68式自動歩銃 / 68식 자동보총 【突撃銃】

韓国警察博物館に所蔵されている68-1式自動歩銃
 
モデル全長(伸縮時)重量連射速度口径装弾数発射形式製造国
68式自動歩銃880mm3.6kg640発/分7.62mm×3910/20/30+1S/F北朝鮮
68-1式自動歩銃不明不明

 朝鮮戦争休戦後の1950年代後半、北朝鮮は朝鮮人民軍の旧式化したモシンナガン49式機関短銃などの第2次世界大戦以前の銃を更新するため、慈江道前川郡に65号工場を建設してソ連のAK47 III型のノックダウン生産を開始、1960年代には完全な国産化を実現する。中国の命名方式を模倣したのか、58式自動歩銃*1と名付けられたその小銃は、東南アジアや中東、中南米へ輸出もされ、ベトナム戦争においてはベトナム人民軍や南ベトナム解放民族戦線によって使用された*2

 それから10年後に、58式自動歩銃の後継として北朝鮮がソ連のAKMをコピーした小銃が68式自動歩銃である。58式自動歩銃とAK47には刻印以外の差異が特に見られなかったのに対して、68式自動歩銃とAKMには細部に様々な相違点がある。
 レシーバーはAKMと同じようにプレス加工に改められ、軽量化と生産効率の向上がなされているが、発射速度を安定させるためのレートリデューサーは装備されなかった。そのためロシア製AKMの連射速度が600発/分なのに対して、68式自動歩銃は640発/分となっている*3。セレクターの形状、木製のグリップ、スリングスイベルの位置、膨らみの無いハンドガード、リアサイトの距離表示が800mまでしかないなどの点も58式自動歩銃から変わっておらず、他国製のAKMと比べるとAK47の要素を色濃く残しているといえる。ロシア製AKMのハンドガード、グリップ(初期生産型やAKMSの場合)、ストックは合板によって作られているが、68式自動歩銃は単材によって作られている。他にもAKMの特徴である、銃口の跳ね上がりを抑えるコンペンセイターの役割を果たす竹槍型のマズルや、レシーバーカバーの補強リブが68式自動歩銃には無いなどといわれることがあるが、実際にはそれらの点はある物と無い物がどちらも確認できる。またスリングスイベルの位置も他国製AKMと同じ位置に存在する物が一定数見られる*4ので、ある程度の個体差があるようだ。
 マガジンも58式自動歩銃と変わらない金属製の物を使用するが、一般的な30連マガジン以外にハンガリーのAMD65中国北方工業公司(ノリンコ)56-C式自動歩槍用のような20連ショートマガジンもよく見ることができる。
 どのような仕組みで発射するのかは不明ながらライフルグレネードも使用できるようで、そのための空包用と思われる10連ショートマガジンも用意されている模様。
 ちなみに北朝鮮製の7.62mm×39口径30連マガジンは、AK47 III型用と同じ形状で背面リブに星マークが付いている物が主に確認されている。他にも過去に韓国で発生した武装共匪(共産ゲリラ)浸透事件においては、AK47 II型、あるいは56式自動歩槍用の、背面にリブが無く側面下部のリブの数が2本しかないマガジンも回収されており、北朝鮮では複数のタイプのマガジンが製造されていた(いる?)可能性もある。
 AKMSに相当する、折り畳み式ストックを備えた68-1式自動歩銃も存在する。ストックの形状はこれもAKMSというよりAKS47の物に似ている。そして特徴的なのは、上の画像を見れば分かる通り、軽量化と材料削減のためと思われる大小10個もの穴が開いていることである。

 朝鮮人民軍では、1980年代後半に北朝鮮版AK74である88式自動歩銃が開発されると前線部隊から徐々に置き換えられ、現在でも使用しているのは教導師団などの後方部隊のみとのこと。人民軍以外では人民保安省(警察)、民兵組織である労農赤衛隊や赤い青年近衛隊にて58式自動歩銃と共に使用されている。
 68/68-1式自動歩銃も58式自動歩銃と同じように、中東のイラン、イラクや中南米のキューバ、ニカラグア、エルサルバドル、ペルー、その他アフリカの諸国へ輸出されている*5。それまで重い削り出しレシーバーのAK47や56式自動歩槍しかなかったような場所では歓迎され、評判も上々だったとか。イラン・イスラム共和国軍などの正規軍に限らず、エルサルバドルではファラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)というゲリラ組織*6、レバノンではヒズボラ、ペルーでは国家警察が使用している*7。どのような経緯によるものか不明ながら、マルタ軍が使用していることも確認されている。
 シリア内戦においても、シリア・アラブ軍(政府軍)側と、対するシリア自由軍側の両陣営で使用されている。政府軍を支援するイランの軍事組織、イスラム革命防衛隊ではTDi-ARMS社製LHV47レイルシステムが換装されているのも確認でき、輸出元の朝鮮人民軍以上に近代化されているという皮肉な様相を呈している。
 日本においては北朝鮮に対するイメージからか、58/68式自動歩銃はかなり粗悪で市場価格も安価といわれることが多い。しかしロイター通信社の2009年6月の報道によると、ソマリアではロシア製純正のAKが400ドルで取引されているのに対し、北朝鮮製のAKはさらに高品質で、600ドルという高値で取引されているらしく、北朝鮮製だからといって一概に評価を決めつけることはできないようだ*8

 セレクターの連射/単射の表記は、本国の朝鮮人民軍その他に配備されている物に関してはチョソングル(ハングル)となっている。58式自動歩銃においては「련(連/リョン)*9」/「단(単/タン)」と「려ㄴ」/「다ㄴ」の2種類の表記が存在したが*10、68式自動歩銃では朝鮮語の表記法的に正しい「련」/「단」に統一されたものと思われる。
 中南米やアフリカ向け輸出仕様のセレクター表記は、連射が「∞(無限大マーク)」、単射がローマ数字の「機廚函▲魯鵐リー製AKシリーズの「∞」/「1」と似たものとなっている。中東へ輸出されたもののセレクター表記は、中南米やアフリカ向けとは異なり、連射が「S」、単射が「R」となっている。これが何語なのかは調査中である。
 リアサイトの戦闘距離表記(ロシア製AKだと「П」と書かれている部分)は、本国に配備されている物はチョソングルの「고」となっており、朝鮮語の「고사(高射/コサ)」の頭文字と予想される。
 輸出用68式自動歩銃のリアサイトの戦闘距離表記には、まずアラビア文字の「ت(ター)」に似たようなものがある*11。これはエジプト製AKのリアサイトの戦闘距離表記と同じ文字であり、アラビア語のどのような言葉から来ているのかは不明だが、中東の輸出相手国に合わせたのだろう。中東以外の地域への輸出用には、戦闘距離300mをそのまま表した「3」という表記が使われている。

登場作品ジャンル使用者備考
TRIDENTS トライデンツ漫画画報会組員
コンビニDMZ項目参照

このページの画像は경찰박물관から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • えっ?精鋭だけじゃなく全体的に74系に更新済みなのか -- 2015-01-29 (木) 23:35:55
  • そりゃあ、弾が横転するほど粗悪な銃を使っている部隊でさえ、74系を装備していますから、民兵程度でしょうね。 -- 2015-01-30 (金) 18:48:08
  • ベトナム戦争で使われた58式が展示されてるのは戦争証跡博物館ではなく、統一会堂らしいので訂正。大統領府に -- 2015-02-18 (水) 02:26:59
  • 一一番乗りした部隊のが持っていたのが北朝鮮製だったらしいです。 -- 2015-02-18 (水) 02:27:56
  • ヒズボラでも使用されているのが複数の画像で確認できたので、一応書いとく -- 2015-07-12 (日) 17:00:13
  • これに限らず、所謂チョソン製AKって、日本のカタギでない人達も輸入してるんでしょうか? コンビニDMZの作者は海竿にて、そのような形で作品に登場させていますが -- 2016-03-23 (水) 13:40:41
  • 昔、神奈川で赤軍系のアジトをガサったら56式に混じって押収されたみたいな噂を聞いた事はある。信憑性は低いが。 -- 2016-03-23 (水) 14:33:42
  • こんなものが日本に入ってきてるのか…怖いな… -- 2016-09-03 (土) 19:58:42
お名前:


*1 北朝鮮の科学百科事典出版社が2010年に発行した『조선말사전(朝鮮語辞典)』第2版の“歩銃”の項目では、「≪歩兵銃≫の略語」と解説されている
*2 ホーチミン市にある統一会堂にも展示されている
*3 出典:Marine Corps Intelligence Activity(1997), NORTH KOREA COUNTRY HAND BOOK, Quantico, p.A-77
*4 このページの画像の68-1式自動歩銃も、他国製AKMと同じくハンドガードリテイナーにフロントスリングスイベルがある
*5 さすがに輸出用の68-1式自動歩銃のストックには、耐久性を優先したのか穴は開いていない模様
*6 現在は合法政党
*7 余談だが、ペルーでは海兵隊が韓国のK2を採用しているため、一国で朝鮮半島南北の小銃を採用していることになる
*8 ちなみに1960年代までは北の方が南より工業力は上と目されていた
*9 ある書籍では「렌(レン)」となっているが、これは間違いである
*10 詳しくは「USSR AK バリエーション」の当該項目を参照
*11 Iannamico, Frank(2013), AK-47 The Grim Reaper(2nd ed), Henderson, Chipotle Publishing LLC, p.499ではこれをハングルとしているが、ハングル及びチョソングルには該当する表記が存在しない

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-04-20 (木) 23:47:05 (405d)