UTAS UTS-15 【散弾銃】

UTAS UTS-15
全長銃身長重量口径装弾数(3inシェル時)製造国
720mm470mm2.8kg12ゲージ7+7(6+6)+1トルコ

 UTS-15は、トルコの銃器メーカーUTASマキナが開発したブルパップポンプアクション散弾銃である。2011年のIDEX*1で初披露された。
 元はアメリカのスミス アンド ウェッソン社による依頼からスタートしたプロジェクトだったが、S&Wが中途で撤退してしまい、UTASマキナ社が独自に開発を進めたものである。ちなみに同社はS&W向けに散弾銃を生産・OEM供給しているメーカーで、サベージ・スティーブンス社やキンバー社向けにも質の高い散弾銃を製造・供給している。

 ベースとなっているのは、特異な設計で知られる南アフリカ製散弾銃ネオステッド2000である。UTASマキナ社は、ネオステッドの開発者からサンプルとパテントを取得し、アメリカの銃器専門家テッド・ハットフィールドの指揮の下、ブルパップ構成とマガジンの方式はそのままに大幅な再設計を行った。

 本銃の特徴は、ネオステッド2000から継承した、銃身上に並列配置された2本のチューブラーマガジンである。各マガジンはそれぞれ左右にダストカバー付きの給弾孔を有し、2 3/4インチシェルなら7発、3インチなら6発をそれぞれ装填できる。またマガジン上部には、マガジンフォロワーを操作するレバーが突き出しており、これがシェルの押し出し以外にも残弾のインジケーターとしても機能するようになっている。
 射撃のさいは、マガジン後部のレバーを左右にスイッチして、いずれか一方のマガジンから給弾・装填することもできるが、レバーを中央にセットすると、左右交互にシェルが送弾され、切替操作無しに最大15発を連続して発射することができる。この点、オリジナルのネオステッドを始め、KSGSRM 1216といった他社製マルチチューブマガジン式散弾銃には無いものだが、装填機構の複雑化と装弾数規制による販路の制限&その対応といった課題を引き換えにしている。
 本銃のレシーバーはCFRP(炭素繊維強化樹脂)で構成されており、2.8kgという本体の軽量化につながっている。ピストルグリップと左サイドのマニュアルセイフティAR15/M16系のものが流用された。マガジン上部にはピカティニーレールが備えられており、アイアンサイトや各種光学照準器が装着可能。レシーバーのカバーは上方に展開でき、作動不良を起こした際に迅速かつ容易に対応できる他、ここからマガジンや薬室へのシェルの装填も可能だ。

 UTS-15は、方々で多々不具合が指摘されており、評価の低下につながっている。具体的には、マガジンフォロワーのレバーのスロットがゴミの混入につながっていること、マガジンスプリングの動きが渋いこと、マガジン切り替えスイッチが破損しやすいこと、ダブルフィードや排莢不良等マルファンクションの多発、スプリングが錆びやすい、ストックからグリップまでの距離が短すぎる等。しかし適宜改良は行われており、現在は第三世代型が開発されている。

 UTS-15のバリエーションには、サンドカラーの"DESERT"、金属部品に防錆メッキを施した、青色ドットマトリクス迷彩の"MARINE"、装弾数を増やすための延長プラグ(3発のものと5発のものがある)が付属する、狩猟用森林迷彩の"HUNTING"、オリーブドラブ一色の"OD GREEN"、ピンク迷彩柄の"MUDDY GIRL"、緑色斑模様の"ZOMBIE GREEN"(限定品)、装弾数10発規制を敷く一部州法に対応した*2コンプライアントなタクティカルモデルの"7+7 BLACK"と"UTS-9*3"等がある。

登場作品ジャンル使用者備考
PSYCHO-PASS サイコパス 2項目参照
ウォーキング・デッド項目参照
グランド・セフト・オートV項目参照
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照
ジュラシック・ワールド--項目参照
デッドプール項目参照
トリアージX項目参照
バトルフィールド 4項目参照
ワイルドスピード SKY MISSION項目参照

このページの画像はUTAS Makineから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • まぁピンクカラーがこの銃特有って事も別に無いんだけど・・・(世の中にはハ○ーキティー迷彩のAK47なんて代物すらあるし) 特に拳銃なんかは女性ユーザも多いからピンクだのパープルだののフレームは沢山売ってるよ。 -- 2015-05-06 (水) 01:18:40
  • こう言う実銃をトイガンっぽく塗装したりするから本当のトイガン持って遊んでる子供が警官に問答無用で撃たれたりしちゃうんだよなあ -- 2015-05-06 (水) 07:25:46
  • ハローキ〇ィーと言えばAR-15なんかもあったな、Hello Kitty AR-15っつー名前で、しかもAK47用の奴より明らかに塗装の具合に手を凝っている奴 -- 2015-05-06 (水) 12:18:37
  • こんなサイバーパンクなデザインでシャレオツなカラーリングの銃が出回る当り日本人とは根本的に銃に対する考え方が違うんでしょうな -- 2015-05-06 (水) 13:31:57
  • シャレオツという言い方に年代を感じる。 -- 2015-05-06 (水) 14:03:46
  • まぁ花火大会ぐらいの気軽さでご近所揃ってマシンガン撃ちに行ったりするような国だからな・・・ -- 2015-05-06 (水) 15:27:40
  • 交互装填オミットして7発って言い張るってなかなか・・・ -- 2015-05-12 (火) 07:06:32
  • それで通るってことはKSGやSRM1216の方はどうなってるんだろうな?ちょっと気になる。 -- 2015-05-12 (火) 11:23:28
  • マガジンスプリングの動きが渋いってどういう感じのことなんですかね -- 2016-06-08 (水) 02:40:53
  • 日本語、機械用語そのままでいいなら、スプリングの反発レートが合ってない、強すぎる、という意味合いです。もう少し反発レートが弱いスプリングに替えたり、スプリングを何周か切断したりして対応します。なので、そのままの意味に取るならマガジン送りのスプリングがやたら硬くて給弾しにくいとか、薬室に送った時にガチャガチャ大きな音がする、という感じでしょうかね -- 2016-06-08 (水) 23:49:15
お名前:


*1 International Defence Exhibition & Conference:国際防衛展示会。
*2 左右交互給弾機能をオミットすることで、(マガジン一個あたりの)装弾数は7発と言い張れる。
*3 交互給弾はそのままに、マガジンの装弾数を4発ずつとした。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-15 (日) 11:14:24 (429d)