ソシミ タイプ821 / Socimi Type 821 【短機関銃】

ソシミ タイプ821
全長(伸長時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
400(600)mm2.45kg9mm×1932550発/分S/Fイタリア

 イタリアのソシミ社(SOCIMI = Società Costruzioni Industriali Milano)が1980年代に製造していた短機関銃
 ソシミ社は元々は鉄道建築会社であったが、軍用銃器の開発・製造ビジネスを展開するため、1983年に同国の銃器製造会社であるフランキ社と合弁事業を興す。この時に開発されたのがタイプ821である。製造期間は1984〜1989年で、ソシミ社での自社生産体制が整うまでは、フランキ社で製造が行われていた。

ストック展開状態

 外見から分かるように、イスラエル製のウージーを参考にしている*1が、随所に独自の改良が盛り込まれている。レシーバーはアルミ合金製で、オールスチール製のウージーと比べて、全体重量は1kg程軽量化されている。バレルは、ウージーの10.2インチ(260mm)より短い、7.87インチ(200mm)のショートバレルを採用することでコンパクト化を実現。ストックは、レシーバー下側に折り畳むタイプだったウージーのものとは異なり、右側面に折り畳めるワイヤーストックに変更されている。ウージーでは固定式だったバットプレートも、本銃では水平に折り畳むことが可能だ。
 その他細かい部分では、ハンドガードアイアンサイトガードの形状が異なり、グリップにフィンガーグルーブが追加された。また、フルオート射撃時のコントロール性を考慮し、連射速度を550発/分に抑えている(ウージーでは600発/分)。

 タイプ821は、イタリア内務省とイタリア警察特殊部隊「NOCS」、その他幾つかの機関・部隊に配備されたが、1992年にソシミ社が倒産したため、その数は少数に留まってる。一時期、フランキ社から「LF-821」の名称で製造されていたこともあったが、これは成功せずに終わっている。

 その他のバリエーションとして、ブリーフケースに収納できる偽装用モデルと、「タイプ821-5 マイクロSMG」というコンパクトモデルが開発されたが、これらは試作型の域を出ていない。

登場作品ジャンル使用者備考
うぽって!!項目参照
攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG項目参照
スプリガン項目参照
ディビジョン項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズ(画像その1画像その2)から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ボルトシステムはUZI同様にオープンでしょうか?? -- akmsu? 2012-11-01 (木) 18:56:21
  • ベースであるUZI同様、オープンボルト式です。 -- 2012-11-01 (木) 23:50:36
お名前:


*1 作動方式は、ベースとなったウージー同様にオープンボルトブローバック方式。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-28 (金) 22:56:42 (93d)