H&K G11 【突撃銃】

H&K G11
全長重量口径装弾数発射速度発射形式製造国
750mm3.4kg4.7x33mm45/50*2F:460発/分
バースト:2000発/分
S/F/3ドイツ

 H&K社が1970年代から開発したブルパップ式の次世代突撃銃
 本銃の最大の特徴は、ダイナマイト・ノーベル社が開発した「ケースレス弾」を使用することである。従来の弾薬が「弾丸+発射薬+薬莢」で構成されているのに対し、ケースレス弾は圧縮した固形火薬が薬莢を兼ねており、「弾丸+発射薬」となっている。当時、戦車砲では発射後に薬莢が残らない、ケースレスもしくは可燃性薬莢の砲弾が実用化されつつあり、このアイデアを小銃弾に持ち込んだともいえる(戦車砲の場合、狭い車内に薬莢が散らばらないため、ケースレス弾のメリットは大きい)。

 これにより、同じ重量でも携行できる弾数が大幅に増加*1し、弾薬の形も自由に設計できることから、円筒状でない四角形の断面をもつ弾薬をも設計でき、弾薬の製造に真鍮を使用する必要が無い為、コストダウンも図る事も可能とされた。また、この弾薬は射撃時に薬莢をばらまく事がないという特性上、排出した薬莢による火傷や転倒を防ぎ、かつブルパップタイプでありながら射手の利き腕を選ばないというメリットも生み出している。さらに、排莢のプロセスと機構をそっくり省略できるため、毎分2千発という高速バースト射撃により、反動で銃身がぶれる前に弾が連射され、高い集弾性を発揮するなどの利点もあった。
 しかし小火器用のケースレス弾には難点も多く、弾薬外面は特殊な素材でコーティングされていたものの、薬莢式に比べれば保存時には湿気などに弱い、射撃時にもコックオフ*2の可能性が高いなど、解決すべき問題は多かった。
 また、ケースレス弾薬の問題のほかにG11自体のデザインの問題として「弾倉内に縦に並べられた弾薬を給弾時に横向きに回転させる」「フルオート時は毎分460発、バースト射撃時は毎分2000発に射撃サイクルを変化させる」といった極めて特殊な機構を実装するため、時計の内部機構のような非常な複雑な機関部となってしまい、信頼性や生産性には大きな改善が必要であった。
 こうした問題もあり開発は20年以上に及び、1990年代にようやくドイツ連邦軍で試験運用が始まった。しかし当時既に最大の仮想敵国であるソ連が崩壊し、先進的小火器の必要性が薄れたことから、ドイツ軍はNATO標準の5.56x45mm弾の採用を決定したためG11の開発計画も中止された。
 なお1980年代には米陸軍のACR計画にも参加しているが、米陸軍の高過ぎる目標設定のため、他の多くの参加企業と同様に不採用となっている。

 バリエーションとして、二連式散弾銃のように本体を中折りして300連の大容量弾倉を格納する軽機関銃モデル「LMG11」や、より小型の4.7x33mmケースレス弾を用いる拳銃サイズのPDWモデル「G11 PDW」なども開発されていた。

 様々な問題により、本銃自体は採用されなかったものの、長期に渡って研究された弾薬のデータはその後も様々な場所で活用されている。
 PDWモデルの構想は、弾薬の研究データと共に4.6x30mmの通常薬莢弾を用いる同社のMP7へと受け継がれ、現在では世界各国の特殊部隊で広く使用されている。また、ケースレス弾薬に関する特許は米軍の次世代ケースレス弾薬火器計画「LSAT」に権利が売却されており、現在も研究・開発が進められている。

登場作品ジャンル使用者備考
Chaser(CAULDRON社開発のFPS)ゲームジョン・チェイサー
DARKER THAN BLACK
-黒の契約者-
項目参照
DEEP FEAR項目参照
the EDGE項目参照
仮面ライダーSPIRITS漫画バダン兵士
ガン・ブラッド・デイズ項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
ゴルゴ13項目参照
新世紀エヴァンゲリオン項目参照
デビル17項目参照
デモリションマン項目参照
緋弾のアリア項目参照
ヒットマン ブラッドマネー項目参照
ペーパーマン項目参照
ミスタークリス項目参照
迷彩君項目参照
女神転生項目参照
メタルギアソリッド ピースウォーカー項目参照
メタルサーガ ニューフロンティア項目参照
メタルマックス 火炎水晶項目参照

動画


このページの画像はENDOの部屋から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ちゃんとコメントしておくべきでしたね。画像がREMTEK - ARMS(ttp://www.remtek.com/arms/hk/mil/g11/g11.htm)からの無断転載のようだったので差し替えました。 -- R93? 2007-01-28 (日) 23:21:36
  • テストとして Wikimedia Commons からの画像を編集の上、掲載しました。このファイルは Creative Commons Attribution ShareAlike 2.0 License日本語版)の元で配布されています。よって、クレジット(提供者名)の表示と、転載先での Creative Commons Attribution Share Alike 2.0 License の継承を行いました。 -- R93? 2007-01-29 (月) 04:49:50
  • 当時からXM8同様銃のモジュール化構想は存在したので、カービンモデルは無かったようですがLMGモデルはあったようです。笑えることに名前はLMG11(元のG11のGがドイツ語なのに)。検索すれば出て来ますがほぼG11をそのまま大型化したものと言えます。ケースレス弾を300発収納、マガジンは一次元ではなく二次元(ケース入りの雀牌のような感じ)に装填されるという極めて異質なイロモノでした。 -- 2012-10-22 (月) 21:11:52
  • ↑情報ありがとうございます。LMG11というのは初めて聞きました、画像を拝見しましたが構造も見た目も従来のものとは一線を脱していますね。いい意味でも悪い意味でも・・・・ -- zero? 2012-10-22 (月) 22:29:43
  • エヴァの旧劇場版に出てきましたね… -- 2012-10-31 (水) 21:29:59
  • 奇異な形状のせいで忘れがちですが、ブルパップなので全長はカービン並なんですよねこの銃・・・ -- 2012-10-31 (水) 21:34:16
  • 菊池秀行の「トレジャー・ハンター・シリーズ」の主人公・八頭大がシリーズ中盤まで -- 2015-08-31 (月) 17:56:18
  • 主装備として -- 2015-08-31 (月) 17:57:18
  • 電着式でないとしたら雷管はどこにあるんでしょう? -- 大納言? 2017-06-15 (木) 00:20:18
  • 普通に弾薬の末尾に埋め込まれています。 -- 2017-06-15 (木) 01:06:05
お名前:


*1 同じ重量であれば、5.56mmNATO弾用30連M16マガジン7本に対し、単純計算で26本の45連G11用マガジンを携行可能。携行弾数は5倍以上になる。
*2 持続射撃時に上昇した薬室内の温度により、意図せず撃発が起きる現象

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:10:32 (649d)