HSプロダクト VHS/ HS Produkt VHS 【突撃銃】

VHS-D2
モデル全長(短縮時)銃身長重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
VHS-D770mm20インチ3.0kg5.56×45mm30750〜950発/分S/Fクロアチア
VHS-K660mm16インチ2.8kg
VHS-D2850(800)mm20インチ3.85kg(CTモデル4.15kg)
VHS-K2760(710)mm16インチ3.7kg(CTモデル4kg)

 クロアチアのHSプロダクト社が2007年に発表したブルパップ突撃銃。VHSとは"Višenamjenska Hrvatska Strojnica"の略称で「多機能クロアチア式機関銃」の意。同国の陸軍次期制式小銃のトライアルに参加するため開発された。同社はアメリカのスプリングフィールド・アーモリーのベストセラー、XDシリーズ(HS2000)のOEM供給元としても知られる。

 
 HSプロダクト社はクロアチア紛争時代からAK47のブルパップモデルを試作していたが、当時は技術的に未成熟で問題の多いライフルだった。当初はAKシリーズ同様のロングストローク・ガスピストン方式を採用していたプロトを、FAMAS風のレバー式ディレードブローバックM16スタイルのDI方式と次々に変更し、最終的にショートストローク・ガスピストン方式を採用した。
 初期モデルはTAR21に類似した外観で、軽量化のためポリマーフレームを使用している。機関部に送るガスをボルト後退に用いるだけでなく、ボルトの後方からも少量吹き付けることで反動を軽減する「ガス・クッション方式」の採用を謳っていた。この機構に関する特許もクロアチア国内で取得されていたが、信頼性の問題などからこの機構は取り除かれた。外観もFAMASにかなり近いものへと変更され、これが第1世代モデル「VHS」として発表された。

VHS-D

 第一世代モデルは排莢口は右側面、ボルトキャッチは左側面グリップ部のみである。マグリリースはマガジンウェル後面にプッシュタイプのものが設けられている。セレクターは縦軸で回転する特殊なレバー式で、ハンドガード内トリガー前に配置されており、後ろに回転させてトリガーに重ねることでセイフティ、右に回転させることでセミオート、左に回転させることでフルオートとして機能するものであった。
 ピカティニーレールパーツはハンドガードとキャリングハンドルに着脱式のものとなっており、取り外しておくことで軽量化可能である。キャリングハンドルはアイアンサイトが内蔵されたFAMASに類似したものとなっており、レール装着時にはアイアンサイトが使用できない点も同様である。FAMASとは異なり、このアイアンサイトがライフルグレネード用のサイトと兼用となっている。

 2013年に発表された第二世代モデル「VHS2」では外観や操作系に大幅な変更が加えられ、SF的な外観で話題を呼んだ。操作系は全てアンビとなり、クロアチア軍では現在G36の運用が多いことから標準マガジン及びマガジンウェルはM16互換からG36互換のものへと変更。M16互換のマガジンウェルはオプションとなった。
 ブルパップとしては珍しく調節式ストックとチークピースを標準で備え、使用者に応じて前後・上下幅を調節可能となっている。AR15ベースの影響か、ダストカバーを備えている点もブルパップとしては珍しい。
 排莢口は左右に設けられており、機関部の組み換えによって排莢方向を変更可能。セレクターはより標準的なグリップ上のダイアル式のものとなり、表示もH&Kネイビートリガーグループ風のピクトグラムを用いたものに変更されている。マグリリース・ボルトキャッチはパドル式のものとなり、両方ともマガジン挿入口付近に配置され、左右どちらからでも操作可能となっている。
 ピカティニーレールは第一世代同様着脱式だが、キャリングハンドルの上面レールは標準装備に変更されている。

 第一・第二世代ともにチャージングハンドルはG36風の左右に引き出せる方式となっているが、G36とは異なり射撃時に稼動しない独立式である。3ポジションのガスレギュレーターは通常・強(弱装弾用)・カット(ライフルグレネード用)のモードを備えている。

 第一世代モデルは「VHS-D*1(スタンダード)」「VHS-K*2(カービン)」の2種類のモデルが用意されていた。
 第二世代モデルではFAMASに近いストレートなキャリングハンドルの「VHS2」と、G36のような光学照準器・バックアップサイト内蔵のキャリングハンドルを持つ「VHS-CT」モデルの2種類が用意されている。製品名としてはどちらの系列もスタンダード・カービンモデルがそれぞれ「VHS-D2」「VHS-K2」となっており、CTモデルは「CT 1.5x」が製品名の末尾に付属するようだ(それぞれ「VHS-D2 CT 1.5x」「VHS-K2 CT 1.5x」)。

VHS-K2_CT1.5x

 「VHS2」系列のアイアンサイトはフリップアップタイプのもので、サードパーティの光学照準器を使用する場合には折り畳んでおくことが可能である。
 また、本銃との連携を念頭に設計された「VHS-BG」40mmアンダーバレル・グレネードランチャーも用意されている。ピカティニーレールタイプであるため他の銃でも装着可能であるが、VHS2に装着した場合は、銃のトリガーガードの真下にランチャーのトリガーが配置される設計となっている。

 クロアチア陸軍のトライアルでは初期から非常に優秀な成績を収めており、50,000発の連続射撃テストにおいて一回も動作不良・パーツ破損は起きなかった。2007年度から複数回クロアチア陸軍の要請に応じて調達されており、第一世代モデル約14,000挺が現在運用されている。第二世代モデルも今後50,000挺ほど調達され、旧モデルや他の突撃銃を置換する予定である。
 また近年米軍主導で設立されたイラク軍特殊部隊においても、少なくとも250挺のVHS2モデルが調達されており、運用がしばしば目撃されている。*3

 なお英語圏ではいわゆる「ビデオテープ」の規格名・通称である「VHS」と名称が同じである事がしばしば話題に挙げられる。無論本銃はそれに関連した名称ではなく、クロアチア語のVišenamjenska Hrvatska Strojnica(汎用クロアチア製自動火器)の頭文字を取った略称である。 

 
登場作品ジャンル使用者備考
Insurgency: Sandstorm項目参照
PAYDAY 2ゲームDLC「Dragan Character Pack」にて
VHS-2モデルが「Lion's Roar」の名称で登場
インフィニット 無限の記憶映画エヴァン・マッコーリー
ノーラ・ブライトマン(発砲なし)
RMRサイトを搭載したACOGを装備、1マガジン分発砲後投げ捨てられる
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアIII項目参照
ドールズフロントライン項目参照
バトルフィールド 2042項目参照

このページの画像はHS Produkt社及びWikimedia Commonsから転載しています。
転載に関しては、「転載に関して」に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • VHS2はそう。VHSはボルトリリースがグリップ。詳しくは中段の説明に。 -- 2017-06-20 (火) 14:52:44
  • ↑ああ、ほんとですね。ちゃんと読んでたはずなのに・・・申し訳ない。 -- 2017-06-20 (火) 17:59:48
  • 個人的には、ゴテゴテした現行型よりスッキリした旧型が好き。 -- 2018-03-03 (土) 22:46:03
  • 個人的とかかなりどうでもいい -- 2018-09-15 (土) 17:54:20
  • ガスシステムがDI式なのは試作のみなので記述を変更。ソース ttps://www.thefirearmblog.com/blog/2011/05/12/hs-vhs-k-bullpup-rifle-stripped-photos/ -- 2019-10-18 (金) 16:53:09
  • ↑追加 ttps://hb-plaza.com/forums/topic/vhs%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%AB%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/ -- 2019-10-18 (金) 16:53:44
  • 鹵穫か横流しなのかは不明ですがisisも本銃を所持している映像がありましたね。 -- 2020-08-02 (日) 02:33:22
  • K-2Cと同じでイラク軍からの鹵獲品じゃないかな? -- 2020-08-02 (日) 08:35:44
  • HELLION5.56としてスプリングフィールドアーモリーが民間販売を始めたようです。 -- 2022-01-15 (土) 04:03:13
  • 映画「インフィニット 無限の記憶」に登場していたので追加 -- 2022-08-24 (水) 00:22:07
お名前:


*1 Dugo,クロアチア語で「長い」
*2 Kratke,クロアチア語で「短い」
*3 第一世代モデルも500挺調達されているが、こちらの運用例は見られない。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-11-04 (土) 20:55:10 (36d)