チョーク / Choke

 散弾銃の銃身に仕込まれる「絞り」のこと。
 ショットガンは散弾を主に使う特性から、銃身を絞り込むことでパターン(散布界)と射程を調整することが出来る。
 絞り込みがきつければ、パターンは狭まり射程が伸びる。逆に緩いとパターンが広がり射程は短くなる。

 かつてのチョークは固定だったが、現在では交換式や可変式となり用途に合わせてチョークを調整できる。 

一般的なチョーク

 以下規定されたチョークを表でまとめる。なお元の口径は12ゲージ(0.730インチ)である。

名称口径[インチ]元口径との差[インチ]
フルチョーク(全絞り)0.7000.030
インプ・モデチョーク(3/4絞り)0.7050.025
モデチョーク(半絞り)0.7100.020
インプ・シリンダー(1/4絞り)0.7200.010
シリンダー(平筒)0.730絞りなし

その他のチョーク

名称説明
スキートチョークスキート競技用チョーク。形状はメーカーで様々。
ダックビルハイダー正確に言えばマズルパーツであるが、横が開いた形状によってパターンを横に広げる。
ベトナム戦争時にアメリカ軍のショットガンに装着されていた。
ライフルドチョークライフリングが刻まれたチョーク。サボテッドスラッグ弾に回転を与えるために使われる。

コメントはありません。 Comments/チョーク?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-17 (金) 00:57:45 (8d)