グロスフス MG42 【軽機関銃】

グロフスク MG42
モデル全長重量口径装弾数発射形式製造国
MG42
M53
1219mm11.5kg7.92mmx5750/250Fドイツ
旧ユーゴスラビア
MG1
MG2
MG3
1219mm11.5kg7.62mmx51250Fドイツ

 第二次大戦中の1942年に、MG34の後継としてドイツ軍に制式採用された軽機関銃
 先代のMG34も優れた軽機関銃だったが、削り出しのボディは、構造が複雑ゆえに高価かつ生産効率が悪かった。整備性も低く戦場での信頼性にも難があった。そこでドイツのグロスフス社が、MG34やその派生型をベースに、プレス加工を多用して構造の単純化と生産効率の向上を図ったものがMG42である*1
 まず実戦テストとしてアフリカ戦線に投入されたMG42は、砂塵舞う砂漠でも上々の稼働率を示し兵士の好評を得た。その後、主製造元をマウザー社(ラインメタル社説あり)に移したMG42は正式にMG34の後継として採用され、1945年の敗戦までに約42万挺が生産され各地の戦線に投入された。
 他国の軽機関銃と比べても毎分1200発の発射速度はずば抜けており、まともに食らった兵士がまっぷたつに引き裂かれたこともあったという。その威力と独特の発射音から、連合軍兵士は『ヒトラーの電気ノコギリ』の異名でMG42を恐れた。その発射音も凄まじく、射撃手はよく難聴になったという。
 またMG34同様、専用のドラムマガジンを装着することで、一人で移動・射撃可能な攻撃型マシンガンとして使用することも可能である。現代の分隊支援火器やコンバットマシンガンのはしりとも言える運用法で、この点でも時代を大きく先行していた(なお、戦後型MG3でもドラムマガジンは使用可能)。

 連合軍に鹵獲されたMG42は、その後の軽機関銃・汎用機関銃開発に大きな影響を与えた。一方、ラインメタル社によって7.62mmNATO弾仕様へと改められたモデルが、当時の西ドイツ軍の制式装備に加えられ、戦後も使われ続けることとなった。
 バレルの交換の際に耐熱グローブが必要であったり、マズルブラストが激しいなど、さすがに今の目で見ると物足りない面もなくはないが(対空用としては期待できないため、発射速度を実用的な800発程度に落しているものも多い)、元の完成度の高さから今現在も、歩兵用、車載用として、ドイツ連邦他、各国の第一線で使用され続けている。

 余談だが、フィクションの世界でよく横向きに薬莢が飛ぶが、本来は下から出る。

モデル説明
MG42原型モデル。7.92mmx57口径
MG1(MG42/59)戦後初期型。7.62mmx51(NATO規格)口径
MG2戦時型MG42を7.62mmx51口径に改造したもの
MG3戦後の主力モデル。初期の名称はMG1A3
対空照準器装備, コッキングハンドル大型化
ドイツ型・アメリカ型弾薬リンクいずれも使用可


登場作品ジャンル使用者備考
NHKにようこそ!アニメNHK職員?佐藤の夢の中で使用(第1話)
Wolfenstein Enemy TerritoryゲームSoldier(Axis,Allies共通)
X-MEN項目参照
アイシールド21漫画蛭魔 妖一
荒巻義雄 艦隊シリーズ項目参照
エイリアン項目参照
エイリアン VS プレデター
(アーケード版)
ゲーム宇宙海兵隊員
ダッチ シェイファー
プレデター ウォリアー
プレデター ハンター
リン クロサワ
アイテムとして登場
スマートガン
エンパイアーズゲームMG42部隊
終わりのクロニクル小説Sfスカートの中に分解収納してある
学園キノ項目参照
ガンスリンガー ガール?項目参照
キノの旅項目参照
強襲ミドガルト蛇漫画海浜猟兵(シュビムイエーガー)部隊『SF/フェチ・スナッチャー』2巻収録
ケルベロス 地獄の番犬項目参照
コール オブ デューティー?項目参照
真・女神転生 NINE項目参照
人狼 JIN-ROH項目参照
スターリングラード映画ドイツ軍兵士三脚架
ストライクウィッチーズ項目参照
東京爆発娘漫画晶 満里子第1話
ネギま!?アニメ龍宮真名9話
バトルフィールド?項目参照
ハヤテのごとく!項目参照
プライベート ライアン?項目参照
ブラック ラグーン?項目参照
ヘルシング項目参照
ヘルボーイ項目参照
魔弾小説ジム リーツ
迷彩君項目参照
メダル オブ オナー項目参照
ライズオブネイション 〜民族の興亡〜ゲームドイツ兵
ランダウン映画ハッチャーの手下FAV搭載型
ワイルド7項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。

外部リンク

MG-42 ムービー1
MG-42 ムービー2


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • >>実銃では真下に排莢される。横に飛ぶのはベルトリンクである。 NATO規格に合わせられたMG3ならともかくMG42で横に"飛ぶ"ってのも不適切だよな -- 2015-11-23 (月) 18:15:59
  • PKMやMAGに比べるとそこまで見かけないね アルマジロってドキュメンタリー映画でデンマーク軍が使ってたけど -- 2016-02-01 (月) 11:58:50
  • ちなみにMG3ね -- 2016-02-01 (月) 12:00:10
  • MG3ってドイツとかではまだ使われてるんですかね…MG4になってそう -- 2016-04-02 (土) 18:23:53
  • MG5は問題があってまだ普及しとらんからな ドイツ連邦軍のGPMGとしてはまだ現役だよ -- 2016-04-02 (土) 19:40:57
  • 今はKWSとして近代改修されているらしい。そのうちアイアンマンシステムみたいなのも取り入れたりして。 -- 2017-05-13 (土) 15:04:29
  • なんというプロテクトギア -- 2017-05-13 (土) 15:41:52
  • 残念ながらラインメタルが提唱したものの導入は全然されとらんよ。最近の特殊部隊の演習映像でも普通のMG3。まぁHK相手に因縁つけて軍事費下げないといけないような状況だからなぁ・・・ -- 2017-05-13 (土) 17:41:49
  • 木ストも良いけどやっぱ黒い方がかっこいいな -- 2017-06-18 (日) 14:59:16
  • M2ほどじゃねえけど、こいつも「古いけど優秀」な銃だよなあ……
    しかし発射レート4桁って(むしろ問題とはいえ)すげえよな、他にパッと思いつくのがアバカン計画組のバーストぐらいしかないw -- 2018-06-01 (金) 18:06:09
お名前:

*1 ただし、構造は大きく異なり、MG34がロータリーロックボルトによるショートリコイルであるのに対し、本銃はローラーロックボルトによるショートリコイルである。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS