ワルサー MP / Walther MP 【短機関銃】

ワルサー MPL
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
MPL455(737)mm3300g9mm×1932550発/分S/Fドイツ、フランス
MPK369(653)mm3150g

 カール・ワルサー社が1963年に公開した短機関銃。『MPL』は『Maschinen Pistole Lang(:Long)』、『MPK』は『Maschinen Pistole Kurz(:Short)』の略。両者の違いは銃身長だけで、他のメカニズムは共通である。
 ブローバックオープンボルト撃発、テレスコピック・ボルトにより軽量・小型化を図っているといった点は当時の他の短機関銃にもよく見られる方式であるが、MPL/Kではバレル軸上方にボルトキャリアの大半を置く構造とすることでよりボルトの慣性による反動抑制を重視した設計となっている。また、ボルトハンドルはボルトキャリアと独立しており、射撃時に前後することがない。
 こうしたデザインは、数年前に開発されたイタリアのフランキ LF56、LF57を参考にしたと考えらており、共通点も多いが、一方で当時としてはかなり先進的なアンビレバーセレクターなども実装されており、単純なクローンとはいえない内容となっている。
 また、商業製品としては初めてサプレッサーをオプションとして用意した短機関銃ではないかと見られているが、巨大なボルトキャリアを用いるデザインのため動作音が大きく静粛性はそこまで高くはなかった。

 MPL、MPKは一部のドイツ州警察の他、メキシコ、ブラジル、ベネズエラといった中南米諸国にも輸出・採用されたが、3年後登場した同じドイツのMP5が以後精鋭部隊の手で大々的に活躍することで大きくシェアを伸ばしていったため、商業的にはあまり成功しなかった。
 一部がベトナム戦争時代SEALsに用いられたほか、経緯は不明だが1980年のイーグルクロー作戦においてデルタフォースにも一部MPKの使用者が確認されている。

登場作品ジャンル使用者備考
アーバンスクウェアアニメ辺見MPL
うぽって!!項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
ガンヘッド映画ベベMPL
二挺所持
キューピー漫画SMOKE-Sの一人
グランド・セフト・オート・サンアンドレアス項目参照
コードネーム U.N.C.L.E.項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
屍姫項目参照
スプリガン項目参照
スポーン項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ダイナマイト刑事(PS2版)項目参照
ダイナミック・スモーキー漫画強盗MPL
特例措置団体ステラ女学院中等科C3部項目参照
ネイビーシールズ(2012年)項目参照
ノー ワン リブス フォーエバーゲーム主人公他作中では「ハンプトンMPL」と表記
悶絶少年 其の拾弐 -終滅-ビデオ作品恨み屋悶絶堂MPL、エアソフトガン
ラスト・アクション・ヒーロー項目参照
リベリオン項目参照
ルパン三世項目参照
ワイルダネス項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ちらほら見かけるのでページ作ってみました。MP5よりワルっぽいルックスが好きなんですが、意外に出番は少ないですねぇ。 -- MA-08S? 2006-06-19 (月) 20:19:08
  • 画像追加。MANURHIN(マンニューリン)社でもライセンス生産されたとのことで、製造国にフランスも追加。 -- アセリア? 2006-06-19 (月) 20:51:29
  • フォーリング・ダウンでチンピラが持っていたのをDフェンスが強奪しました。 -- 2012-07-16 (月) 01:13:01
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-08 (木) 16:52:54 (1107d)