GIAT FR-F1 【小銃(狙撃銃)】

FRF1
全長重量口径装弾数製造国
1138mm5125g7.5mm×54 French10フランス

 フランスのGIAT社製ボルトアクション狙撃銃。FR-F1とは「Fusil à Répétition modèle F1(ボルトアクションライフルF1型)」の略。1966年からフランス軍で制式狙撃銃として採用された。

 FR-F1は1949年までフランス軍の主力歩兵銃だったMAS-36をベースに設計された。マガジンが固定式5発だった原型と異なり、素早いフル装填が可能な10発の着脱式ボックスマガジンに改められた。レシーバーの前後に木製のフォアエンドとショルダーストックが独立して配された外観は旧MAS-36を踏襲するが、銃身はフリーフロートとされている。フォアエンド下方には伏射用の折り畳み式二脚が標準装備されている。ストック後端のバット・プレートには、スペーサーを入れて射手の体格に合わせることが可能である。弾薬には選別された7.5mm×54マッチ弾が用意された。

 フランス軍用は7.5mm×54仕様だが、輸出用が7.62mm×51仕様で製作された。1984年には改修と使用弾薬の変更を行った後継のFR-F2が登場したが、一部では単に使用弾薬を変更したのみのFR-F1が現役である。
 フランス空軍では予算の関係から、既存のMAS-36のレシーバーにFR-F1のパーツを組み込んだFR-G1モデルを使用している。

登場作品ジャンル使用者備考
ゴルゴ13項目参照

このページの画像はWikimedia Commonsから転載、編集しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • F2の方もですがG1、G2モデルの内容について追記。既存のMAS-36の機関部が使われてるのは空軍のGモデルのみで、Fモデルについては全て新規生産となっています。 -- 2017-05-07 (日) 22:00:46
  • MAS-36の方をこれらの部品と組み合わせる形で7.62mm NATO弾仕様にする事は可能でしょうか? できるならいつか欲しい -- 2017-05-12 (金) 19:01:18
  • 例を聞いたことがありませんが、多分無理です。マガジン給弾ではボルトの弾の保持方式が普通異なりますので。寸法違いのパーツで使えるようにしたものがありますからそれを買えばいいと思います。 -- 2017-05-12 (金) 19:59:55
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-28 (金) 22:37:44 (237d)