H&K HK4 【自動拳銃】

HK4の初期型。無可動実銃
全長銃身長重量口径装弾数製造国
157mm85mm480g.22 LR
.25 ACP
.32 ACP
.380 ACP
8+1
8+1
7+1
7+1
ドイツ
 
HK4の後期型

 HK4は、ドイツのヘッケラー&コッホ社が1967年に開発した同社初の自動拳銃である。1968年から1984年まで製造された。
 モデル名の由来は、銃身、リコイルスプリング、マガジンを交換することで4種類の口径にコンバート可能であることから。基本設計は、マウザー社のHScを参考にしている。

 作動はシンプルブローバックで、トリガーはコンベンショナル・ダブルアクション。スライドはプレススチール製で、フレームはアルミ合金製となっている。
 スライド左側後部にマニュアルセイフティが備えられているが、HSc同様にデコッキング機能は兼ねておらず、ファイアリングピンをハンマーが接触しない位置に移動させると共に、ピンが前進しないようロックする仕組みとなっている。また自動の安全装置として、マガジン未装填時にトリガーをロックするマガジンセイフティと、ディスコネクターセイフティが組み込まれていた。
 マガジンリリースレバーはグリップ底部に備えられ、ハンマーはハンマースパーだけが覗くスナッグプルーフデザイン。エキストラクターは、チャンバーインジケーターとしても機能する。スライドストップ機能はあるが、手動のリリースレバーは無く、マガジンを再装填するか、(薬室に未装填時に)トリガーを引くことでホールドオープンを解除する。トリガーガード内側には、ベースとなったHSc同様にテイクダウン用のラッチを有する。
 
 初期型と後期型で、スライドのコッキングセレーション及びトリガーの形状が異なる。

 ドイツの各法執行機関では、.32ACPモデルを「P11」の名称で採用していた。

登場作品ジャンル使用者備考
ゴーストリコン アイランドサンダー項目参照
超音速攻撃ヘリ エアーウルフTVドラマハイジャック犯シーズン2・第9話
ミッション:インポッシブル項目参照

このページの画像はD&B Militaria*1及びウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/自動拳銃/HK HK4?

お名前:


*1 無可動実銃を販売しているイギリスの会社。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-27 (土) 10:31:39 (1383d)