H&K M27 IAR 【自動小銃(分隊支援火器)】

M27 IAR
全長(伸長時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
840(940)mm3.6kg5.56mm×4530560-640発/分S/Fアメリカ

 アメリカ海兵隊M249の後継*1として採用している分隊支援火器。制圧火力よりも軽量さや扱いやすさを重視した分隊支援火器をコンセプトとし、IAR(Infantry Automatic Rifle)計画下で開発された。ベースとなっているのは、H&K社のHK416 D16.5RSモデルである。銃身長は16.5インチ(約420mm)で、外観上は、フルサイズに近いフォアエンドと、銃身長に合わせてバヨネットラグ*2が追加されたヘビーバレル以外は、HK416の最新モデルと大差は見られない。海兵隊員への支給のさいは、ナイツ社製のフリップアップ式アイアンサイトとトリジコン社製ACOGサイトグリップポッドなどがセットされる。

 IAR計画は2005年に始まり、2006年から、FNSCAR分隊支援火器モデル)、H&K(HK416のバリアント)、コルトディフェンス、LWRC(M6A4)、ゼネラルダイナミクス(ウルティマックス100 MK.5)、パトリオットオードナンスの各社がトライアルに参加した。最終テストまで進んだのは、FN、H&K、コルトディフェンスの3社。
 2009年、他2社のモデルを抜いたのはH&K社製モデル。5ヶ月間の最終テストを受けた後、2010年の夏、このHK416バリアントはM27の名称を与えられた。

 M27 IARは、海兵隊における機関銃手(Automatic Rifleman)の大幅な機動力向上を意図した分隊支援火器であるため、M249に比べずっと軽量であり、精密射撃*3も可能となった。また大きな利点として、M4/M16の使用に習熟した兵士であれば多くの追加訓練を必要とせず運用を習得可能であり、ライフルの外観であるため敵の狙撃手に優先的に狙われることがないという特性がある。反面、機関銃クラスの制圧射撃能力を犠牲としたため、ベルトリンク給弾や素早い銃身交換などの機能は盛り込まれなかった。
 トライアル中には、IAR用の50/100発クラスの大容量マガジンの採用も検討されていたが、海兵隊の求める「より軽量な分隊支援火器」という要求仕様にあてはまらないとして廃案となっており、従来の30連タイプが標準とされた。大容量マガジンメーカーのARMATACではM27向けの150連マガジン「SAW-MAG」を開発しており、ARMATACによるテストでは150発の連続射撃でもM27には問題はないとされている。
 IARを携行する兵士は16〜21マガジン(480〜630発)の弾丸を携行可能となっており、銃自体が軽い分多くの弾薬を持ち運べるため、総火力では劣るものではないと考えられている。
 しかしベースとなったHK416同様、マグプル製PMAGでの給弾に難があるという問題があり、M27IARの採用からしばらくして海兵隊においてPMAGの使用が禁止されるという事態も発生した。この問題は次世代のPMAG GEN3マガジンでは解決されたため、禁止状態は2016年に解除された。
 アメリカ海兵隊はM27 IARの配備を進め実地テストを行っており、使用者からも高い評価を得ている。精度の高さから将来的にはDMRとしての運用も、現在検討されている。アメリカ陸軍では現在のところ同銃の採用予定は無い。
 M4より高い命中精度・射程・制圧力を持ちながらM16A4より取り回しが良いことから、海兵隊は本銃を増勢、ないしは全面配備を考えているようだ。ただし、全面配備に関してはユニットコストの高さ(スコープを含む一式で一丁$3500)から現実性は疑問視されている。

登場作品ジャンル使用者備考
Breachゲームプレイヤーゲーム内名称「IAR」
Cマグ装着
ダットサイト装着
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
バトルフィールド 3項目参照


このページの画像はWikimedia Commonsから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • xm106はオープンボルトだからそれは無いな。 -- 2017-04-24 (月) 10:18:05
  • でも案の定海兵隊はSAWトライアル中、XM106を欲しがってたけどね(白目) -- 2017-04-24 (月) 21:30:01
  • IARを携行する兵士は16〜21マガジン(480〜630発)の弾丸を携行可能となっており、って説明で書いてありますけど、実際こんなに持って行ってるんですかね? -- 2017-08-03 (木) 20:21:01
  • ↑専用のポーチがあるんじゃないでしょうか? -- 2017-08-03 (木) 20:26:41
  • 普通にバックパックで携行ですよ。M249の予備弾と同じです。 -- 2017-08-03 (木) 20:57:59
  • なるほどそういう持っていき方なんですね、教えてくださってありがとうございます -- 2017-08-03 (木) 21:40:26
  • 好かない人がいる一方で絶賛しとる人もいるね。銃身厚いから命中率よくて弾をばら撒くより効果的に相手を制圧できるとの意見も -- 2017-10-02 (月) 10:28:24
  • このM27も元になったHK416(HKM4)も含めると10年以上前の銃になるんだよな、IAR計画自体2005年からのものだし、古い部類と言える銃だから、全面配備は記事の通り可能性は薄いのかなぁ? -- 2017-10-08 (日) 20:47:06
  • その辺も要素としてはあるだろうね。陸軍では既に次世代ケースレス/テレスコピック6.5mm弾カービンの採用を長期的には視野に入れてるし、海兵隊はその実用化までそれほど予算割けるかは分からないと思う。 -- 2017-10-08 (日) 21:45:10
  • 今年の6月位に前に新小銃のRFIも海兵隊出してたし、海兵隊も前面採用の意識結構薄いんじゃないかな?弾薬の不適合問題もあるしガスブロックを改良すればなんとかなりそうだけど、もっとコストかかりそうだし -- 2017-10-09 (月) 01:37:05
お名前:


*1 完全更新ではなく、M249の配備数を減らしつつの併用となる。
*2 もともとHK416はガスブロックにバヨネットラグを標準で備えているが、D16.5RSモデルは銃身長とガスブロック位置の関係上、米軍採用の標準銃剣を装着できない。
*3 海兵隊のテストではスコープとの併用により2MOAに到達するという

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-07 (土) 21:07:19 (48d)