FFV M2 “カールグスタフ”【無反動砲】

84mm無反動砲
モデル全長重量口径装弾数製造国
M21130mm14.2kg84mm1スウェーデン
M31130mm8.0kg
M4950mm6.6kg

 スウェーデンの国営兵器開発局KAFTで1948年に開発され、同じく国営の兵器製造局FFV(Förenade Fabriks Verken)のカールグスタフ兵器工場*1で製造されたGranatgevgevär m/48を祖とする無反動砲。1964年にその改良型M2として登場した。後にカールグスタフ兵器工場がボフォース社傘下となり、更にボフォース社がサーブ社傘下となった2015年現在ではサーブ・ボフォース社において製造されている。

 この種の無反動砲は、主な目標である装甲車両の進化について行けず、今では多くが第一線から退いているが、M2は各種の改良により生き残った。特に大きかったのはロケットアシスト式の新型HEAT弾・FFV551の開発で、これによってM2は新世代の装甲車両にも対抗可能となった。
 射手と装填手の2名で運用される本砲は、歩兵携行火器としては大型の部類に入り、当時の主力戦車を500Mの距離から撃破できる威力を持っていた。本体は使い捨てではなく、弾薬を再装填して繰り返し使用可能だ*2。主力弾であるHEAT弾(FFV551)以外にもHEやHEDP、照明弾、煙幕弾など様々な用途に使用可能。2015年現在の最新の弾頭の有効射程は1000m超に達しており、世界各国の携行型兵器の中でもトップクラスの有効射程を誇る。
  西側諸国の小隊用対戦車火器としてカナダやベルギー、オランダ、イギリス、日本*3、アメリカ(M3)など20ヶ国の制式火器として第一線で使用されている。
 なおM2はスチール製で、1991年に登場した改良型のM3は砲身以外のスチール製部品をアルミ合金やカーボン繊維強化素材に変更して軽量化が施されたモデル。 M4では更にチューブ形状を刷新し、ライフリング部分にはスチールではなくチタンを使用、更に小型かつ軽量な設計となった。

登場作品ジャンル使用者備考
CANAAN項目参照
FESTA!! -HYPER GIRLS POP-ゲーム久遠寺 凛
the EDGE項目参照
アフリカン・ゲーム・カートリッジズ項目参照
ヴィジュアル・バンディッツ特撮陸上自衛隊員
宇宙戦争項目参照
エロイカより愛をこめて項目参照
エンゼルコップ項目参照
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
ガメラ3 邪神覚醒項目参照
機動警察パトレイバー項目参照
空母いぶき漫画陸上自衛隊員
クレヨンしんちゃん項目参照
くろがねカチューシャ漫画風小路嵐子第5話,壁のハンガーに保管
発砲無し
クロムクロ項目参照
ゴーストリコン2項目参照
コール オブ デューティ: アドバンスド・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照
ゴジラ項目参照
コヨーテ ラグタイム ショー項目参照
ゴルゴ13項目参照
最終兵器彼女アニメテツOVA2巻
ザ・サード項目参照
ザ・ワールド・イズ・マイン項目参照
シティーハンター項目参照
シャーマンキング漫画ラーキ
セラフィム 2億6661万3336の翼漫画幇の兵隊運搬しているだけ
戦国自衛隊項目参照
ターミネーター項目参照
ダイナマイト刑事(PS2版)項目参照
トーキョー・ウォーズ
(レイド・オン・トーキョー)
漫画佐藤 大輔
特別交通機動隊スーパーパトロール漫画水上嵐パジェロに搭載
オイルとまきびしを発射
怒黒連合
ネオ・ウルトラQ特撮自衛隊員
バトルゴリラ項目参照
バトルフィールド2 モダン・コンバット項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
はむこ参る!漫画宗 征次「危なくないよう改良してある」らしいが詳細は不明
バレットガールズ項目参照
フーリダム・ファイターズゲーム主人公
ソ連軍将校
フルメタル・パニック!項目参照
ポケットモンスター シリーズアニメムサシ
コジロウ
ニャース
捕獲用ネット弾頭など
時々実弾使用
魔界塔士SaGa項目参照
マジカノアニメ魔宮 あゆみ
魔法少女沙枝ゲーム楠 沙枝魔法の力で出す
メタルギアソリッド ピースウォーカー項目参照
世にも奇妙な物語TVドラマ森内『通いの軍隊』
ラストスタンド項目参照
リセット漫画
りぜるまいんアニメ
ルパン三世項目参照

このページの画像は陸上自衛隊から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 自衛隊ではその重さから誰に押し付けてやろうかみたいなのがあるそうですが クリスカイルの自伝では逆に俺が撃つんだとSEALs内で喧嘩になったりしたそうですね() -- 2016-01-29 (金) 18:54:07
  • そりゃまぁ体力差もあるけど氏の活動期間から言ってモデルはM3だろう。自衛隊でも変なプレッシャー無しに好き勝手撃てるんなら人気が出るかも知れんが・・・ -- 2016-01-29 (金) 19:02:10
  • 訓練中進んで無反動を買って出る勇者もいたな。 -- 三流陸曹? 2016-01-30 (土) 08:42:31
  • 自衛隊内部でM3の調達を少数のまま打ち切ってM4の納入に切り替えようとする話もあるっちゃあるみたいですね M3の方が安いし最新の設備とかまで導入しなくてもいいから先走ってM3調 達してたんだみたいな推測もあるみたいですが -- 2016-01-30 (土) 13:36:32
  • 先走ったというか多分その辺は実際に使ってみてから決めたかったんだろうね。M4はチタン使うから価格は高くなってる筈だし、M3で十分ならそれに越したことはないと考えてるんじゃなかろうか。 -- 2016-01-30 (土) 14:13:22
  • 少数調達して様子を見る、常套手段だよね -- 2016-01-30 (土) 15:33:45
  • M3は50門しか配備されてないそうですが どこに配備れてるんです? 空挺と各種精鋭レンジャーにちょっとずつ? -- 2016-01-31 (日) 11:49:43
  • M4になってから、軽量化のためにチタンとカーボン素材の多用したみたいですけど、M3と比べて一体どれくらい本体のコストが上がったんでしょうか…? -- 2017-06-24 (土) 18:33:31
  • コストが上がること自体はメーカが明言してる。ただしどれぐらい上がったのかは完全に不明。米陸軍が2018年から調達予定なので予定通りにいけばそこで明らかになる。 -- 2017-06-24 (土) 18:57:16
  • なるほど、情報感謝します -- 2017-06-24 (土) 19:30:27
お名前:


*1 本兵器の名称もこの工場が由来である。
*2 砲身寿命は1000発。
*3 自衛隊ではM2を「84mm無反動砲」、M3を「多目的ガン」(H24)あるいは「84mm無反動砲(B)」(H25)の名前で採用している。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-06 (月) 16:53:23 (19d)