ミネベア 9mm機関けん銃

ミネベア 9mm機関けん銃 試作モデル
全長重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
399mm2.8kg9mm×19251100発/分S/F日本

 陸上自衛隊の空挺部隊向けとして開発され、1999年に採用された護身用機関拳銃。略称は「M9(エムナイン)」。なお、「拳」は常用漢字ではないため「けん」とひらがな表記される(ただし最近の陸自のHPでは『拳』の表記になっている)。
 9mm×19弾を使用し、制式拳銃である9mmけん銃と弾薬の共有が考慮されている。ちなみに上載写真は試作品の物で、実際に配備されているものに木材は使用されていない。また開発側は沈黙しているが、短機関銃ウージーを参考にしたらしく外見も構造も酷似している。

 第一空挺団などの精鋭部隊も含む複数の部隊が、時代遅れともいえる設計の本銃を使用する*1理由は定かでない。特にこの手の小型フルオート火器には付き物のストックが無い点に関しては諸説あり、自衛隊PKO派遣に対する非難への妥協案として、政府が派遣部隊の装備は機関銃数挺と護身用拳銃のみに制限したため、貧弱な装備を問題視した防衛庁が制約をかいくぐるため、一般定義的には短機関銃とみなされる本銃を「ストックが無いから機関『拳銃』」であると主張し、護身用拳銃としてPKO派遣部隊に持たせたという説がある。しかし2001年の東ティモールPKO派遣や2003年のイラク復興支援の際、自衛官らが本銃を装備していたという証言や情報が無かったことから、これも有力な説とは言い難いようである。
 他にも「9mm拳銃の調達終了後も関係官僚がミネベアへの関係を維持させる為に作っただけ」「あくまで司令官・幹部向けのもの」など様々な説があるが、どの説についても今のところ確かな根拠となるような情報は無い。

 性能については「小銃よりも軽く、取り回しは良いが連射速度が高いからコントロールに難がある」「オープンボルト式のため安全装置が甘く、暴発しやすい」「地面に落として暴発したら弾が尽きるまで弾を吐き出しながらのた打ち回る危険な代物」との証言が存在する*2フォアグリップと大型のフラッシュハイダーのおかげで命中率及び集弾率は高い、という意見もある。ただし需要が極めて限定的なうえ、ボディをプレス加工ではなくアルミ合金材から削り出し加工で製作しているために、値段は1挺44万6千円*3とこのレベルの自動火器としては非常に高価*4なのは確か。

 現在は、海上自衛隊の護衛艦の立入検査隊や航空自衛隊の基地防衛教導隊などで、9mmけん銃に替わる装備として配備されている*5。陸上自衛隊では、空中機動旅団である第12旅団、海兵隊的な存在の西部方面普通科連隊などで中隊長が装備している。一方、海自の特別警備隊では、すでに高性能機関けん銃に切り替えている。

登場作品ジャンル使用者備考
GANTZ--項目参照
Seven Years Of War項目参照
アウトトリガーゲームリナ・ミヤギ
アウトブレイク・カンパニーアニメ古賀沼 美埜里第4話では、アタッシェケースから取り出す
あそびにいくヨ!項目参照
エイブル項目参照
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。アニメくじ引きの景品(夏祭りの縁日)
第8話
荒野に獣慟哭す漫画ゾンビストの隊員
薬師丸法山
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア3項目参照
ゴジラ項目参照
サイレン2項目参照
戦国自衛隊項目参照
デビル17項目参照
図書館戦争項目参照
ビッグオーダーアニメ兵士第1話
ローリン・ライト第7話
二挺撃ち
フードファイタータベル漫画八乙女 かもめ第22話で、たべるから渡される
司会第33話
武装中学生項目参照
ブラック・ブレット--項目参照
モンスター娘のいる日常漫画ゾンビーナ二挺撃ち
第22話
アニメ二挺撃ち
第11話
ヤングガン・カルナバル項目参照
レインボーシックス シージ項目参照

このページの画像は陸上自衛隊から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 日本の警察だから日本のSMGを持たせようとしたんじゃない? -- 2016-11-20 (日) 00:08:41
  • 設定に関しては徹頭徹尾変な所しかないゲームなので今回の武器設定自体はまだ他よりかなりマシに思える(オペレーター自体はともかく) -- 2016-11-20 (日) 00:25:08
  • GIGNがファマス持ってるぐらいですからね。
    お国柄を表現したかったのでしょう。 -- 2016-11-20 (日) 00:54:06
  • 日本刀や手裏剣じゃないだけまだマシか… -- 2016-11-20 (日) 12:19:39
  • 映画[図書館戦争]では図書隊の主力火器なってましたね。装弾数25発にしては結構な時間フルオート射撃してましたしマズルジャンプも感じられませんでしたが。 -- ECHO? 2016-11-28 (月) 17:10:13
  • そこはまあ映画だから・・・ -- 2016-11-28 (月) 18:26:44
  • ↑2 作中で撃ってたのは特別に訓練を受けた精鋭部隊という設定でしたし、「フルオートのまま倒しまくる」という描写ではなく、火縄銃でも撃ってんのかというレベルで「掃射→リロード」を繰り返し、あまつさえ「ろくにマンターゲットには当たらない」という演出だったので、それほど映画補正ってレベルでもなかったように思いますが -- 2017-01-22 (日) 01:22:13
  • 図書館戦争は図書隊と良化隊の間での交戦規定として「殺害を目的とした戦闘行為」が禁止され、なおかつ使用弾薬は弱装弾という設定があったはず。
    それなら反動が小さいのも納得だし、殺害目的の射撃が禁じ手なら図書隊としては、とにかく射撃を継続し威圧効果や負傷者を積み上げさせる事によって前進阻止ってのがドクトリンなのでは? -- 2017-01-22 (日) 05:57:23
  • わざわざ刻印を白くしてるのか…… -- 2017-04-15 (土) 23:32:38
  • それが何か?刻印の着色なんか銃じゃ何も珍しくないが・・・ -- 2017-04-16 (日) 00:59:16
お名前:


*1 第一空挺団は、89式小銃の折り畳みストックモデルを既に持っている。
*2 ただしこれらは程度の差はあれ、いずれも他のオープンボルト短機関銃でも見られる不具合である
*3 陸上自衛隊公式サイト「平成24年行政事業レビューシート」より。
*4 原因は製造元のミネベアがプレス加工用機械を導入しようとしなかったためといわれている。本銃が最初「空挺部隊用」として開発されたため、空挺部隊以外の受注が見込まれず限定的な生産であるため、機械を導入するメリットが無かったため、と言える。
*5 「9mmけん銃の後継」とする表現も散見されるが、現在の全9mmけん銃を本銃に更新するというハナシではないので、誤解を招く表現だろう。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-19 (水) 23:53:36 (67d)