MAS Mle1936(MAS-36) 【小銃】

MAS-36
全長銃身長重量口径装弾数製造国
1,020mm575mm3.7kg7.5mm×54 French5フランス

 MAS-36は、1936年にフランス軍に制式採用されたボルトアクションライフルである。MAS-36とは"Manufacture d'Armes de Saint-Etienne Modèle 1936"の略称で、「サンテティエンヌ造兵廠製1936年型」の意。

 1929年、フランス軍は新型弾薬である7.5mm×54弾を開発した。開発の発端は、当時リムレス弾薬が登場したことからフランス軍で用いられていたリムド弾薬である8mmルベル弾が陳腐化し、開発中だったFM24/29軽機関銃用として給弾に優れるリムレス弾薬が要求されたためである。
 7.5mm×54弾は主力歩兵銃にも使用することとされた。当時の制式小銃であったルベル小銃やベルティエ小銃を改造するという案もあったが、結局は新型小銃を開発することが決定。試作型の"MAS-32"を経て、1936年に本銃がMAS-36として制式化された。

 MAS-36は各国の小銃が参考にされ、特にボルトのロッキングラグを後端に配置したことは、イギリスのリー・エンフィールドを意識したものと思われる。これによりボルトの後退距離が短くなり、ボルトハンドルも後方に位置していたため、連射性はそれなりに高かった。ボルトハンドルはより操作し易くする目的で前方に曲がっていたが、いくつか他の小銃同様の位置にまで曲げる改造を施された個体も存在する。
 独特の特徴として、レシーバーのマガジンハウジング部を挟んで銃床がバットストックとフォアエンドで前後に独立していること。また、銃剣が当時としても珍しい*1スパイク式で、銃身下部の筒に収納される方式になっていた。筒から引き出して回転させて固定するだけなので、紛失防止には優れていたと思われる。全長の短さも特徴の一つで、第二次大戦中の小銃ではカルカノM1938(1,015mm)と並ぶほど短く*2、取り回しに優れた。一方、マニュアルセイフティの類は一切存在せず*3、携行の際は弾薬を薬室に装填しないでおく必要があった。
 派生型としては、アルミ合金製折り畳み銃床を装備した空挺部隊向けモデルの“MAS-36 CR39”、48mmライフルグレネードを使用可能な"MAS-36 LG48"、戦後にはNATO標準の22mmライフルグレネードを使用できる"MAS-36/51"などが作られた。

 1937年から配備が始まったMAS-36だったが、当時のフランス軍は、広範な多くの植民地に駐屯させうる大規模なものであったため、ルベル小銃やベルティエ小銃などが浸透し過ぎていた上、第二次大戦勃発の煽りも受け、配備が思うように進まなかった。そのため配備は前線部隊に優先され、後方ではルベルやベルティエ小銃が現役であった。
 ドイツのフランス占領時には、他の仏製兵器の例に漏れず、多くのMAS-36がドイツ軍に接収され、"Gew242(f)"として駐仏ドイツ兵に用いられることとなった。
 MAS-36は大戦後もフランス陸軍や植民地守備隊などにて用いられ、初期インドシナ戦争やアルジェリア戦争、第二次中東戦争(スエズ動乱)などで使用された。特にスエズ動乱では、フランス軍第二植民地落下傘連隊の狙撃手がMAS-36にスコープを取り付け、エジプト軍狙撃手の排除に活躍した。

 1949年には後継としてMAS-49自動小銃が採用された。1952年の生産終了後も民間では狩猟用に改造されて用いられた。1966年にはこの銃の設計をベースとしたFR-F1小銃がフランス軍の制式狙撃銃として採用されたが、フランス空軍では予算の関係から、既存の本銃にF1モデルのパーツを組み込んだFR-G1モデルを採用。後継のFR-F2登場時も、同様にFR-G2モデルとしてアップグレードされている。

登場作品ジャンル使用者備考
コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン項目参照
ジャッカルの日項目参照
終末のイゼッタ項目参照
蒼天の拳項目参照
デイズ・オブ・グローリー項目参照
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
ワンスアンドフォーエバー項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • FR-F2の叔父貴分とでも言えばいいかな MAS49の項目も作りてえなぁ〜でも試験がな〜どうすっかな〜俺もな〜 -- 2014-07-24 (木) 11:35:16
  • 製作お疲れ様です。一瞬ショットガンかと思った・・・ -- 2014-07-26 (土) 13:13:29
  • 短くてかわいい -- 2015-03-25 (水) 13:53:27
  • よく本土をドイツに占領されてから自由フランス軍は使い続けられたもんだな 弾薬とかどうなってたんだろう -- 2017-05-05 (金) 01:37:29
  • 7554っていうフランスのFPSに出てる -- 2017-05-11 (木) 00:15:12
お名前:


*1 他は1891年の開発以来姿を変えなかったロシアのモシンナガン小銃ぐらいなもの。
*2 スプリングフィールド M1903A3(1,105mm)、SMLE(1,130mm)、モシンナガンM1891/30(1,232mm)、Kar98K(1,105mm)、三八式歩兵銃(1,276mm) 当時の代表的小銃と比べるとおよそ100mm以上は短かった。
*3 後にアメリカへ輸出されたモデルにはSKSのようなトリガーセイフティが設けられた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-28 (金) 22:38:24 (246d)