H&K HK45【自動拳銃】

HK45
モデル全長重量口径装弾数生産国
HK45194mm785g.45 ACP10+1ドイツ
HK45T222mm898g
HK45C183mm717g.45 ACP8+1

 H&K社が、同社のUSPをベースに開発した自動拳銃。仕様には、デルタ出身のガンスミス、ラリー・ヴィッカーズを始めとする元(ないし現役)特殊部隊員の意見が大きく反映されており、彼らが求める理想的なデューティピストルを目標として設計された。公式には、2005年よりU.S.SOCOM(アメリカ特殊作戦軍)が行った、M9の後継拳銃を選定するJCPP(Joint Combat Pistol Program)トライアルのために同社が開発したとされているが、ヴィッカーズへのインタビューによると、H&K社がヴィッカーズらと共に同銃を開発中、JCPPがスタートした、というのが実際であるらしい。

 U.S.SOCOMのJCPPにはHK45の他、ベレッタ Px4シグザウエル P220グロック 21が参加していたが、そのどれもが選定されることなく2006年秋に突如として計画自体の無期限延期が決定。そこでH&K社はHK45をすぐさま北米市場に投入することとし、2007年のショットショーで公開したものである。

 角の切り落とされたスライドや交換可能なバックストラップ、フレームのピカティニーレールアンビ化など基本的なスタイルはP2000のものを踏襲している。3ドットの描かれたロープロファイルタイプのフロント/リアサイトも同様である。フレーム後部のレバーはUSPから受け継いだコントロールレバーで、セイフティデコッキング操作をUSP同様に扱え、パーツの交換によってセイフティオンリーまたはデコッキングオンリーとすることも同じく可能。トリガーメカニズムもUSP同様、SA/DAとDAOの変換が行えるうえ、DAOはUSPコンパクト由来のLEM(or CDA)トリガーとなっている。フレームカラーは通常のブラックの他にミリタリー・グリーンとデザート・タンが選択可能となっている。また、HK45のマガジンはUSP45コンパクトのマガジンを延長したものが流用されている。同じフルサイズのUSP45に比べ装弾数は2発減となったものの、これによりグリップのスリム化が図られている。なお、HK45用のマガジンはUSP45コンパクトでも使用可能である。
 トライアル提出時のプロトタイプでは、外観はP2000同様の意匠となっていたが、販売モデルではP2000の上位モデルに当たるP30タイプの意匠に変更された。ちなみにP30由来のグリップチャンネルの稜線に沿って格子状にカーブラインが施されたこのデザインは、「スパイダーマングリップ」と呼ばれている。

 コンパクトタイプのHK45C(コンパクト)もあり、こちらはプロトタイプのものに近いP2000タイプの意匠の外観となっている。なおHK45Cは、「Mk.24 Mod.0」の名称で米海軍SEALに採用されている。また、サイレンサーを装着するためのネジ切りがされたHK45T(タクティカル)や、Mk24の仕様を踏襲したHK45CTもラインナップに加わっている。

 ちなみにHK45とHK45Cは、P2000とP30のバリアントにない、.45口径モデルに相当する製品ともなっている。

登場作品ジャンル使用者備考
Alliance of Valiant Arms項目参照
Lie to Meドラマヨンデライトマンの発言による機種名
OPERATION7項目参照
TRICKSTER
-江戸川乱歩「少年探偵団」より-
アニメ明智 小五郎バレルウェイト装着
第1話
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
ザ・ウォーカー項目参照
ザ・コンサルタント映画ブラクストンHK45T
サプレッサー装着もあり
タイムクライシス5ゲームキース・マーティン
ロバート・バクスター
ソードアート・オンライン項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
バトルフロント映画フィル・ブローカーHK45C
USPコンパクトかも
自宅のガンケースから取り出して使用
プレデターズ項目参照
僕の学校の暗殺部項目参照
メダル オブ オナー ウォーファイター項目参照

このページの画像はHeckler & Koch USAから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • USPよりコンパクトさに特化したのがP30で、さらにMk.23の反省も生かされた.45ACPモデルがHK45と考えればわかりやすいかなと -- 2015-11-24 (火) 16:53:57
  • 特殊部隊用の45口径枠ってアメリカの45新興もあるけどやっぱりサプレッサーとの相性からかね -- 2016-01-07 (木) 01:18:55
  • そりゃそうだろうな アメリカでなくとも.45口径は使われてるわけだし -- 2016-01-07 (木) 01:31:50
  • ドイツのKSKとかも使ってるとか まぁ↑の理由だろうね -- 2016-01-07 (木) 01:57:40
  • マガジンリリースはレバー式ですか?ボタンが見受けられないのですが・・・ -- 2016-02-18 (木) 18:40:47
  • トリガーガードのグリップ側の付け根にあります(よく見るとある区切りのある部分がそれになります)。 -- 2016-02-18 (木) 18:58:48
  • トリガーガードとレールが一体化していて分解の時にそこから外すのかと思ったらボタンだったんですね・・・回答ありがとうございます -- 2016-02-18 (木) 22:41:18
  • マガジンリリースレバーですよ -- 2016-02-18 (木) 23:29:57
  • レバーでしたか・・・お恥ずかしい・・・2度目になりますが回答ありがとうございました -- 2016-02-19 (金) 17:25:55
  • 上記に加えて人質救出任務の多い特殊部隊、特にLEで低貫通力ってところが大きいんでしょうな -- 2016-12-27 (火) 18:54:05
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-31 (火) 06:01:40 (112d)