H&K M27 IAR 【自動小銃(分隊支援火器)】

M27 IAR
全長(伸長時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
840(940)mm3.6kg5.56mm×4530700-900発/分S/Fアメリカ

 アメリカ海兵隊分隊支援火器としてM249に加えて2010年に採用された自動小銃。 
 扱いやすさを重視した分隊支援火器をコンセプトとしたIAR(Infantry Automatic Rifle)計画下で開発された。

 仕様としてはH&KHK416の16.5インチバレルモデルをベースに、米軍仕様のバヨネットラグ*1を備え、KAC社製のフリップアップ式アイアンサイトや、バックアップミニリフレックスサイト付き3.5倍率ACOGフォアグリップバイポッド(ないしグリップポッド)を装着したものである。トリガーシステムはA4以降に搭載された2ステージトリガーではなくシングルステージトリガーが使われている。

 IAR計画は2005年に始まり、2006年から、FNSCAR分隊支援火器モデル)、H&K(HK416のバリアント)、コルトディフェンス、LWRC(M6A4)、ゼネラルダイナミクス(ウルティマックス100 MK.5)、パトリオットオードナンスの各社がトライアルに参加した。最終テストまで進んだのは、FN、H&K、コルトディフェンスの3社。
 2009年、他2社のモデルを抜いたのはH&K社製モデル。5ヶ月間の最終テストを受けた後、2010年の夏、このHK416バリアントはM27の名称を与えられた。

 M27 IARは、海兵隊における機関銃手(Automatic Rifleman)の大幅な機動力向上を意図した分隊支援火器であるため、M249に比べずっと軽量であり、精密射撃*2も可能となった。また大きな利点として、M4/M16の使用に習熟した兵士であれば多くの追加訓練を必要とせず運用を習得可能であり、ライフルの外観であるため敵の狙撃手に優先的に狙われることがないという特性がある。反面、機関銃クラスの制圧射撃能力を犠牲としたため、ベルトリンク給弾や素早い銃身交換などの機能は盛り込まれなかった。
 トライアル中には、IAR用の50/100発クラスの大容量マガジンの採用も検討されていたが、海兵隊の求める「より軽量な分隊支援火器」という要求仕様にあてはまらないとして廃案となっており、従来の30連タイプが標準とされた。大容量マガジンメーカーのARMATACではM27向けの150連マガジン「SAW-MAG」を開発しており、ARMATACによるテストでは150発の連続射撃でもM27には問題はないとされている。
 IARを携行する兵士は16〜21マガジン(480〜630発)の弾丸を携行可能となっており、銃自体が軽い分多くの弾薬を持ち運べるため、総火力では劣るものではないと考えられている。
 しかしベースとなったHK416同様、マグプル製PMAGでの給弾に難があるという問題があり、M27IARの採用からしばらくして海兵隊においてPMAGの使用が禁止されるという事態も発生した。この問題は次世代のPMAG GEN3マガジンでは解決されたため、禁止状態は2016年に解除された。

 アメリカ海兵隊では当初から高い精度のためDMRとしての運用を検討しており、2017年には別途専用スコープとサプレッサーを装着した「M38 SDMR(Squad Designated Marksman Rifle)」として配備が開始された。
 2017年にはM4より高い命中精度・射程・制圧力を持ちながらM16A4より取り回しが良いことから、海兵隊は本銃を増勢、ないしは全面配備を考えていると報じられた。
 当初は$3000を超えるユニットコストから疑問視されていたが、フランス軍のHK416F制式採用など、近年のHK416の世界的需要により小銃本体のコストが低下しているため近年ではより現実的なものとなって来ている。

 なお、「M27」の名称はIAR計画の試験を行った海兵隊第7連隊第2大隊(2/7)に由来する*3

登場作品ジャンル使用者備考
Breachゲームプレイヤーゲーム内名称「IAR」
Cマグ装着
ダットサイト装着
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
バトルフィールド 3項目参照


このページの画像はH&K USAから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • その辺も要素としてはあるだろうね。陸軍では既に次世代ケースレス/テレスコピック6.5mm弾カービンの採用を長期的には視野に入れてるし、海兵隊はその実用化までそれほど予算割けるかは分からないと思う。 -- 2017-10-08 (日) 21:45:10
  • 今年の6月位に前に新小銃のRFIも海兵隊出してたし、海兵隊も前面採用の意識結構薄いんじゃないかな?弾薬の不適合問題もあるしガスブロックを改良すればなんとかなりそうだけど、もっとコストかかりそうだし -- 2017-10-09 (月) 01:37:05
  • 遂に狙撃仕様のものが「M38 SDMR(Squad DMR)」として海兵隊に配備された模様。
    ttp://soldiersystems.net/2017/12/26/usmc-fields-m38-squad-designated-marksman-rifle/
    採用当時から配備予定で今年の5月にアクセサリー仕様と発表も出てた(ttp://soldiersystems.net/2017/05/04/usmc-m27-update-designated-marksman-role-added/)けど、専用の型番も用意されるとはね。 -- 2017-12-27 (水) 15:16:01
  • 画像が古かったのでM38の情報ついでに更新。
    H&KのM27カタログ見てたら普通に型番の由来も載ってましたので追記しておきました。 -- 2017-12-27 (水) 16:46:06
  • 2MOAとか大した事ないじゃん -- 2017-12-27 (水) 19:30:46
  • 何を言ってるんだか、狙撃銃でさえ通常レベルなら1MOAが基準。
    通常の歩兵弾薬を連発可能な小銃が2MOAというのが高レベルでないというなら他のもっと優れた銃を上げてほしいものだが。 -- 2017-12-27 (水) 19:48:27
  • 2MOAの拡散直径は500m先でたった30cm。人体の真ん中を狙えば500m先でも確実に当てられて何百発も連射できるライフルが「大した事ない」とかまぁ大した大口で草生えますわ。 -- 2017-12-27 (水) 20:09:59
  • 思えば7.62mmじゃなく5.56mmの銃で狙撃仕様の銃って中々珍しいですね。と言うか米陸軍の方でも7.62mm仕様のHK417を元にした狙撃仕様のM110A1 CSASSを採用するみたいだし、最近のH&Kは絶好調ですね -- 2017-12-27 (水) 20:10:08
  • 5.56mmではまだ一部現役らしいMk.12との性能差は気になるな。
    向こうは800mでもマンターゲットをいけるというが、恐らく最新弾薬に対応したこちらの方が対人威力や貫通力は上だろう。クリス・カイル氏もMk.12の威力不足については言及していたしな。
    ガスピストンなのでサプレッサーの吹き戻しが起きない点も強い筈だ。 -- 2017-12-27 (水) 21:02:48
  • 見違えましたね、このページ -- 2018-04-12 (木) 00:23:43
お名前:


*1 もともとHK416はガスブロックにバヨネットラグを標準で備えているが、16.5インチバレルモデルは銃身長とガスブロック位置の関係上、米軍採用の標準銃剣を装着できない。
*2 海兵隊のテストではスコープとの併用により2MOAに到達するという
*3 H&K社公式カタログより抜粋。 https://ja.scribd.com/document/66412531/HK-M27-IAR

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-12 (木) 10:44:41 (10d)