ブッシュマスター M17S / Bushmaster M17S 【自動小銃】

ブッシュマスター M17S
モデル全長重量口径装弾数発射形式製造国
M17S760mm3.7kg5.56mm×4530Sアメリカ
M17S556667mm3.4kg
M17S308 (16インチバレル)667mm3.9kg7.62mm×51
M17S308 (20インチバレル)768mm3.9kg

 AR15クローンの製造で知られるアメリカのブッシュマスター社が、1992年から2005年まで製造していたブルパップセミオートライフル
 開発経緯は、1980年代に行われたオーストラリア陸軍の新型歩兵銃トライアルまで遡る。トライアルに参加した同国メーカーのアームテック社は、5.56mm×45弾を使用するC60Rと、ケースレス弾を使用するC30Rの2つの試作銃を開発する。しかし、急造したC30Rは、デモンストレーションにおいて装填動作中の暴発事故を起こしてしまう。結局、トライアルに勝利したのはオーストリア製のステアー AUGで、F88の名称で制式採用が決定された。
 1990年代にアームテック社は倒産し、C60Rの製造権は同国メーカーのエデンパイン社に売却される。エデンパイン社はC60Rを改良し、ART-30とSAK-30という試作銃を開発。これらの銃は、部品の幾つかをAR15系で代用していたが、M17Sではコスト削減のため、バルメ製の部品を使用している。アメリカ市場を視野に入れたエデンパイン社は、輸入制限を回避する目的で、現地の製造メーカーであるブッシュマスター社とのライセンス契約を結ぶ。1992年からエデンパイン・ブランドでの販売が始まったが、1994年にエデンパイン社が倒産。M17Sに関する全ての権利はブッシュマスター社に移り、以降はブッシュマスター・ブランドで法執行機関やホームディフェンス、或いはプリンキング用として販売が行われた。

 機関部から銃身までを覆うフォアエンド一体式のアッパーレシーバーはアルミ合金製。マガジンハウジングからグリップまでを構成するロワーレシーバーはポリマー製である。ちなみにM17Sのアッパーは、ベースのART-30にあったヒートシールドが省略されており、ラピッドファイアを行うと、マガジン1、2本程度の射撃で過熱してしまい、頬付けや添え手の保持が困難になるという問題があったようだ。このためサードパーティから、フォアエンド部全体に大量の放熱口を設けたカスタムレシーバーが販売されている。
 内部構造はオーストラリアのリーダーダイナミクス T2からの流用である。正確には、M17Sの前身となったART-30の特徴だが、さらに遡るなら、AR-18ショートストローク・ガスピストンとロータリーボルトがその源流である。
 また、レシーバー上部のキャリングハンドル後部がそのままチャージングハンドルになっているという、珍しい構造をしている。なお、このチャージングハンドルを始め、グリップ上部のプッシュボタン式セイフティなど、インターフェイスはアンビ仕様となっているが、排莢口は右側のみで左右のスイッチングは出来ない。キャリングハンドル上部には、ウィーバースタイルのマウントレールを搭載している。弾倉M16互換のものを使用。
 
 ブッシュマスター社による製造は2005年に終了したが、2014年よりアメリカのK&Mアームズ社が近代化を施したM17Sの製造販売を開始。5.56mm×45弾仕様であるM17S556の他に7.62mm×51弾仕様のM17S308もラインナップに加え、更に.300BLK弾や6.5mmグレンデル弾仕様の開発も進めている。

登場作品ジャンル使用者備考
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を映画チュウスコープ装着
デッド・オア・アライブ/監獄の街映画ジョー・レイサプレッサー装着
スコープ装着
香港国際警察/NEW POLICE STORY項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • imfdbにはフルオートもあるという記述があります -- 2012-07-08 (日) 12:11:55
  • 一昨年にK&M Armsがレール付きのモデル(5.56mm、.300BLK、6.5mmグレンデル、.308win)を販売している模様。 -- 2016-05-23 (月) 07:16:29
  • K&M Arms社のを本文に追加。いやはや、コンペ落ちの日の光を見ない銃だと思ってたけど作る所は作るんだね。どうも数少ない合衆国製のブルパップ銃という事で少しはウケている模様。というかコイツ、テイクダウンした時の様が異様だな。 -- 2016-05-23 (月) 17:22:25
  • あとK&M ArmsのM17S、M16A2のようにケースディフレクターを排莢口に追加して薬莢を右前方に飛ばす事で、排莢口が右側なままだけれど左撃ちが出来ない事もないようになってますね。実際に左撃ちしてる動画もありました。 -- 2016-05-23 (月) 17:28:08
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-03 (火) 08:15:36 (947d)