ルベル M1886 / Lebel Modèle 1886 【小銃】

ルベル M1886
モデル全長重量口径装弾数製造国
M18861300mm4.28kg8mm×50R Lebel8フランス
M1886/93/R35−mm3.54kg8mm×50R Lebel3

 M1886([仏]Fusil Modèle 1886 or Mle1886)は、1887〜1940年までフランス軍と外人部隊が採用していたボルトアクションライフルである。無煙火薬*1のカートリッジを用いる世界初の軍用ライフルとしても知られる。通称“ルベルライフル”
 これまでフランス軍の小銃は、大口径(11mmクラス)、黒色火薬カートリッジ、鉛が剥き出しの弾丸を使用するものであった。19世紀後半に無煙火薬とメタルジャケット弾が登場すると、フランス政府主導により新型銃の開発がスタートする。“ルベルライフル”の愛称は、新型小銃用の弾薬を設計したニコラス・ルベル中佐の名前から取られている。ちなみに、ルベルが担当したのは弾薬のみで、銃自体の開発には携わっていない。製造は、MAC(シャテルロー造兵廠)、MAS(サン=テティエンヌ造兵廠)、MAT(チュール造兵廠)の3つの造兵廠で行われた。

 M1886はチューブラーマガジンを採用しており、配列上、弾頭の先端が前方に並んだ弾のプライマーをつつく格好となっている。このため、暴発を防ぐ措置として、無煙火薬カートリッジの「8mmルベル」は、弾頭部のメタルジャケットの先端部を丸められている。銃にはセイフティは付いておらず、代わりにトリガープルが重めに設定されている。
 1893年には、薬莢破損による高圧ガス流出対策のため、ファイアリングピン、マズルバンド、ボルトヘッドに改良を加えたM1866/93が登場。1935年には、17.7インチバレルのカービンモデルであるM1886/93/R35が登場したが、短銃身化に伴い装弾数は3発と少なめである。7.5mm MAS弾を使用するM1886/27も開発されたが、試作段階にとどまった。スポーターモデルのルベル・アフリカン*2も発売していたが、既に狩猟用ライフルとしてドイツのマウザーやオーストリアのステアーが幅を利かせていたため、あまり成功しなかった。

 フランス軍がM1886を採用したことで、他国も小口径化・無煙火薬カートリッジの銃に切り替えるようになった。しかし、チューブラーマガジン*3の小銃は内蔵ボックスマガジンや装填クリップの発明により1890年代には時代遅れとなっていった。それでも、チューブラーマガジンに8発、薬室に1発、カートリッジリフター*4に1発と、最大10発まで弾薬を詰め込めるという強みがあったため、第二次世界大戦まで幾つかのM1886が使用され続けた。

 後に、先端が尖った弾丸で、クリップ給弾式のM1907/15が登場した。8mmルベル弾は薬莢のテーパーが強いため、銃本体の内蔵弾倉には3発しか入らない。そのため、後期型ではストック下部にスチール製の追加弾倉を設けることで装弾数を5発まで増やしている。

登場作品ジャンル使用者備考
World War II OnlineゲームプレイヤーM1886
最前線物語映画フランス軍兵士M1886
バトルフィールド 1項目参照
パピヨン映画パピヨンM1886
ルイ・ドガ
マチュレット
警備員
ハムナプトラシリーズ項目参照
フライボーイズ映画フランス軍兵士M1886
炎628項目参照
幼女戦記アニメフランソワ共和国軍兵士M1886
レジョネア 戦場の狼たち項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • これをセミオートマチックに改造したmle1917とかいうライフルがあるらしい -- 2015-01-04 (日) 11:25:13
  • 時々ある誤記ですが、「内臓」ではなく「内蔵」ですね。
    にくづきは不要です。 -- 2018-05-05 (土) 20:51:21
お名前:


*1 無煙火薬自体は、1884年にフランス人のポール・ヴィエイユが開発した。
*2 ショートバレル、ボルトハンドルが下向き。
*3 マガジンへの給弾は時間がかかり、内部のスプリングが固すぎてボルト操作が難しい。
*4 チューブラーマガジンから薬室へ、弾薬を運ぶ部品。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-22 (土) 11:26:15 (425d)