マウザー Gew98 / Mauser Gewehr 98 【小銃】

マウザー Gew98
モデル全長重量口径装弾数製造国
Gew981250mm4.09kg7.92mm×57 Mauser5ドイツ帝国
Gew98/181250mm不明7.92mm×57 Mauser5/10/25(着脱式弾倉)
Kar98A1090mm3.5kg7.92mm×57 Mauser5

 Gew98(Gewehr 98。G98やM98とも呼ぶ)は、1898年から1935年までドイツ軍の制式銃だったボルトアクションライフルである。Gewehr(ゲヴェア)とは、ドイツ語で“小銃”を意味する。マウザー社のポール・マウザーが1895年にGew98のボルトアクション機構を設計し、1898年から製造が始まった。
 Gew98は、それ以前のドイツ軍の制式銃だったGew88を更新するかたちで1898年に採用され、1901年から支給が始まった。カービンモデルのKar98AZとともに、主に第一次世界大戦で使用された。敗戦後、ドイツ帝国はワイマール共和制へ移り、ベルサイユ条約による制限の回避を目的としてGew98に改造を施した、Kar98Bがワイマール共和国軍に採用される。1935年には制式銃の座をKar98Kに譲るが、いくつかのGew98は改造が施されその後も使用され続けた。ちなみに、ワイマール共和制時代には「鷲の国章」、ナチス・ドイツ時代には「ハーケンクロイツ」、ナチス親衛隊が使用した銃には「SS」や「トーテンコップ」、といった刻印がレシーバー上に印されている。

 Gew98は“コントロールド・フィード(controlled-feed)”と呼ばれるボルトアクション機構を持つ。エキストラクター*1の巨大な鉤爪は、ボルト操作によって回転することが無く、弾倉からせり上がってくる薬莢のリムをしっかりと掴み、エジェクターにより排莢されるまで、カートリッジを完全に保持する。これにより、ボルト操作中に銃本体が動かされたり、カートリッジが発射済みか否かに関わらず、装填と排出が確実に行われる仕組みである。
 また、以前のマウザー製ボルトアクションライフルには見られない特徴として、セイフティラグとボルトスリーブ・ロックがある。セイフティラグは、従来の2つのロッキング・ラグの後部に設けられた3つめのラグで、ボルトのバランスを保つ一方で、メインラグが機能しない場合のバックアップを兼ねる。ボルトスリーブ・ロックとは、ボルトハンドルを上げる操作によりカムを介して撃針のコッキングを行うと共に、コッキングピースを後部からせり出してコッキングインジケーターとして機能するもので、ロックタイム*2を短縮する利点を兼ね備える。
 さらに、ボルト前部にはガスシールドを備え、薬莢破損によって噴出した高圧ガスをボルト底部に設けたガス抜け穴へ逃し、射手にガスを浴びせてしまう事を防ぐ。レシーバーリングの直径は堅牢・安全性を考慮し、大き目に設計されている。ボルト後部にはセイフティレバー*3を備える。 

 Gew98のボルトアクション機構は、ボルトを引く距離が長いので素早い操作ができないという難点はあるものの、その完成度の高さから、以降のボルトアクションライフルの手本とされている。

 給弾方式はクリップか手動で1発ずつ弾倉に押し込むやり方があるが、薬室に直接装填してしまうとエキストラクターの鉤爪が薬莢リムを噛まないので注意が必要。弾倉底部のフロアプレートは取り外しが可能で、非常時はここから排莢する。
 ストックはオイルフィニッシュで、バットストック側面にはディスアッセンブリ用の金属製ディスクがはめ込まれている*4。ストックの材質は、戦前はクルミ材を使用していたが、後に材木不足からブナ材に変更された(ブナ材は、クルミ材に比べて耐久性が低く、重い)。
 4.5cmの着剣装置は、強固なH型バレルバンドで固定されているので、銃剣装着時にマズルリングを用いる必要が無い*5。初期の銃剣の刃長は500mm(19.7in)だったが、1905年にはより実践的な370mm(14.6in)に変更され、特徴的な刃の形状から連合国の兵士たちは“ブッチャーブレード(肉切り包丁)”と呼んだ。第一次世界大戦で塹壕戦を経験すると、刃長は250mm(10in)まで短くなり、ワイマール共和制時代とナチス・ドイツ時代の標準装備にもなっている。
 通称"Lange Visier"と呼ばれるリアサイトは、傾斜型のタンジェントサイト(ブレードはV字型の切り目)で、100m単位で2000mの距離まで対応している。

各種バリエーション

モデル特徴
狙撃銃モデル1915年、製造工場のテストで精度の高いGew98が選別され、2.5倍率や3倍率のスコープを装着した狙撃銃仕様に改造された。
水平だったボルトハンドルは折り下げた形状になり、ストックにはボルトハンドルを収めるための溝が設けられた。*6
スコープは、ゲルツ製、ジェラール製、カールツァイス製、ヘンゾルト製、フォクトレンダー製など。
18,421挺のGew98が狙撃銃仕様に改造され、第一次世界大戦で狙撃兵に支給された。
Kar981899〜1908年に製造された、Gew98の銃身を短くしたカービンモデル。
しかし、評価は良くなかった。
Kar98AZ
Kar98A
1908年に登場したKar98AZは、Kar98の改良型。
レシーバーリングの直径が小さい。銃身のテーパーが強い。ボルトハンドルが下向き。
"A"は銃剣付き、"Z"は叉銃用のアタッチメントが付いていることを意味する。
1923年には、Kar98BやKar98Kと区別するため、名称をKar98Aに変更。第一次大戦後ポーランドなどでコピー生産された
Kar98B1923年に登場したワイマール共和制時代の制式銃。
ボルトハンドルが下向き。フラットタイプのタンジェントサイト。スリングスイベルの位置がバットストック側面。
名称はカラビナーとなっているが、全長はGew98と変わらない。
ベルサイユ条約下で装備が認められる歩兵銃は、カービンに限られたため、体裁だけを整えるための制式名であった
Kar98K1935年に登場した最終型。(項目参照)
 
登場作品ジャンル使用者備考
CROSS FIREゲーム神威 玲鳴Gew98
エングレーブ仕様
G・I・ジョウ映画ドイツ軍兵士Gew98
PETER JACKSON'S キング・コング
オフィシャル ゲーム オブ ザ ムービー
ゲームジャック・ドリスコル狙撃銃モデル
スコープ装着
アカギ漫画赤木しげるイメージ映像
アンザックスTVドラマドイツ軍兵士Gew98
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
恐竜の島映画ボウエン・タイラーGew98
フォン・ショーンフォルツ艦長
キングコング項目参照
グリザイアの迷宮項目参照
交通事故鑑定人環倫一郎漫画ロナルド=ジョンソンスコープ及び減音器装着
殺さざる者、生くべからず漫画シュン発砲できず
砂漠の鼠映画ドイツ軍兵士Gew98
サハラ戦車隊映画ドイツ軍兵士狙撃銃モデル
スコープ装着
進撃の巨人漫画ファルコ・グライスGew98
コルト・グライスGew98
途中で銃剣を装着したことも
テオ・マガト隊長Gew98
戦士隊Gew98
銃剣装着
中東連合軍兵士Gew98
スリング装着
ライナー・ブラウン
マルセル・ガリアーバ
ベルトルト・フーバー
Gew98
回想シーン
門兵
陸軍兵
Gew98
スリング装着
海軍兵Gew98
スリング装着
発砲なし
ガビ・ブラウンGew98
スリング装着
エレン・イエーガー
ミカサ・アッカーマン
Gew98
反マーレ義勇兵から支給された物
ピクシス司令の部下
反マーレ義勇兵
Gew98
スリング装着
発砲なし
スーパードクターK漫画ハンターGew98
麻酔弾を発射
スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ項目参照
スパイ・エースTVドラママッシーノ伯爵Gew98
スパイ・ゾルゲ映画リヒャルト・ゾルゲGew98
第一次世界大戦の回想から
西部戦線異状なし(1930年)映画ポール・バウマー
スタニスラウス・カチンスキー
ドイツ軍兵士
Gew98
ヒンメルストスGew98
銃剣装着
西部戦線異状なし(1979年)映画ドイツ軍兵士銃剣装着型もあり
蒼天の拳項目参照
朝鮮ガンマンTVドラマチェ・ウォンシン
銃使い
Gew98
布が巻かれている
デイズ・オブ・グローリー項目参照
電子戦隊デンジマン特撮ダストラー狙撃銃モデル
賭博堕天録カイジ漫画伊藤開司イメージ映像
ナイルの宝石映画アラブ先住民Gew98
ハウルの動く城映画兵士Gew98がモデルの架空銃
鋼の錬金術師項目参照
バトルフィールド 1項目参照
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
ビグルス/時空を超えた戦士映画ドイツ軍兵士Kar98A
ファイブ・デイズ・ウォー映画ドイツ軍兵士Gew98
銃剣装着
フライボーイズ映画ドイツ軍兵士Gew98
マイケル・コリンズ映画IRAの狙撃手Gew98
麦の穂をゆらす風映画IRA構成員Gew98
幼女戦記アニメ帝国軍兵士Gew98
銃剣装着
ヨーク軍曹映画ドイツ軍兵士Gew98
ライラの冒険 黄金の羅針盤映画Gew98
レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い映画ドイツ軍兵士Gew98
レジョネア 戦場の狼たち項目参照
ロング・エンゲージメント項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/小銃/マウザー Gew98?

お名前:


*1 薬室から薬莢をつかんで引っ張りだすための爪状の部品。
*2 トリガーを引いてから、撃発するまでの時間。
*3 ボルト後部のセイフティレバーの位置は、右(安全位置。ボルトは固定)、中心(安全位置。装填や排莢用としてボルトは動く)、左(安全解除)の3段階。
*4 ボルトから抜いたファイアリングピン・ユニットを押し込むことで分解できる。
*5 マズルリングを使うと、銃身に負荷がかかり命中精度が下がる。
*6 レシーバー上に直接スコープを載せると、ボルトハンドルとセイフティレバーの操作に支障が出るため。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-15 (木) 13:00:28 (66d)