死の標的 / Marked for Death

1990年、アメリカ映画
監督:ドワイト・H・リトル

 アメリカ麻薬取締局(DEA)捜査官のジョン・ハッチャー(スティーブン・セガール)は、あるおとり捜査中に目の前で相棒が殺されてしまい、その責任を感じDEAを退職してしまう。

 仕事を辞め、久し振りに故郷に帰ってきたが、その故郷の地すらも麻薬で汚染されているのであった…。

使用者銃器名備考
ジョン・ハッチャーフェデラル・オーディナンス PSP-07メインで使用
コンペンセイター
3ホールトリガー
調節式リアサイト
パックマイヤー社製グリップ仕様
レミントン M700スクリューフェイスの隠れ家で使用
スコープ装着
サプレッサー装着
H&K HK51K(G3カスタム)試射のみ
G3の銃身を切り詰め、
MP5Kフォアグリップを装着したカスタムモデル
ストックレス
サプレッサー装着
レーザーサイト装着
RDI ストライカー12スクリューフェイスの隠れ家で所持
レーザーサイト装着
発砲無し
マックスレミントン M870カーチェイス時に使用
サコー M60スクリューフェイスの隠れ家で使用
USSR AKM終盤、敵のものを使用
M92との二挺持ち
ベレッタ M92終盤に使用
フェデラル・オーディナンス PSP-07終盤、ハッチャーに渡された後M92との二挺持ち
チャールズH&K HK51K(G3カスタム)スクリューフェイスの隠れ家で使用
コルト M79スクリューフェイスの隠れ家で所持
発砲無し
チコ
(ハッチャーの相棒)
S&W M5906序盤で登場
スクリューフェイスの手下グロック 172nd Gen.
所々で登場
M1911A1宝石店で使用
USSR AKM所々で使用
コルト CAR-15ハッチャーの妹の家に向け車から発砲
ウィンチェスター M1300ディフェンダーカーチェイスシーンで登場
クロームステンレスモデル
ギャングS&W M27序盤で登場
発砲無し
AKM/AKMSバーでの銃撃戦で使用
スターリング Mk2
M1911A1ハッチャーの部屋に飾ってある
マウザー C96
コルト SAA
フリントロックピストル
パームピストル


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 家の机の上でパームピストル?を直してるシーンで壁に何丁か銃が見えましたが分かる方いませんかね? -- 2011-12-30 (金) 01:23:56
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-09 (金) 18:36:22 (104d)