ナガン M1895 / Nagant M1895 【回転式拳銃】

M1895.jpg
全長重量口径装弾数製造国
230mm795g7.62mm×38R7ベルギー
ロシア帝国/ソ連邦

 ナガンM1895は、1890年代初期に兄エミール・ナジン(Emile Nagant)と弟レオン・ナジン(Leon Nagant) によってベルギーのナジン社で開発された、ダブルアクションタイプの回転式拳銃である。装弾数は珍しい7発で、専用の7.62mmナガン弾が用いられた。ちなみに『ナガン』とはロシア語の発音であり、『ナジン』とはベルギーの公用語のひとつであるフランス語の発音である。

 ナジンのリボルバーはスウェーデンやポーランドなど多くの国で使用されたが、最も熱心な顧客はロシアであった。「M1895」という名前は、ロシア政府の採用年に由来するが、実際に本銃が初めてベルギーから輸出されたのは、3年後の1898年である。1900年からはロシアのトゥーラ造兵廠で製造された。

 本銃の特徴として、ガスシール機能があげられる。ハンマーコックすると、シリンダーが回転するとともに前進して、シリンダーギャップ(薬室とバレル後端との隙間)をふさぐ。また、使用する7.62mmナガン弾が特殊なもので、弾頭までカバーする非常に長い薬莢*1と薄いキャップを備えており、これが発砲時には外れて薬莢が押し広げられ、ギャップが完全にシールされる。これによってリボルバーの構造上の弱点であるシリンダーギャップからの燃焼ガス漏れが解消でき、弱装弾であっても十分に使用することができた。
 またこの特異な機構により、リボルバーとしては珍しくサイレンサーが使用可能であったとされている。 サイレンサーはブラミット・デバイス(Bramit device)と呼ばれ、後の赤軍やソ連軍将校、特殊部隊が使用したという。ダブルアクションオンリーの「レッド・アーミー・スペシャル」というバリエーションでは、サイレンサーは標準装備だったらしい。
 ハンマー露出式だが、ダブルアクションのみで使用とされており、ハンマーから長く伸びたファイアリングピンを折りたたむことで、安全に携行できたという。馬上での使用のため、ダブルアクションは重宝されたと言われる。

 本銃の装填・排莢は、右側のローディングゲートから1発づつ行なう必要があった。このためS&Wコルトのリボルバーにスイングアウト式のシリンダーが採用された1900年代初頭には、ナガンはすでに時代遅れの銃となっていた。しかし、社会主義体制下の旧ソ連では、トカレフが採用される1930年まで標準的な軍用拳銃とされ、1944年まで生産が続けられたと言われている。
 長く生産・使用が続けられた背景には、騎馬部隊(馬上)での使用に適していたことや、ガンポート(銃眼)から銃身を突き出して撃つことのできないトカレフを補完する意味もあったようだ。
 その後もスポーターモデルとして7.62mmと.22LRを使用するタイプが作られたとされるが詳細は不明である。

 1950年代から退役が進んで余剰となった本銃は、トカレフ、マカロフの次に日本への密輸が多かったと言われる。

 
登場作品ジャンル使用者備考
暗殺教室項目参照
ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦項目参照
靴ずれ戦線項目参照
ゴールデンカムイ項目参照
坂の上の雲TVドラマロシア軍将校
ジョジョの奇妙な冒険
Part6 ストーンオーシャン
漫画ゴッホの自画像スタンドの能力で実体化した時に使用
スターリングラード(2001年)項目参照
スリー・キングス項目参照
戦場のヴァルキュリアゲームマクシミリアン
太陽に灼かれて映画ドミトリ(ミーチャ)ロシアンルーレットに使用
コトフ大佐携帯のみ
超音速攻撃ヘリ エアーウルフTVドラマチャールズ・ヘンリー・モフェット
ディファイアンス項目参照
ドールズフロントライン項目参照
ドニエプル攻防決戦1941項目参照
二百三高地映画寺島大尉
ロシア軍将校
バトルフィールド 1項目参照
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
武装中学生項目参照
プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ項目参照
冬の帝王漫画同志コバ
ボリシェヴィキ
フロントライン 戦略特殊部隊項目参照
ホワイトアウト項目参照
メダル オブ オナー アライドアサルト リロード項目参照

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • パンプキンシザーズにて共和国の拳銃として登場 ただし6発仕様らしい -- 2015-03-02 (月) 05:53:32
  • 中折れに出来なかったのかなぁ。 -- 2015-07-21 (火) 11:37:43
  • ロシア軍に予算や需要があったのかはともかく、モシン・ナガンと違ってこっちはナガン兄弟のみで設計してて、兄のエミール氏はこの銃の設計後らへんから病気で視力を失ってしまって設計が出来なくなってしまったんだよね。 -- 2015-07-21 (火) 17:22:49
  • まぁSAAなんかも弾倉が開くタイプに比べて信頼性がある、なんて昔は言われてたぐらいだしこの方式も当時の考えでは全く劣っていたという訳じゃないんじゃないかな。信頼性重視はロシア軍の方針とも合致するだろうし。 -- 2015-07-21 (火) 17:26:28
  • 部品数多くすると生産性落ちるしコスト高くなるからね。ガスシール機構の方は、精度低くても銃身とシリンダーの隙間埋める事が出来るとかの利点があったのかな。 -- 2015-07-21 (火) 18:09:04
  • ロシアの気候を考えると中折れ式はあまり向いてないかと。その分、部品数と可動部分が増えるからで、夏はいいけど冬はマイナス20〜40℃にもなる。凍結して動かなくなって排莢不能に。なんてなったら目も当てられないからね。 -- 2015-07-21 (火) 18:55:53
  • 戦場のヴァルキュリアはマクシミリアンが使用。 -- セガゲームス? 2015-09-15 (火) 18:22:41
  • サプレッサー付けれるリボルバーって後にも先にもこれだけなんかなぁ -- 2017-04-23 (日) 19:19:00
  • 色々あるよ。ガスシールを付けたり、弾自体に消音効果を持たせたものもある。今では結構な数あるから、独立したページで作ってみるかな。 -- 2017-04-23 (日) 20:36:40
  • パンプギンシザースの装甲列車編にて犇ο孫餃瓩猟喫鶲に扮したとある
    人物によってよく似た銃が使用されてますが
    その際 の装弾数が7発ではなく6発という事になっています -- 2018-01-18 (木) 01:55:08
お名前:


*1 38mmと薬莢長が拳銃弾にしては非常に長いのはこのため。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-28 (火) 22:13:32 (144d)