リベリオン / Equilibrium

映画

リベリオン (原題:Equilibrium)

2002年、アメリカ映画
監督:カート・ウィマー

・ストーリー
 21世紀初頭に発生した第三次世界大戦。世界は核戦争の廃墟の中から復興しつつあった。復興都市リブリアでは、生き残った指導者達により、人間の感情こそが戦争や犯罪の原因であるとされ、住民はみな感情を制御する精神安定剤「プロジウム」の服用を義務付けられていた。
 同時に、音楽や絵画、文学などは、感情を刺激する物品「クラス"EC-10"」に分類され、感情の発露の最たるものとし、存在を否定されたのだった。
 物語の舞台、西暦2072年のリブリア。そこはテトラ・グラマトン政党の総裁で、最高指導者のファーザー(ショーン・パートウィー)が支配する独裁国家。
 ジョン・プレストン(クリスチャン・ベール)は、リブリアで最も重大な犯罪のひとつ、「感情の発露」を取り締まる”第一級クラリック(聖職者)”だ。同時に良く洗脳された人間でもあったが、ある日一人の感情規制違反者と出会うことによって、その内に”違和感”を呼び起こされる。それが、プレストンとその周囲に大きな運命の変化を引き起こすことになるとも知らず―――

・作品解説
 劇中、グラマトン=クラリックが用いる射撃戦闘術「ガン=カタ」。「東洋の肉体鍛錬(=型)」と「西洋の拳銃技術」を融合させた独自の戦闘術は、クラリックの戦闘能力を圧倒的な存在たらしめている。
 詳細は、ガン=カタ項目を参照。

 ちなみに、日本版タイトルに「-反逆者-」の副題がついたのは、国内版HD-DVD/DVDから。

グラマトン=クラリック
使用者銃器名備考
ジョン・プレストンクラリックガン二挺拳銃時もあり
スリーブガン時もあり
デュポンとの対決時にはブラントの銃を使用
M4A1回想シーンでスイーパーから強奪
ベレッタ AR70/223
ベネリ M3二挺撃ち
ネーダーでスイーパーから強奪
H&K G36ホールでスイーパーの銃を使用
エロール・パートリッジクラリックガンネーダーの廃墟で所持
アンドリュー・ブラントクラリックガン発砲は“手入れ”時のみ
H&K G36レジスタンスのアジト襲撃時に使用
クラリック
(ウィマー監督)
クラリックガンOPシークエンス時に、二挺拳銃で演武する
クラリック
(タブレットPC内の人物)
クラリックガン二挺拳銃
クラリックガンプレストンの車のトランク内に固定(二挺)
 
リブリア政府関係者
使用者銃器名備考
デュポン副総裁クラリックガンプレストンとの対決時に使用
警察機動部隊H&K G36冒頭の戦闘で使用
H&K MP5A3大規模な“手入れ”時に使用
警察機動部隊
(重装備隊員)
グロック 17ベストホルスターに携行
H&K MP5A3レジスタンスのアジト襲撃時に使用
ワルサー MPL/MPK
ワルサー WA2000犬の射殺時にに使用
H&K G36冒頭の突入シーンで使用
ベレッタ AR70/223レジスタンス(ウィマー監督)の射殺時に使用
ベネリ M3ピストルグリップモデル
ドアブリーチ用マズルブレーキ装着
フォアグリップ装着
ドアエントリー時に使用
モスバーグ M500 クルーザータクティカルライト装着
フォアグリップ装着
ドアエントリー時に使用
スイーパー(隊長)ワルサー MPL/MPKタクティカルライト装着
スイーパーH&K G36
H&K G36K
複数のシーンで使用
ベレッタ AR70/223
FN P90白のロングコートを着た隊員が所持
メアリー、プレストンの各家宅捜索時に登場
H&K MP5K大規模な“手入れ”時に登場
バイクに乗りながら発砲
ワルサー MPL/MPK
M4A1回想シーンで所持
ベネリ M3ピストルグリップモデル
タクティカルライト装着
ドアブリーチ用マズルブレーキ装着
フォアグリップ装着
火刑場の警備員H&K G36
 
感情規制違反者 (レジスタンス)
使用者銃器名備考
メアリー・オブライエングロック 17家宅捜索時に機動隊員(重装備)から強奪
シーマスモスバーグ M500 クルーザーダットサイト装着
感情規制違反者
(レジスタンス)
IMI ウージー複数のシーンで使用
IMI ミニウージー
IMI マイクロウージー
CZ Vz61
AKS47
H&K MP5K冒頭の室内戦で使用
H&K HK33冒頭の部屋に置いてある
敵対者
(タブレットPC内の人物)
H&K MP5A3二挺持ち
M4A1

その他設定

クラリックガン (Cleric gun)

 グラマトン=クラリックのサイドアームである通称クラリックガンは、フルオート機能を搭載した機関拳銃である。撮影ではベレッタ 92FSを改造して製作されたプロップガンを使用している。
 銃口部及びダストカバー部にバレルウェイト風の大型パーツが装着されているのが特徴。バレルウェイト先端下部は突起状になっており、この部分を打突用スパイクとする見方があるが、劇中でそのように用いる場面は存在しない。打撃武器としての役割はあくまで内蔵式スパイク(後述)であり、突起部分はデザインの一部である可能性が強い。主な特徴は下記の通り。

 ・フレーム左側面に「AUTO/SEMI/LOCK」のセレクターレバーを追加(構造上、スライドリリースレバーは廃止)
 トリガーガードの形状が直線型(上下幅が若干狭くなるため、トリガーガード内側に溝が彫られている)
 フロントサイトの位置をバレルウェイト部に移動
 スケルトンハンマー
 ・排莢口が加工されており、空薬莢は真上に排出される
 CQC用として、弾倉底部に5本のスパイクを内蔵
 ・マガジン底部に銃の所有者名と登録番号を記載
 ・マズルフラッシュの形状が“十字型”(実際はCGで作成した映像)

 ただし、撮影ではシーンによって複数のプロップガンが用意された*1。多くの(発砲)シーンではセレクターレバー無しのプロップガンが使われている。セレクターレバー付きのプロップガンは切り替え操作をするシーンにのみ登場し、レバーも可動するだけで実際には機能しない。
 また、プロップガンという特性上、撮影はセミオートオンリーとフルオートオンリーの2つのモデルを使い分けて行われたものと思われる。しかし、日本のトイガンメーカー・ウエスタンアームズから販売されているクラリックガンのガスガンは、セイフティレバーに中間ポジションを設けることでセミ/フルの切り替えを可能としている*2

 シーンによっては、底部におもりが付いた予備弾倉(起き上がりこぼしの要領で垂直に立つ)を使用している。第1級のクラリックともなると、弾切れを起こすタイミングを予測し、あらかじめ予備弾倉を所定の位置に配置させる技術を駆使できるようになる。これによって、弾切れを起こしても瞬時のリロードが可能となるのだ。ちなみに、日本版DVD収録の銃器解説によると、このおもり付き弾倉の装弾数は20発とのこと。
 バレルウェイト突起部に彫られた溝やマズルフラッシュの形状は、テトラ・グラマトン政党のシンボル(T字を四つ組み合わせた十字型)を表している。

M92R TYPE PRESTON

 クラリックが使用するサイドアームは、日本では「クラリックガン」もしくは「M92R TYPE PRESTON」の名称で知られている。しかし、これらは映画公式の設定ではなく、海外においても特に固有の名称があるわけではない。
 M92Rというのは、日本人原型師の村島爆氏が製作した92FSベースのカスタムエアガンに付けられた名称である。元々はトイガンメーカー・東京マルイの広報課に勤務する島村優氏が個人的に製作したカスタムガンが発端で、これが『リベリオン』のDVD発売元の許可を得て、村島爆氏によって新たに製作されたのである。また本作のDVD国内発売を記念して製作された、1/6スケール金属製ミニチュアガンもM92Rの名称を用いている。M92Rの「R」は、劇中登場する92FSベースのプロップガンにフルオート機能が備わっていることから、同じベレッタ社の自動拳銃でバースト機能を有する93Rをもじって付けられた日本独自の設定である。
 M92Rはノーマルのトリガーガードなど、映画本編のクラリックガンとは異なる形状をしている。最も特徴的な違いは92FSのスライドを二つ接合(つなぎ目は消してある)することで、ロングスライドにしている点である。そのため、映画本編のクラリックガンよりも全長が長くなっている。

決めゼリフ

■ウソ発見器にかけられていたプレストンが、真実を知り“感情覚醒”を果たした時のセリフ:
"Not without incident."
(まだこれからだ)

 原文だと「このまま無事に済むと思うな」という意味。

■"Is it really worth the price?(殺せば満足か?)"と、命乞いをするデュポンに向けて:
"I pay it gladly."
(死んで償え)

 原文では「その代償(私を殺すこと)に見合うだけの価値があるのか?」という問いに、「喜んで払ってやる」と答えている。これは「お前には殺すだけの価値があるから、その分の代金は払ってやる」ということ。つまりは「殺してやる」という意味で、日本語字幕等ではより直接的に意訳している。
 またこのセリフは物語冒頭で、後のプレストンと同じく感情の素晴らしさに触れ(感情を知る前の)プレストンに処刑された相棒のクラリック、パートリッジの最期の言葉の引用でもある。


このページの台詞は映画『リベリオン』からの引用です。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ちらっとですが、MPKだけでなくMPLも出ているようなので、併記しました。 -- MA-08S? 2006-07-18 (火) 00:57:18
  • プレストンがネーダーで親衛隊から奪ったのはベネリ M3だと思うんですが(かなり念入りにチェックしたので、自信あります)。 -- MA-08S? 2007-01-17 (水) 21:08:28
  • 決めゼリフ項目を追加。DVDには英語字幕が収録されていないのが残念です… -- インテリの島二尉? 2007-05-23 (水) 09:16:56
  • 気のせいだと思いますが、バイクに乗っているやつが持ってたMP5Kがなんか多弾倉っぽいのですがどうでしょう? -- FTHJJ? 2012-03-10 (土) 08:48:53
  • クラリックガンのガスガンが発売されましたね -- 2012-03-10 (土) 09:12:46
  • タイトルに「反逆者」と付くのはBlu-ray/DVD版からなので、ページ名としては無印で作成し直しました。日本版・US版の両Wikipediaやimdbでも無印表記でしたし。 -- 細かい事かも知れませんが。? 2012-06-20 (水) 23:13:18
  • 反逆者と付いたのは最初に出たHD-DVDとDVDのが出た時からなので修正 -- 2012-08-01 (水) 19:48:40
お名前:


*1 打撃用のラバー製や、スリーブガン用にグリップを切り落としたプロップガンも登場する。
*2 ちなみにガスガンの内蔵メカ自体は、同社から販売されている「92FS キンジモデル」(『緋弾のアリア』に登場するセミ/バースト/フル機能搭載のカスタムモデル)がベースになっている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:02 (2022d)