SRMアームズ 1216 / SRM Arms Model 1216【散弾銃】

SRM ARMS M1216
モデル全長重量装弾数口径発射形式製造国
1216825.5mm3.29kg1612ゲージSアメリカ
1212698.5mm3.06kg12
1208622.3mm2.83kg8

 SRM 1216はアメリカ、アイダホ州のSRMアームズで開発された12ゲージセミオートマチック散弾銃である。メディアへの初出は2008年のショットショー。設計に携わったのはウォーレン・ストックトン氏、あのキャリコのデザインに携わった設計者である。

 この銃最大の特徴は何と言ってもマガジンである。4本のチューブが束ねられており、それぞれにショットシェルを装填する。脱着式のため、予備のマガジンと交換することで一度にフル装填が可能である。装填の際はロワーレシーバーの前部とフロントブロック下のリリースレバーに引っ掛けることで銃身下部に取り付ける。射撃の際はチューブ内のシェルを撃ち切るたびに手動でマガジンを絞るように回転させ、次のチューブ内の弾丸をチャンバーに送り込ませる。この機構がコンパクトさを確保しながら16発という多弾装を実現し、異なる弾種の撃ち分けも可能とした。
 マガジンはどちらの方向にも回転するため、誤って空のコンパートメント側に回転させてしまうリスクがある。ただし、基本的にはコンパートメントが空になる度ボルトストップが機能して弾切れを明示するうえ、シェルが入ったコンパートメントをトップに回せば自動的にシェルが薬室に送り込まれてボルトストップが解除される仕組みであるため、リカバーは容易である。
 作動方式はローラーロッキングボルトによるディレードブローバック。散弾銃への採用は珍しいが、これはマガジンの設計によるところが大きい。ガス圧を利用するとなると、稼動する部品を往復させるためのガイドが必要になるわけだが、マガジンレイアウトの関係上、これまでの自動式散弾銃のように銃身近くにそれを備え付けることが出来なくなってしまった。結果として、構造的に脆いショットシェルにはあまり優しくないローラーロッキングを採用せざるをえなかったのである。
 操作系は少なからずアンビ化がなされている。ハンドル、エジェクションポートは迅速な交換は出来ないが、左右の入れ替えが可能である。セイフティレバーは右側面のみで入れ替えも出来ないが、レバーがトリガー付近に突き出す格好となっているため、左右どちらで保持してもトリガーフィンガーで操作することが出来る。
 AR系ライフルに似せたインターフェイス設計が採られ、アッパーレシーバーの展開方式、トリガーメカニズム等、AR系に慣れたユーザーに馴染み易いものとなっている。冷間鍛造の銃身はスタームルガーから供給されており、ストレートライフリングが採用されている。これは、ライフルドバレルでは遠心力が働き着弾パターンが極端に広がること、スムースボアのバレルでは、サボットスラッグを発砲した際に不安定になることを避けるための採用であるようだ。ピカティニーレールは上面、両側面の計三面に備えられている。

 市販銃器として認められる銃身長に達していない、NFAバージョンのショートモデルも用意され、装弾数8発・全長24 1/2"inの1208、装弾数12発・全長27 1/2"inの1212が存在する。

 2018年には、通常と異なる全長ゆえ多くのセミオートショットガンでは動作しないアギーラ社のミニシェルに標準対応した「M1228」が登場。その名の通り、各チューブ7発の計28発を装填可能となっている。その他の点では、機関部と排莢口がミニシェルに合わせたより小型の寸法となっている。

登場作品ジャンル使用者備考
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
ザ・ファイナルズ項目参照

このページの画像はSRM ARMSから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • (BOの銃が何時までたっても埋まらないので密かに埋めていこう 好きなのはMW3だけど) -- 追加した人? 2014-05-26 (月) 01:28:12
  • 当然重量は装弾無しでの重量なんで、弾を込めれば更に増えますね。弾種によって大分変わりますけど、大体1オンス詰めが多いですから16連で500gぐらい増える計算ですかね。 -- 2014-05-26 (月) 07:58:04
  • その計算でも4kg切るのか。ただ画像見てみると装填にクセがありそう。使い勝手はどうなんだろう -- 2014-05-26 (月) 09:06:32
  • まぁ記事内でも述べられてますけど、いかんせんローラーロッキングは散弾実包とは相性が悪く、頻繁にとは言わないまでもそこそこジャムるようです。また、そもそも撃ち分けが出来るといっても箱型マガジンと違ってどのチューブにどの弾が詰まっているか現場で確認するのは難しいですし、回転させた時点で1発装填されてしまうので元々詰まっていた弾を一度排出しなければ実質的な切り替えは出来ませんから、そういった面でもやや不便です。 -- 2014-05-26 (月) 09:32:53
  • このためSRM側ではマガジンごと携行/切り替えしやすく、より小型の8/12連タイプの方を主に売り込んでいるようですが、やはりジャムの可能性もあってかそこまでは評価されていないようですね・・・とはいえ、アンビ・セミオート・アメリカ国産の三点セットは期待度は高く、注目度は依然として高いですね。 -- 2014-05-26 (月) 09:37:24
  • 情報サンクス。12連買うならKSGやUTS-15に流れそうだけど……。まあ出たのがごく最近だからまだわかんないね -- 2014-05-26 (月) 20:12:20
  • ジャムの問題を解決すれば優秀だと思う…熟練を有するとかつきそうだけど -- 2014-05-28 (水) 18:41:22
  • マガジン回す方向なんて普通変えないと思う… -- 2014-08-03 (日) 19:30:26
  • 構えを左右スイッチした場合に、やってしまうかもね。 -- 2014-08-03 (日) 19:50:59
  • ↑ アメリカ行った時に射撃場でやっちまったよ…ドヤ顔で撃ってたら「カチ」だぜ?…恥ずかしかった -- &new{2014-11-23 (日) 21:21:51}
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-01-28 (日) 09:35:26 (122d)