スプリングフィールド M1 “M1ガーランド” / Springfield “M1 Garand” 【自動小銃】

スプリングフィールド M1
全長重量口径装弾数発射形式製造国
1103mm4.32kg7.62mmx638Sアメリカ

 スプリングフィールド M1903?の後継として開発された自動小銃。 制式名称は「U.S.Rifle Cal.30.MODEL1」だが、一般的には開発者ジョン・C・ガーランドの名前を取って「M1ガーランド」と呼ばれる。
 1936年にアメリカ陸軍の制式小銃として採用され、第二次大戦や朝鮮戦争でアメリカ陸軍の主力小銃として活躍。 特に第二次大戦では、諸外国が1発ごとにコッキングを必要とするボルトアクション式の小銃を主力としている中、照準したまま連続して8発撃てるセミオート銃は絶大な威力を発揮。また当時としては異例の統一規格の採用により、ガーランド同士なら部品の共用が可能な整備性の高さも示し、気難し屋のパットン将軍をして「俺はM1(ガーランド)以上の素晴らしい武器を見たこと無い」と云わしめた。

 このように当時としては画期的な歩兵銃であったM1ガーランドだが、欠点もある。それはクリップ装填式を採用したことにより、その構造上、撃ち切っていないクリップに追加で弾を装填することが非常に手間であったこと。また、弾切れになるとクリップが自動排出されるその際「チャリ−ン!!」と独特の甲高い音が鳴ったことである。排出音については、当初、銃撃戦において相手側はそれを気に留めることができる状況ではないだろうと考えられたが、戦中戦後の証言によると、当時の日本軍兵士たちはその音を確かに聞き分けてしまっていたようだ。

 自衛隊64式小銃を制式採用するまで本銃を使用しており、特別儀杖隊である第302保安中隊ほか、ファンシードリル隊の儀仗銃として今なお現役である。またアメリカでも、一部の陸軍の士官学校やリクルーター*1に協力的な学校(特に公立の高校)で、整列や行進の際の姿勢矯正などの名目で、現在も使われているケースがあるようだ。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
Avalon 灰色の貴婦人小説ガーランド
OPERATION7項目参照
相棒項目参照
イングロリアス・バスターズ項目参照
ウインドトーカーズ項目参照
ウォッチメン項目参照
宇宙大戦争映画儀仗隊員未発砲
ウルトラマン特撮自衛隊員『怪獣殿下前・後編』
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
ウルフェンシュタイン項目参照
エンパイアーズゲームGI
グラン・トリノ映画ウォルト・コワルスキー
タオ・ロー
グリーンスナイパー漫画米軍兵士
狩りのとき項目参照
コール オブ デューティー?項目参照
コンバット!ドラマケリー(ケイジ)上等兵
サガ フロンティア項目参照
ジョーズ映画クイント
マーチン・ブロディ署長

クイントの物をラストで使用
すすめ!コンバット漫画軍曹、他アメリカ兵
砂ぼうず項目参照
西部警察項目参照
ゼロイン項目参照
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト項目参照
立食師列伝映画米軍憲兵
父親達の星条旗項目参照
地球防衛軍映画防衛隊員モゲラ1号に対して使用
独立重機関銃隊漫画米軍兵士スコープ装着
隣のヒットマン項目参照
バットマンシリーズ項目参照
バトルフィールド?項目参照
バンド・オブ・ブラザース項目参照
パンプキン・シザーズ項目参照
フェイク シティ ある男のルール項目参照
フォレスト・ガンプ/一期一会項目参照
プライベート・ライアン項目参照
ブラザー イン アームズ項目参照
ブラザーフッド映画ジンテ一等兵
ブラック・ラグーン項目参照
ヘルシング項目参照
ヘルボーイ項目参照
ボビーZ映画ブライアン邸の警備員別の銃かも
発砲無し
メタルギアソリッド ピースウォーカー項目参照
メダル オブ オナー項目参照
蘇える金狼項目参照

このページの画像はSPRINGFIELD ARMORY社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。

外部リンク

Springfield M1 Garand
US M1 Rifle (Garand) ムービー


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 以前バンコクでのデモ鎮圧の際にタイ陸軍の狙撃隊がM1ライフルを使っていたのを写真で見た事があります。 -- 2015-01-17 (土) 15:05:24
  • SKSのTAPCOモデルみたいな近代化モデルは無いんか?7.62x51mmより強力だから狩猟用とかで需要がありそうな感じするが。軽くググったけど出てこなかった。 -- 2015-01-19 (月) 00:21:23
  • Mk.14でお馴染みのSage社がEBRカスタムモデルを出している。バレル・ガスチューブの形状が違ってマガジンの無いMk.14みたいな感じ。 -- 2015-01-19 (月) 00:47:25
  • おお、あるのか。 -- 2015-01-19 (月) 21:59:47
  • ↑の続き 見た感じクリップ式のままだね。マガジン式にするのは構造上無理だったのかな? -- 2015-01-19 (月) 22:02:51
  • >18インチ銃身モデルは「タンカー・ガーランド」の通称がよく知られているが、これは戦後に民間市場で販売された際につけられた名称である<とありますが、いつ頃から民間向けモデルの販売が始まったのでしょう? -- 2015-02-27 (金) 13:56:11
  • 第二次大戦とその後の朝鮮戦争終結後、軍の余剰品が大量に民間に払い下げられてそれが販売されたんだよ、競技用に精度を上げるため機関部やバレルをチューンナップすることもよく行われた -- 2015-02-27 (金) 15:27:27
  • 「民間向けモデル」が別個に造られたわけじゃなく払い下げ品の軍用モデルが民間市場に流れただけの話、払い下げ品なので程度がピンキリなので販売に際して一部の業者がリファインを行ったり購入者がガンスミスに持ち込んでカスタマイズする例はあったようだ -- 2015-02-28 (土) 09:12:57
  • Day of Defeatはアメリカ兵が使用。 -- 2016-12-25 (日) 16:57:33
  • 「逝けないカノジョのお手伝い」にて劇中に登場する紙芝居「ほんとうのノルマンディ」中に登場するアメリカ兵がM1ガーランドを所持。ただの登場アイテムの割りによく書き込まれている。またM1トンプソンとも見れるサブマシンガンも発見。バックパックもよくかかれている。 -- 2018-05-30 (水) 18:43:19
お名前:

*1 新兵の勧誘を専門とする要員のこと

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS