US M1“バズーカ” / US Rocket Launcher,M1 "Bazooka" 【対戦車ロケット発射器】

M1バズーカ
モデル全長重量口径装弾数製造国
M11370mm6.8kgM6(60mm)1アメリカ
M1A11370mm5.8kgM6A1(60mm)
M91550mm7.2kgM6A3(60mm)
M9A11550mm6.5kg

 第二次大戦のさなかに、アメリカ軍が制式採用したロケット式の対装甲火器
 RPzB43パンツァーシュレックM72などに代表される、ロケット射出式の携行型対装甲火器の開祖的存在である。

 基となったのは、第一次大戦期に「近代ロケットの父」として知られるロバート・ゴダードが試作した物であり、独ソ戦で戦車の有効性を認識したアメリカ軍が、戦車の対抗兵器を要望。USオードナンスが前述の試作品を改良し、1942年に実用化したものが「ロケットランチャーM1」、通称『バズーカ』である。
 なおバズーカとは、その形状が当時の舞台芸人ボブ・バーンズが使用していた楽器に似ていた事から付いた愛称である。その語感の良さから現在では英語圏でも筒状のランチャー類を指す俗語として定着している。

 対戦車兵器として当時の主流だった対戦車銃が既に進化の頭打ちだった事に対して、成形炸薬(HEAT)弾とロケット式による低反動のバズーカは威力、制御性共に優れながら手軽に戦闘へ投入できる対装甲火器として威力を発揮。太平洋戦線のサイパン島では、日本戦車部隊の突入に急遽陸揚げされたバズーカで迎え撃ち、そのまま返り討ちにした逸話を持つ。
 ヨーロッパ戦線でも、ドイツ軍が鹵獲したバズーカの発射器をもとに、改良拡大型ともいえるパンツァーシュレックを開発した事や、連合軍最高司令官だったアイゼンハワー元帥が、後年、第二次大戦で勝利に貢献した四大兵器の1つに挙げた事からも、その有効性が伺い知れる(他の3つはC-47、ジープ、そして原子爆弾)。

 そのバズーカも、大戦末期になると敵重戦車に対する威力不足が囁かれ始め、後継となる大口径版(後のM20『スーパーバズーカ』)が開発された。しかし配備前に第二次世界大戦は終了、戦後も予算削減の煽りを受けて配備は進められなかった。
 このため、朝鮮戦争においては第二次世界大戦時のバズーカとその余剰弾頭と共に参戦することなったのだが、この時既に大半の弾頭は劣化しており、T34戦車の後部エンジン部分に何度撃ち込んでも撃破出来ないといった報告がされる程であった。このため急遽スーパーバズーカが空輸されることとなった。 

各種バリエーション

モデル特徴
M1最初(1942年)に実戦投入されたモデル
M1A11942年末に投入されたモデル。電気点火装置が改良され、設計が簡素化・軽量化がなされた
M91943年に投入された改良モデル。光学サイトが装備され、弾薬も貫通力の向上したM6A3へ更新。発射器を2つに分けて運搬可能とした
M9A1点火方式を、バッテリー点火式から磁気点火式に変更
M18アルミ合金を使用し軽量化された
 
登場作品ジャンル使用者備考
ZINGY項目参照
ウインドトーカーズ項目参照
ガールズ&パンツァー項目参照
狂い咲きサンダーロード項目参照
コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン項目参照
コール オブ デューティ3項目参照
コール オブ デューティ: ユナイテッド オフェンシブ項目参照
コール オブ デューティ: ワールド アット ウォー項目参照
サガシリーズ項目参照
ザ・パシフィック項目参照
シティーハンター項目参照
スーパーマン項目参照
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?アニメ御聖院 杏/アプリコットFPS「ULTRA FORCE」内での使用武器
M1
グリップとショルダーレストが木製ではない
第5話
バトルフィールド1942項目参照
ハムナプトラシリーズ項目参照
速水螺旋人の馬車馬大作戦項目参照
プライベート・ソルジャー項目参照
プライベート・ライアン項目参照
ブラザー イン アームズ項目参照
放課後アサルト×ガールズ項目参照
放射能X映画アメリカ陸軍兵士
メダル オブ オナー項目参照
メタルサーガ項目参照
メタルマックス項目参照
ワンスアンドフォーエバー項目参照

このページの画像はWikimedia Commonsから転載しています。
転載に関しては、Creative Commons Attribution 2.0 に従って行ってください。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • さっそく反映して頂き、管理人さんに感謝「バズーカ」 -- 2013-10-07 (月) 22:57:22
  • 直したのは管理人さんじゃなく、ここを見に来てる別の有志だと思うよ。 -- 2013-10-07 (月) 23:22:56
  • 日本の創作では長らく筒状の肩に担いで発射する火器をバズーカと称してきた(今もか?)けど、実際は何と言うべきなのだろう。撃ちだすものが多岐に渡るから単純に発射機という意味で「ランチャー」とか? -- 2014-08-13 (水) 23:58:21
  • 84みたいな無反動もあるから一概に言えないけれど大体ランチャーでいいんじゃないかな -- 2014-08-14 (木) 05:02:22
  • 映画ダークナイトの護送シーンでRPG-7(ノリンココピー)をバズーカと呼ぶシーンがあったと記憶 案外こういう呼び方は日本だけじゃないんじゃないかとも思う -- 2014-11-23 (日) 22:00:59
  • ↑同様の例がキック・アスでも見受けられましたね -- 2014-11-23 (日) 23:22:32
  • タイムクライシスのは兵士が使用。 -- 2016-01-19 (火) 18:58:01
  • 大都会PART径1話でヤクザが使ってたな。 -- 2016-11-08 (火) 20:16:58
  • Day of Defeatはアメリカ兵が使用。 -- 2016-12-26 (月) 07:04:35
  • 「放射能X」で米兵が巨大化した蟻の巣に撃ち込む。キリキリキリという蟻の鳴き声(?)が何とも不気味だった。 -- 大納言? 2017-03-20 (月) 01:06:08
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-20 (月) 06:14:27 (98d)