.338 ラプアマグナム弾 / .338 Lapua Magnum

 .338 ラプアマグナム弾は、軍用の長距離狙撃銃向けに開発されたボトルネック弾薬である。一般的な有効射程は約 1,500 m、威力は .308 NATO弾のおよそ2倍(約 5,000 ft-lbs)。世界で初めて「軍用狙撃銃弾薬」として設計された弾薬である。

 当初、開発はアメリカ海兵隊からこの要望を受けた同国のリサーチ・アーマメント・インダストリーズ(RAI)社で1983年にスタートし、.416Rigby弾をベースにより貫通力を強化するため8.6mm(.338)に小口径化した.338/416弾が開発されたが、最終的にRAI社からプロジェクトを引き継いだフィンランドの有名な弾薬メーカー・ラプア社(Lapua)と、イギリスのアキュラシー・インターナショナル(AI)社とのジョイントベンチャーによって、1989年に.338ラプアマグナム弾として完成した。

 結局アメリカ軍ではこの弾薬はほとんど採用されなかったものの、その他の国では現在でも軍・警察・民間を問わずこの弾薬を用いる長距離狙撃銃が1km以上の狙撃に広く利用されており、現代的な「狙撃銃」の弾薬としてスタンダードともいえる存在である。
 軍の狙撃手による最長狙撃記録にもこの弾薬を用いる銃による記録が複数存在し、特に2010年代に入るまでは2475mの最長狙撃記録を維持していた。

弾丸直径弾丸全長
/薬莢全長
リム形状重量銃口初速初活力有効射程代表的な銃
8.58 mm(0.338 in)93.50 mm(3.681 in)
/69.20 mm(2.724 in)
リムレス16.2 g2953 ft/s4840 ft-lbs
(1000ヤード先:1365 ft-lbs)
約 1,500 mAI AWSM

※データは ラプア社 公式サイト および 英語版Wikipedia からのもので、あくまで一例です。
弾薬の種類や製造元、発射する銃によって数値は異なります。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • これが使えるガスピストン式ARがあったとは。誰かが作っているだろうとは思っていたけど、量産品であるとは思わなかった -- 2017-06-25 (日) 18:04:09
  • 既に複数あるのだよなぁ。アメリカには本当に大抵のものはあるのだ。 -- 2017-06-25 (日) 18:33:20
  • 現在セミオート338作ってんのが7つのメーカーで、内6社がアメリカ1社がドイツのメーカーだな。試作だけで終わったor現在製造してないのも含めるともう少しだけ増えるな。 -- 2017-06-25 (日) 21:19:14
  • 以外にもロシアのほうでも専用のボルトアクションを作ってるみたい
    VSV-338というライフルらしいよ -- 2018-04-06 (金) 23:24:48
  • 勘違いかもしれないけど、急に338ラプアマグナムに対応した銃が増えたような感じがする。 -- 2018-04-08 (日) 00:18:39
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-19 (火) 00:16:21 (241d)