カルカノ M91 / Carcano Modello 1891 【小銃】

カルカノ M91
モデル全長重量口径装弾数製造国
M911295mm3.8kg6.5x52mm6イタリア
M91(カービン)952mm3.4kg
M381015mm3.4kg7.35x51mm
M91/381015mm3.4kg6.5x52mm

 カルカノライフルは、イタリア軍が制式採用したボルトアクションライフルである。

 1890年にイタリア政府主導の下、主任技師のサルバトーレ・カルカノが中心となって、トリノ市にある陸軍造兵廠で開発された。それまでイタリア軍の制式銃だったベッテルリライフルの後継として、1891年にイタリア軍で「M91(Modello 91)」として採用された。1893年にカービンモデルも製造・採用された。
 1938年には威力や射程で勝る7.35x51mmカルカノ弾に弾薬を変更し銃身を短く取り回しを向上した「M38(Modello 38)」も製造されたが、これは弾薬の全体配備規模の生産が間に合わず、一部のイタリア軍兵士に使用された程度で大半はフィンランドへ支援として送られた。これは王冠マークから現地では「テルニ(王冠)カービン」と呼ばれたが、やはり弾薬の不足からそれ程使用されなかった。
 1940年からは銃身長はそのままに、再び6.5x52mmに弾薬を再変更した「M91/38」の生産が開始された。
 
 第二次世界大戦後、イタリア軍では1952年にM1ガーランド(M52)により置換。州警察でも1981年まで使用された後退役した。
 フィンランドに送付されたM38も含め大半は民間市場に売却された。

 戦後に関してはジョン・F・ケネディ暗殺事件においてリー・ハーヴェイ・オズワルドが使用したとされる銃として有名である。使用されたモデルはM91/38に4倍率スコープを装着したものであったという。

登場作品ジャンル使用者備考
Battlefield V項目参照
JFK映画リー・ハーヴェイ・オズワルドM91/38
スコープ装着
Sniper Elite 3項目参照
ウォッチメン項目参照
コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン項目参照
ゴッドファーザー PART III映画モスカ騎兵銃
スコープ装着
ゴルゴ13項目参照
コレリ大尉のマンドリン項目参照
コンビニDMZ項目参照
スワガー・サーガ項目参照
ドールズフロントライン項目参照
バトルフィールド 1項目参照
メダル オブ オナー アライドアサルト リロード2nd項目参照
レッド・デッド・リデンプション項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-28 (火) 04:44:59 (50d)