シグザウエル シグプロ / SIG Sauer Sigpro 【自動拳銃】

シグザウエル SP2340
モデル全長重量口径装弾数製造国
SP2009188mm760g9mm×1910/15+1スイス/ドイツ
SP2340188mm790g.40 S&W
.357 SIG
10/12+1
SP2022188mm760g9mm×1910/15+1ドイツ
790g.40 S&W
.357 SIG
10/12+1

 スイスのシグ社が、当時傘下にあったドイツのザウエル&ゾーンと共に、グロックに始まるポリマーフレームピストル市場に向けて1998年に開発した、シグザウエル・ブランド初のポリマーフレーム銃。
 最初に発表されたSP2340はアメリカ市場向けモデルで、バレルを交換することで.357SIG弾と.40S&W弾のいずれも使用できるところから、「2340」と名付けられた。ヨーロッパ市場向けモデルは「SP2009(小型版はSPC2009と呼ばれる)」とされ、もちろん9mmPara仕様である。
 独自規格ながらアンダーマウントレールを有し、工具なしでグリップを換装することも可能など独自の特色をもつが、P220系のAFPBデコッキングレバーといった基本的な安全機構もきっちりと継承されている。
 同社のP226でネックだった価格の高さを克服することと、ポリマーフレームを使っているということで『P226の替わりに』という安易な選定をされないため、そして新機軸を押し出すため、それまでとは別物扱いのSPシリーズとしてカテゴリーされている。
 一見するとフルサイズのモデルのようにも見えるが、エルゴノミックデザイン(人間工学)をより意識して設計されており、実際にはP228のようなコンパクトモデルに近い存在である。
 
 2004年には、基本的な外見やシステムはそのままに、より汎用性の高いピカティニーレールを装備した「SP2022」が登場した。しかし、これ以降「SIGPRO」の名は使われなくなり、SP2340とSP2009の名もカタログから消え、SPシリーズはSP2022に一本化された。

 SP2022は、登場とほぼ同時にフランス国家警察と内務省の国家憲兵隊、税関への制式採用がアナウンスされ、2007年の時点ではローディングインジケーター*1が追加されたモデルの配備が進んでいる。しかしフランス法執行機関の隊員たちからは信頼性について疑問の声もあり、替わりに往年のMR73グロック 26などを携行する隊員も少なくないという。
 

登場作品ジャンル使用者備考
96時間項目参照
LOST項目参照
NOIR項目参照
インファナル・シティ -女捜査官サンドラ-映画サンドラ・ロンゴ
ボルドー税関制服職員
おそらくSP2022(税関の官給品)
インジケーターなし
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション項目参照
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ映画ポール・ネルトーSP2022
前半で使用
カウボーイビバップ項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
キノの旅項目参照
グランド・イリュージョン映画フラー捜査官SP2022
アパート捜索時に所持
ゴー・ファースト -潜入捜査官-映画マレク・ベルガジ捜査官SP2022
BRIの官給品
訓練ではタクティカルライト装着
ジャン・ドーモデルは同上
アパートでの銃撃戦で使用
BRI捜査官モデルは同上
アパートでの使用者もあり
リュシアン・マルティネスモデルは同上
ンジャイモデルは同上
ゴルゴタ小説真田聖人SP2022
自衛官時代の装備
シルバー事件ゲームナカテガワ モリチカ-
スパイ エンジェル項目参照
ゼロイン項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ダ・ヴィンチ・コード項目参照
バイオハザード3項目参照
武装中学生項目参照
ボーン・アイデンティティー項目参照
マルセイユ・ヴァイス映画カルロス・ゴメスSP2340か2009
ミッション:インポッシブル項目参照
ヨルムンガンド項目参照
ワイルダネス項目参照
ワイルドスピード項目参照

このページの画像はシグザウエル社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 詐欺も糞も試験した結果不採用になっただけでは? -- 三流陸曹? 2014-12-31 (水) 16:25:29
  • いや、単なる不採用でない例は多いぞ まだ試験途中で、しかも理由不明の計画凍結ってのはよくあるんだわ -- 2015-01-01 (木) 21:22:31
  • なかなか興味深いですが主旨がずれてしまいましたね。フランスのでの信頼性への疑問のソース分かる方はおられますか? -- 三流陸曹? 2015-01-02 (金) 09:00:04
  • いや聞いたのお前じゃねえか… ってのはさておきフランスの件だが、USPとグロック持ったジャンダルムリの写真はこの2、3年で何枚か見たな 信頼性が原因かは兎も角、シグプロ以外を装備することは結構あるらしい -- 2015-01-02 (金) 10:33:25
  • ポリマーフレームピストルとしては重くて高いってのをどっかで見た気がするけど信用性への疑問に繋がるとも思えないしほんとなんでなんだろ? -- 2015-07-03 (金) 15:33:34
  • 信頼性については知らんがグロックの方が使いやすかったからそっち使ってるだけじゃないんかね・・・登場してすぐ導入されたってほぼ間違いなく現場じゃなくて上層部の裁量で決まった導入だろうし。 -- 2015-07-03 (金) 16:45:41
  • いつの間にかアメリカ陸軍の戦車兵?等に向け5000丁も購入されていた模様。P95だけじゃ足りなかったのか・・・? -- 2015-09-24 (木) 23:04:07
  • ちなみにモデルはSP2022。U.S. Army Tank-automotive and Armaments Commandと英語版wikiに書かれていた。もし誤訳だったら申し訳ない。 -- 2015-09-24 (木) 23:06:28
  • TACOMは米陸軍の機材(彼ら曰く「ゆりかご」から「墓」まで)の開発・調達・物流・保守をやってる組織。多分、戦線近くまで出張る時の護身用拳銃としての調達かと。 -- 2015-09-25 (金) 01:08:39
  • ↑あぁなるほどそれか。申し訳ないそしてありがとう。シグさん良かったな、大きなセールスポイントが見つかって。 -- 2015-09-25 (金) 09:19:40
お名前:


*1 薬室内の弾丸装填の有無を識別するもの。エキストラクター(排莢用のツメ)がこれを兼ねる場合が多い

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-28 (土) 00:28:21 (478d)