-19 (金) 07:25:09
  • ↑ カバーエキストラクター(と仮に呼ぶけど)は外すと排莢できなくなる方で、フォワードイジェクションカバーはなくても薬莢が前に送られなくなるだけってことか -- 2017-05-20 (土) 04:59:23
  • デザートテックが公開した映像を見たけど、右前方に排莢するときに左手でトリガーを引くと、どうしてもハンドガードを握っている右手に空薬莢が当たることがあるね。手袋必須かな -- 2017-06-08 (木) 16:02:07
  • 左で使うんなら左に排莢するようにすればいいだろ。フォアグリップを付ければどちらの必要もないが。 -- 2017-06-08 (木) 16:22:13
  • UBIsoftのゲーム「The Division」に、プレイヤーが使える銃で最近追加された。ゲーム中では「アーバンMDR」という名称。 -- 2017-06-14 (水) 14:47:05
  • これよく見たら、バレルにマウントレイルの一部がついてるのね -- 2017-07-05 (水) 15:22:11
  • Desert Techのホームページに6.5mmクリードモアにも対応するとあったぞ -- 2020-03-01 (日) 15:35:34
  • 最新のMDRXモデルの話なのでその項目を足さないとですね。旧来モデルは現行カタログでも記事の通りです。 -- 2020-03-01 (日) 18:07:46
お名前:


*1 デザートテック社の説明では「Ejection Chute」と呼称されている。 https://www.youtube.com/watch?v=GutuZSZBQso&t=43s
*2 デザートテック社の説明では「Small mechanical scissors」と呼称されている。 https://www.youtube.com/watch?v=GutuZSZBQso&t=43s

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-04-16 (日) 23:41:21 (453d)