MAC FM Mle1924 M29(MAC24/29、FM24/29) 【軽機関銃】

MAC1924/29
全長銃身長重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
1,070mm500mm8.9kg7.5mm×54 French25450〜500発/分S/Fフランス

 MAC FM Mle1924 M29は、1924年から1929年にかけてフランスのシャテルロー造兵廠にて開発された軽機関銃である。正式名称は「Manufacture d'Armes de Châtellerault Fusil Mitrailleur Modèle1924 M29:シャテルロー造兵廠製1924年型機関銃1929年型」となっている。

 第一次世界大戦後、フランス軍はそれまで広く使用していた8mmリムド(ルベル)弾を自動式火器に適した弾薬に更新することを計画し、1924年に7.5mm×58弾を開発した。これと平行して1921年よりシャテルロー造兵廠で7.5mm×58弾を使用するために開発されていた機関銃が1924年に選定試験を通り抜け、MAC FM Mle1924(以下MAC24)という型番を与えられて1925年よりフランス軍で使用されることとなった。
 しかし、MAC24が制式採用された直後に7.5mm×58弾に問題*1が見つかり、1929年にケース長を短縮した改良版の7.5mm×54弾が開発された。これに伴ってMAC24も改良が施され、MAC FM Mle1924 M29としてMAC24に引き続いてフランス軍に使用されることとなった。

 作動方式はロングストロークピストンのガス圧利用式で、オープンボルトで撃発する。前のトリガーを引くことでセミオート、後ろのトリガーを引くことでフルオートを選択することが可能で、セイフティはトリガーの上方にある。
 給弾機構は後に開発されるブレンなどと同じく上部に存在し、マガジンはダブルカラムの25発入りのものが主に使用され、マガジン装填中はダストカバーを前方に倒しておくことが出来た。なお、エジェクションポートは右側に存在する。
 アイアンサイトはタンジェント式で、フロントサイトがバレルに、リアサイトがマガジンハウジングの後ろにそれぞれ左側へオフセットされる形で装着されている。ストックやグリップ、ハンドガードは木製で、ストックには金属製のショルダーレストが装備されており、また、バイポッドもフロントサイトのすぐ後ろあたりに固定されている。

登場作品ジャンル使用者備考
キャット・シット・ワン項目参照
コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン項目参照
史上最大の作戦項目参照
ジャッカルの日項目参照
デイズ・オブ・グローリー項目参照
ドニエプル攻防決戦1941項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • …普通だな!暇だったので作りました。とりあえず今のところ主な情報源はモダンファイアアームズのみです ttp://world.guns.ru/machine/fr/mac-m1924-e.htm -- 36? 2015-08-01 (土) 20:12:10
  • セミオート用のトリガーってグリップから結構、離れてるように見えるけど指は届くの? -- 2015-10-17 (土) 13:56:01
  • 射撃動画見た限りだと普通に届いてたよ -- 2015-10-17 (土) 14:04:35
お名前:


*1 ドイツのMG08などに使用する7.92mm×57弾と寸法が似通っており、取り違える可能性があった為である。当時のフランス軍ではごく一部の部隊でMG08/15が使用されていた

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:26 (1510d)