QCW-05【短機関銃】

nolink,qcw5
モデル全長重量口径装弾数発射形式発射速度生産国
QCW-05 / QCQ-05500mm2.2kg5.8mm×2150S/F400発/分中国
JS 9mm / CS/LS2450mm2.0kg9mm×1920/30

 中国人民解放軍(PLA)がそれまで使用していた79式微声冲鋒槍(消音短機関銃)や85式微声冲鋒槍を代替する目的で開発された短機関銃。2005年にPLAの次世代短機関銃として発表された。

 開発は中国南方工業集団公司が所有する建設工業(集団)公司(Jianshe Industries (Group) Corporation)及び人民解放陸軍第208研究所が行った。ブルパップスタイルを採用し、ポリマー素材を多用した外観は突撃銃のQBZ-95に通ずるもので、作動方式はオープンボルト式のシンプル・ブローバックとされた。

 「05式微声冲鋒槍」という別名もあるがサプレッサーは内蔵式ではなく脱着可能となっている。もう一つのバリエーション「QCQ-05 (05式軽型冲鋒槍)」はサプレッサーが付属せず、弾薬にQCW-05用の5.8mm DCV05サブソニック弾に加えてQSZ-92-5.8用の5.8mm DAP92弾を使用できるようにしたものである。

 QCW-05/QCQ-05発表の1年後、2006年のミリポルでは警察機関・輸出向けの「JS 9mm(CS/LS2)」を出展した。その名の通り使用弾薬はポピュラーな9mmx19弾に改められている。QCW-05ではリアサイトを兼ねた固定キャリングハンドルがあるのに対し、このモデルでは上面をピカティニーレールとして光学照準器の装着を可能にしている。サプレッサーもQCW-05同様に使用できる。なお開発にNORINCOは関わっていないが、JS 9mm(CS/LS2)の輸出には同社も関与している。

 PLAでは本銃の5.8mm×21仕様を特殊作戦部隊や偵察部隊は勿論のこと、通常は歩兵として戦闘を行わない車両搭乗員にもPDWとして配備している。また、警察機関では9mm×19仕様が採用されているが、ブルパップゆえに左撃ちが不可能な事、サプレッサー装着時には銃声による威圧効果が損なわれる事、ボルトホールドオープン機能が無い事*1からあまり評価が優れないようで、開発元の建設工業ではコンベンショナルかつボルトホールドオープンを採用した新型のCS/LS7が開発され、中国軍や警察へ配備され始めている。


このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • セミフル切り替え出来てファイアレートが400rpmって低すぎませんか?
    一〇〇式機関短銃の前期型より低いんですが… -- 2016-11-25 (金) 11:08:01
  • 低いと何の問題が?ダメージ計算がしたいんならゲームの掲示板でやってくれ。 -- 2016-11-25 (金) 11:52:34
  • Wikipediaだと900rpmとなってるがどちらかが正しいのかね(もしくはどちらも正しいのか)。 -- 2016-11-25 (金) 12:31:21
  • 中文wikiだと軍用の05が900rpm、公安用派生のCS/LS2が400rpmになってますね。公安には回転遅くしてコントローラブルなのが求められたなかな? -- 2016-11-25 (金) 16:49:48
お名前:


*1 旧来の短機関銃にも共通する欠点ではある。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-23 (火) 10:46:21 (16d)